HOME  >   ライフミッションコーチ協会®とは?

REPORT
体験レポート

LMC協会主催『ロイド博士のヒーリングコード3DAYSセミナー』体験レポート 〜3日目・午前の部:私が本当にほしいものって、なんだろう。〜

Category : ロイド博士セミナー体験レポート  Date : 2017年06月21日

こんにちは!

ヒーリングコードで癒されすぎて、
最近自分に優しくなりすぎている
PRライターの近藤です。

 

ロイド博士のヒーリングコード3DAYSセミナー
レポートも、
今日がついに
最終日になりました!

いつも、”圧倒的な文字量が大切”と言われ続け、
愚直に信じてやってきていましたが、
こんなにも長いレポートにお付き合いいただき、
ありがとうございました!

まだ後2部、続きますが、
最後までお付き合いいただけると嬉しいです。
それでは、レポートスタート♪

《大見出し一覧》
1. 最終日は、叶代表とLMC協会認定講師の
  おふたりのご挨拶からスタート♪
2. ロイド博士登場!朝のテーマは、
  『成功と幸福の定義』について。
3. 愛は、どんな誤った記憶も、残さない。
4. 魔法のジーニークエスチョン♪
  あなたが本当に欲しいものとは?
5. 午前中のセミナー終了!

 

 

最終日は、叶代表とLMC協会認定講師の
おふたりの
ご挨拶からスタート♪


最終日は、
叶代表とLMC協会認定講師のご挨拶でスタート♪

セミナーの最初は、
LMC協会・叶代表より、最終日の挨拶から。

まずは、今日のセミナーで得たい『 1action 3goal 』と
この3日間のセミナーで得た気づきや学びを書き出す時間♪

そして、隣の人とシェア、なのですが、
私は隣に誰もいなかったので(笑)、
自分のなかで、
この3日間の振り返りをしていました(^^)

 

そのあとは、
叶代表よりLMC協会の説明をしていただいて、
LMC認定講師の皆さんが前に出てきて、ご挨拶!

まずは、

ヴィーナスの清水千佳さん♪

ヴィーナスとは、
LMC協会のファシリテーターとして、
トゥインクルスター養成講座を開催できる
認定講師さんです!

清水さんご自身の大好きなラジオ番組から、
そう遠くない未来のなかで、
日本中の会社で
ライフミッションを見つけ、語ることが行われていく!
というお話を聞かせていただきました。

清水さんは、
会社や組織が持つヴィジョン・ミッションと、
個人が持つ
ヴィジョン・ミッションの
重なる部分が大きければ大きいほど、

そこで働く意味と意義を持ち、
幸福感と充実感を感じることができる
と、
おっしゃられていました。

『 ライフミッションが見つかると、
情熱の源泉からエネルギーが
溢れてきて、
止まらないんです。

それを、たくさんの人と
  分かち合えば、自分も幸せになるし、
それが周りのひとにも
繋がって
いくかなって、思っています。 』

 

こうお話をされているときの清水さんの表情は、
とてもキラキラと輝いていました☆

 

続いて、
トゥインクルスターのおぎ田さんのお話♪

トゥインクルスターは、LMCライフサポーターとして、
LMC協会が持っているカードコーチングセッションを
教えることができる
1day講座を開講することが
できる認定講師さんです!

おぎ田さんは、ご自身の体験談から、
なぜこのトゥインクルスター養成講座を
受講しようと思ったのか、という
背景について、お話をしてくれました。

 

『 LMC協会に関わるようになって、
言語化能力や、相手に
リクエストする力が
養われたおかげで、今は夫にもお願いして、
こうして名古屋から、東京までセミナーに
参加できるようにもなりました。
  
自分の本当の気持ちに、
素直に生きられるようになったんです。 』

 

ずっと、女性は損だ、なんなんだ!と思って、
自分のしたいことを
我慢し続けてきていた人とは思えないほど、

ハツラツと、イキイキとした表情を
されていたことが、とっても印象強く残っています(^^)

 

 

ロイド博士登場!
朝のテーマは、『成功と幸福の定義』
について。


今日は、鮮やかなピンクの
リネンシャツでロイド博士が登場♪

素敵な笑顔とシャツの色が、とってもお似合いです(^^)


この日の午前中の講義のタイトルは、
『 成功と幸福の定義 』という
タイトルからスタートしました。

この3日間、ロイド博士が
声を大にしてお話をされていたことですが、
脳には視床下部というメカニズムの
スイッチがあって、
それが失敗の方に
入っていれば、
頭が動かない、病気になる、
エネルギーがなくなる、細胞が閉じる、
免疫が下がると
いった症状が出る
とのことでした。

これは、感覚的なものではなくって、
スタンフォード大学の研究結果で、
しっかりと証明されたものです。

ちなみに成功のスイッチが入っていると、

人間関係の向上、親子の絆が固くなる、免疫アップ、
ストレス軽減、血圧低下、依存症中和、
ヒト成長ホルモンの活性化、見た目の若返り、
食欲・消化・代謝のメカニズムの正常化、
理想的な体重の維持、治癒力アップなど、

たくさんの嬉しい効果が♪

 

しかも、
これらを叶える魔法のクスリのようなものは、
家を売らなくても、全財産をつぎ込まなくても、
手に入ってしまうのです!

 

 

愛は、どんな誤った記憶も、残さない。


私も、パートナーと一緒に生活している中で、
買い物や料理、洗濯、
アイロンがけなどの
家事をしているのですが、
やはり思ってしまうことはあるのです。

 

「 この前はご飯作って洗い物もしたし、
今日はどっちもしてほしい…。 」

「 洗濯も干すのもしたし、
今回は全部してほしい…。 」

「 洗い物してくれるなら、
そのままお茶沸かしてご飯炊いて欲しい…。 」


悩みや要望が主婦なんですよね(笑)。

家事を手伝わない旦那に対する奥様の
フラストレーションは、すごくわかります(笑)。

 

もちろん、どちらかがご飯を作ったら、
どちらかが洗い物をするとか、
どちらかが
洗濯したら、どちらかが干すっていうルールは
ありますが、
少し体調を崩しがちなパートナー
なので、体調を崩しているときは、
私が
まるまる全部やっています。

 

だからこそ、パートナーが元気な時、
そして自分が疲れている時は、
上に書いて
あるようなことを、今でも思ってしまうのです。

 

でも、ロイド博士は言いました。


『 は、どんな誤った記憶も残しません。
  真実のは、義務感をほんとうに
やりたいことに変えるのです。

私はこれをやったから、
あなたはこれをしてください、

私はこれをするから、
あなたはこれをしてくださいという要望は、

ではなく、ビジネス取引なのです。 』

 

なるほど、私が思っていたものって、
『愛』ではなくって、
『ビジネス取引』のほう
なんだ。

よく、集客やセールス、信頼関係構築などの
本やセミナーに参加してみると、
『 先に、与えること 』の重要性をうたう人が
多いように思えますが、
ここでも、見返りを
求めてしまうと、『ビジネス取引』になるんでしょうね。

 

見返りを求めず、『愛の姿勢』で相手と関わることで、
本当の感謝を
感じていただいて、相手の方も、
何か恩返しがしたくなる。

 

これが、ビジネス上である、
本当の『愛の関係』なのかもしれません。

は、誤った記憶を残さない。

私の中で、『あの日これやったのに…』とか、
『今日は全部やってほしいなぁ』なんて
思っているうちは、本当の『愛の姿勢』
関われていないのかもしれません。

これは、パートナーシップの
最大の問題のような気がします。
どこまでが『愛の関係による役割分担』で、
どこからが『ビジネス取引』になってしまうのか。

これを知っているか知っていないか、
理解しているかしていないかで、
パートナーシップは、大きく未来を変えると思います。

 

 

魔法のジーニークエスチョン♪
あなたが本当に欲しいものとは?

アラジンのお話を聞いたり、
見たりしたことはありますか?

アラジンという砂漠の国の王子様のお話。
登場するジャスミンというお姫様や、
ジャファーという悪い魔法使いも有名ですよね。

そこで、まるで主役のように人気があるキャラクターが、
ジーニーというランプの妖精です。

余談ですが、そういえば私は高校生の時、
初めてのアルバイトのお給料でデニムを
1本
買ったのですが、それがこのジーニーのような色
していたがために、
『ダサすぎる』と言われてフラれた経験を
思い出しました(汗)。


あれっ、これも古い細胞記憶か…

 

 

 

 

…話を戻しましょう。


ロイド博士演じるジーニーは、
なんでもひとつ、願いを叶えてくれます。

お金だって手に入れることもできるし、
体の不調も取り除いてくれるし、
疎遠になった人との関係修復や、
新しい環境を手に入れることだって、できます。

反対に、願いの数を増やしたり、
他人の意思を奪ってコントロールする
ことはできません。

 

そして、人生で1回だけ、
望みを叶えてくれるチャンス
が手に入ります。

 

その願いは、ジーニーから『どうぞ』と
言われてから10秒以内に答えないと、
そのチャンスは2度と掴むことができません。

 

そんな条件の下、もし願いが叶うのであれば、
あなたは何を望みますか?

実は、ロイド博士はこの質問を
何千人ものセッションの中で
されてきていたのですが、

その中の99%の人が、
この質問に的確に答えられなかったそうです!

というのも、99%の人たちは、
お金や健康など、外側にある物質的な
答え
持っているから、ということです。


そして1%の人が、
内面の愛や喜び、心の平安を求めるそうです。

実はジーニークエスチョンとは、
この3つの質問で構成されています。
それは、

 

1. 今、他のものよりも欲しいものは何ですか?
2. それを手に入れると、あなたの人生は
  どのようにポジティブに変わりますか?
3. それを手に入れたら、あなたは
  どのように感じますか?


という、3つの質問です。


そして、
実は本当に心から望んでいる『願い』というのは、

3番目の質問の答え、なのだそうです!

 

ロイド博士は、教えてくれました。

 

『 ホープと私が一度離婚の危機を迎え、
そこからの状態に戻った時、
外側の状況は、生活保護のようなものを
受けるほど貧しくって、
3つの仕事を掛け持ちする
ほどお金もなかったし、全くいい状況ではなかった。

でも、言葉に言い表すことが
できないくらい、幸せでした。 』


以前のロイド博士は、
成功のためにたくさんの本を読み、
たくさんの人の話も聞きに行き、
セミナーにもたくさん参加したりと、
とにかく成功している人たちが
していることを、
愚直に信じて行なっていたそうです。

それが、
成功や幸福に繋がると、信じていたからです。

 

しかし、それをすればするほど、
思い描いていた幸せが離れてしまう。

ホープさんには別居をお願いされ、
仕事は解雇寸前、逆流性食道炎と偏頭痛もあり、
常に体は疲れていて、肌はカサカサ、
爪で掻くと皮が剥がれるほど。

それは、知らず知らずのうちに、
成功と幸福の法則ではなく、
失敗と不幸の法則に則って行動
をしてしまっていたからだったのです。

そして失敗と不幸の法則に則るということこそが、
外的要因に目標を設定してしまう、
ということになるのです。

 

多くの人たちは、
外的要因こそが幸せを運んでくる
思い込んでいるのですが、


実はそれが、脳の中で失敗のスイッチを
入れることに繋がってしまって、
結果的に望んだ幸せの真逆の結果を
招いてしまう
ことになるのです。

 

もし、外的要因にフォーカスし続けて、
そして万が一手に入れた場合は、
5分間ほどの僅かな喜びを手に入れるか、
想像と違うと感じるかで、
行き着く感情の先は、
求めていた幸せとのギャップによる絶望
なんだそうです。


例えば、
『1億円手に入ったら、心の平安が保てる!』
という嘘を信じて、
行動すれば行動するほど、自分の健康状態や人間関係も
殺してしまうので、
どんどん成功の妨げになってしまう。

 

そして、それにより感じるストレスが跳ね上がり、
結果的に失敗に陥るのです。

ちなみに私は、良かったのか、

『 傷つかない、に溢れた人生 』

と、ノートに書いていました。


これはきっと、ヒーリングコード体験を通じて、
自分のなかにある
古いの細胞記憶を癒したから
だと思います。


もし、古い細胞記憶を癒していなければ、
一生安定できるほどのお金!だとか、
事業の安定!だとか、いわゆる
外的要因のお願いをしていたと思うのですが、

このセミナーに参加してから、
ずっと幸せを感じているのです。

素敵な仲間がいて、尊敬する方々がいて、
初めましての方がいて、
色んなひとがいるのに、

この場は 安心・安全・ポジティブ にできていて、
ありのままの自分で、いられる空間がある。

家に帰るとパートナーがいて、
私には日本一だと自慢できる家族もいる。



ヒーリングコードセミナーでは、
古い細胞記憶を癒すことに期待して参加
していたのですが、それだけではなく、
現状の『当たり前』が、こんなにも
幸せだったのか、
って、気づかせてくれるような内容だったのです♪

 

 

午前中のセミナー終了!


午前中のセミナーについては、
ちょうどここで13:00になり、終了!

この3日間、
視床下部による脳のメカニズムのお話を、
いろんな角度から
聞かせていただいていますが、
たくさんの事例や解説があって、
思わず唸りが止まらないッ!


最終日午後は、
ついにラブコード♡の体験をしてきます!
ラブコードでは、どんな癒しや気づき、
感情に出会えるのでしょうか(^^)

それでは次回、
ロイド博士のヒーリングコード3DAYSセミナー最終日、
午後の
レポートも、お楽しみに♪

 

 

また、もしロイド博士のヒーリングコードセミナーに
ご興味がございましたら、

ぜひ、こちらのページをご覧ください♪

“ ヒーリングコード入門動画 ”

ヒーリングコードセミナーの実施方法や、
ヒーリングコードセミナーに関するご案内を
お送りさせていただいております(^^)

 

writer  by  近藤 裕也♪