HOME  >   ライフミッションコーチ協会®とは?

REPORT
体験レポート

大阪でライフミッション勉強会が行われました!(過去最高熱量?!)

Category : 代表理事のブログ  Date : 2017年06月28日

こんにちは!
一般社団法人ライフミッションコーチ協会
代表 叶理恵です。
 
 
本日は大阪のライフミッション勉強会が
おわりましたー!
 
いやー!白熱しました!!
 
 
予備校の教師なんじゃないか。(笑)と
思うくらい熱いパッションを語りました。
 
 
LMC協会は、認定講師講座をとってからが始まりです!
 
 
本日の認定講師さんのお困りごとのご要望は?
 
 
(1)モチベーションをあげたい
(2)モテ層を知りたい
(3)1Day講座の集客の仕方を知りたい
(4)ボトルネックを知りたい
(5)目に見えるための道筋を知りたい
(6)優先順位を知りたい
(7)価値の伝え方を知りたい
 
というご要望がありました。
 
 
本日のご要望も
 
 
モリモリ(笑)
のご要望です
 
 
ここからお話することは、起業したときに行動できないボトルネックとほぼ同じなので、よかったらメモっていただけたら嬉しく思います!
 
 
 
 
行動できないときの
大きなボトルネックは?
 
 
女性が行動できないときは?
4つのフレームワークがあります!
 
 
LMC協会ではフレームワーク思考という概念を認定講師講座ではかならず学びます。
 
 
(1)メンタルブロック(潜在意識)
(2)パートナーシップがうまくいっていない
(3)行動していない
(4)行動しているのに結果がでない。
 
 
この(1)〜(4)のどのパターンに
当てはまります。
 
 
 
(1)メンタルブロック(潜在意識)にアプローチするには?
   ヒーリングコードの解決方法が、最適です。
 
 
(2)パートナーシップがうまくいっていないには?
   ヒーリングコードの解決方法が最適ですが、お互いの話愛が
   必要です。
 
 
(3)行動していない
 
   の場合は、①〜⑤のケースがあります。
 
   ①時間がない
   ②ノウハウを知らない
   ③環境に身を置いていない
   ④モチベーションが下がっている
   ⑤有害行動(メンタルブロック)をしている
 
 
(4)行動しているのに結果がでない
 
   の場合は、①〜⑤のケースがあります。
 
   ①ノウハウが間違っている
   ②戦略(モテ層etc)が間違っている
   ③正しいノウハウを知らない
   ④メンタルブロック(成功したら困る)
   ⑤追い風があったときに引き返してしまう。
 
 
の可能性があります。
 
 
今回のライフミッション勉強会のin 大阪では
熱量バリバリに語ってしまいましたー!
 
 
ライフミッション勉強会の音声は
ダウンロード販売を近日中にいたします。
 
 
乞うご期待!
(待て次号)

 

最後はみんなで、ハイポーズ!

昨年のLMC協会の設立記念パーティーでも語っているのは、ヴィジョンしか語っていません。

この熱量で、ヴィジョンを語るしか

昔も今もわたしのやっていることはないんです!!!

だって、社外の人事部長の長谷川さんに教えてもらったのは、中小企業の社長は、社長のヴィジョン・熱量で人を採用するしかない。それが最大の魅力だ!と教わりました。(LMC協会は中小企業ではないけれど、小さな名も知れていない団体という意味では同じ)いい方に認定講師さんに来ていただきたいし、チームでヴィジョンを実現していく(LMC協会では現実世界に転写と呼ぶ)ので。

 

だから、私はヴィジョンを語るのです。

 

LMC協会は大企業のようにメリット三昧ではないかもしれません。認定講師になれば、5つの1Day講座や、1つの特別1Day講座をトゥインクルスターになれば開講できる講師になれます。『人のライフミッションを発見できる』トゥインクルスター養成講座がヴィーナスになれば開講できるようになります。けれど、まだ新しい職業の創出というところまでは認知も実績も広まっていないのです!!

 

 

ライフミッションがなぜ大切なのか?

ヴィジョンがなぜ大切なのか?

ライフミッションストーリーがなぜ大切なのか?

 

その意味も理由もわからない世の中なのですが、これから来ます。

ベンチャー企業のように開拓者となって

ガリガリ開拓者!!

となっていきましょう。

 

このLMC協会の創業期の最初の10年に関われるのは、今しかないのですから。

一般社団法人ライフミッションコーチ協会 代表理事 叶理恵

 夏祭りパーティーに是非来てね!

↓  ↓  ↓

今年1年の成果報告を株主総会みたいに発表します。そして、ヴィジョンを語るのは私だけではなくなりました。1年後は彼女たちが成果報告をしてくれるでしょう!乞うご期待!