HOME  >   ライフミッションコーチ協会®とは?

REPORT
体験レポート

旗を掲げた女たち vol.03:堀部優規子さん〜ロイド博士のヒーリングコード3DAYSセミナー裏方スタッフレポート〜

Category : トゥインクルスターの活動  Date : 2017年07月14日



こんにちは。PRライターの、近藤です。

 

 

ロイド博士のヒーリングコード3DAYSセミナーの

体験レポートに引き続き、今回からは3度にわたり、

当日の運営を任されたプロジェクトチームで

自ら手を挙げ、率先して関わった3名のリーダーとの

インタビューを公開させていただきます。

 

題して、『旗を揚げた女たち』。

最終回の第3回目は、名古屋のトゥインクルスター養成講座を

卒業され、本プロジェクトでリーダーを務められた、

堀部優規子さんにご登場いただきました。

 

 

大学生のときから意識が高く、すでにライフミッション

見つけていた堀部さんが、このプロジェクトの

リーダーとして味わった苦しみや感動、そして確信は、

一体どのようなものだったのでしょうか。

堀部さんのポジティブな魅力に、胸アツ必須です。

 


LMC協会に関わった理由って?

 

近藤:

堀部さん、今日はどうぞよろしくお願いします!

 

堀部:

はい、こちらこそよろしくお願いします!

 

近藤:

まず、堀部さんがなぜLMC協会に関わろうと思ったか

お聞きしてもよろしいでしょうか?

 

堀部:

単純かも知れませんが、LMC協会のミッションや

ビジョンに共感したんですよね。

私も大学生のころから、自らの意思で人生を決めて、

活躍していける世の中を作りたいって思っていたんです。

 

近藤:

大学生の時からですか?すごい…。

なぜ、そのように思われたのでしょうか?

 

堀部:

私はもともと地元が横浜だったのですが、

大学生のときは岐阜のほうに行っていまして。

その時に、横浜の友達と岐阜の友達が同じ日本人なのに、

価値観が全然違うっていうことに気がついたんです。

 

近藤:

横浜と岐阜で、そんなに変わるのでしょうか?

 

堀部:

横浜の友達は、例えば海外にいきたかったらすぐに

飛んで行っちゃうし、やりたいことを我慢しません。

でも、岐阜の友達はそれを羨ましがるだけで、

具体的に旅行会社に問い合わせたり、ツアーに

申し込んだりも、しないんですよね。

 

近藤:

ツアーに申し込めば、すぐいけるんじゃないですか?

 

堀部:

そうなんです、でも、それがすごいって、羨ましいって

思われることがすっごく多かったんです。

なんかそれが、もったいないなぁって思ったんです。

 

近藤:

地域が違うだけで行動がそんなに変わるんですね。

 

堀部:

そのとき、もっとそれぞれが納得していける人生を

決めることができればいいのにって、思いました。

だから就職をするときも、人生の決断や選択に

関われる仕事がしたいと思って、人材業界にいったり、

起業支援のお仕事に従事していました。

 

近藤:

まさに就職やビジネスって、決断の連続ですもんね。

 

堀部:

そこから紆余曲折があって、行政の起業支援事務局で

働くことになったのですが、その行政が掲げていた

ビジョンに違和感を感じてしまいまして。

 

近藤:

ビジョンに違和感、ですか?

 

堀部:

行政なので、最終目標は地域活性だったんです。

でも、私のビジョンは地域活性じゃないなぁって。

その時に理恵さんのメルマガを読んでいて、

この人に会いたい!って思ったんです。

 

近藤:

叶代表に会いたくなった理由は、何だったのでしょうか?

 

堀部:

情熱や人を巻き込む力がすごいひとだなぁって。

今までの職場では、ゴリゴリしたリーダーが多くて(笑)。

理恵さんみたいなリーダーを、見たことがなかったんです。

 

近藤:

叶代表のような女性リーダーは、女性社会で生きてきた

僕も出会ったことのないタイプです。

 

堀部:

理恵さんって、同じステージや少し前のステージの

方だけじゃなくって、もっとさらに上のステージの

方を巻き込む力がありますよね。

そのエッセンスを、自分の中に取り入れたかったんです。

 

近藤:

LMC協会に賛同いただいているメンターの方々や、

顧問の方を見たときは、驚きましたね。

 

堀部:

それで、1day講座に通ったのですが、今住んでいる

名古屋で受講することが怖くって。

わざわざ、福岡まで会いにいきました(笑)。

 

近藤:

えぇっ、福岡!?大阪もあったんじゃないですか?

 

堀部:

名古屋だと知り合いに会ってしまうかもって考えると、

その中で自分の本音に気づいてしまうことが

怖かったんです。

あとは、時間を空けられる日程の兼ね合いですね。

 

近藤:

なるほど…だから、福岡までわざわざ行かれたんですね。

 

堀部:

でもその分、インパクトも与えることができたので、

一石二鳥ではありました(笑)。





 

なぜ、このプロジェクトに

手を挙げようと思ったのか?

 

近藤:

今回、堀部さんがこのプロジェクトに関わろうと

思った理由を、お聞かせいただけますか?

 

堀部:

まず、LMC協会として創設期の大事なイベントに

関わることが、すごく魅力的だと思いました。

LMCのビジョンに共感して、認定講師としてだけではなく、

協会全体に関わりたいなって思ったんです。

 

近藤:

堀部さんの視点の高さに、驚かされます。

 

堀部:

こうしたイベントは、起業支援のお仕事をしていたときに

たくさんしていたので、何か役に立てると思いました。

あとは、気持ち的に不安があったからっていう理由も

ありましたね。

 

近藤:

どのような不安を、抱えられていたのですか?

 

堀部:

3月に認定講座も終わって、4月に行政の仕事も終わって、

それ以降、情熱を維持できるものがなかったんです。

そうなると、どうしてもダレてしまうじゃないですか。

だからプロジェクトに参画することがぴったりだなって。

リズムキープをしたかったんですよね。

 

近藤:

強制的にそうした環境に身を置く仕組みをつくる。

素晴らしいですね。

 

堀部:

もともとLMC協会でイベントをするときは、

1番に手を挙げようって、思っていたんです。

出口さんから運営側の説明会するよって言われたとき、

そのままやりますって、ふたつ返事で参画を決めましたね。

 


プロジェクト参画前後で感じた、

内面の変化って?

 

近藤:

イベントをするなら手を挙げよう!とすでに

決められていた堀部さんですが、実際に

参画することになったその前後で、内面的に感じた

変化などって、ありましたか?

 

堀部:

いままでは、情報を待っていることがほとんどでした。

でも、このプロジェクトに参画するようになって、

自分から何を知りたいのか整理をして、聞くようになりました。

自分が動かないとって。わからないことを、わからないままで

放置しないようになりましたね。

 

近藤:

当事者意識ですね。素晴らしい変化です。

 

堀部:

リーダーとして、率先して行動したことに感謝されましたが、

自分で決められる面白さを感じながら進められました。

自分で決められる面白さと、情報収集する面白さ。

どんどん楽しさが溢れてきましたね。

 

近藤: 

堀部さんは、根っからのリーダー気質なんですね。

そこまで楽しめる方も、多くはないと思います。

 

堀部:

イベント運営が好きだったのも、あると思います。

理恵さんとお話しする機会も増えて、プロジェクトというより

LMC協会の活動として、意識的に見えるようになりました

集客の状況も随時お聞きしていたので、もっとこのプロジェクトを

知ってもらうために何ができるかを、常に考えていました。

 

近藤:

とても、以前まで待ちの姿勢だったとは思えません。

素敵な変化ですね。

 

堀部:

あとは、自分で走ることで、ついてきてくれる人がいる。

今回は、サブリーダーのおぎ田さん鈴木さん

他のメンバーも含めて、自分についてきてくれた。

会話を重ねていくうちに、意識やスイッチが変わった人も

いて、そこに喜びを感じることもできましたね。

 

近藤:

堀部さんがリーダーだったからこそ、だと思います。

 

堀部:

ありがとうございます。

でも、こうやって人を引っ張って、ついてきてくれて、

みんなでひとつのものを作り上げることって、

こんなに楽しいんだ!って、改めて気がつけましたね。




役割と、感じた苦労。

 

近藤:

堀部さんは当日、司会進行を務められていましたよね。

 

堀部:

はい、司会経験はたくさんありましたので引き受けました。

全体の進行を見ながら司会をしていたのですが、

これはなかなか無理がありましたね(笑)。

 

近藤:

司会と全体の調整。考えただけで、大変さが伝わります。

 

堀部:

それでも、プレッシャーは感じなかったですね。

安心・安全・ポジティブなメンバーがフォローしてくれたし、

怖気付くよりも、経験としてやらせてもらおうっていう

気持ちのほうが、大きかったです。

 

近藤:

ポテンシャルの高さ、素晴らしいですね。

ただ、おぎ田さんや鈴木さんもサブリーダーとして、

さまざまな苦労を感じてこられたとお聞きしました。

堀部さんももちろん、リーダーとして感じてこられた

苦労や葛藤があったと思いますが、いかがでしょうか?

 

堀部:

まず、いくら理恵さんから同じく学んだ仲間だといっても、

メンバーとの距離感だったり、どんなバックボーンがあって、

何が得意で、どの程度のモチベーションがあるのか、

そこを最初は掴みにくかったですね。

 

近藤:

確かに個々で、お仕事もあるでしょうしね。

 

堀部:

私だけがリーダーとして張り切っているだけでは

だめだなっていうのは、ずっと思っていて。

メンバー全員がやらされている感を持たず、いかに全員で

参加して作り上げられるかに、注力していました。

 

近藤:

どうしてもリーダーとメンバーの間には、情熱の

ギャップって生じやすいものですよね。

そこは、どうやって対処されたのでしょうか?

 

堀部:

まず、おぎ田さん鈴木さんと一緒に全体を因数分解して、

具体的に細かいタスクを顕在化させました。

何をしたらいいのか、どんな形で参加できるのか、

わからないメンバーが多かったんです。

 

近藤:

見えないから不安、参加できない、という部分を

徹底的に潰した、ということですね。

因数分解をされてから、どうされましたか?

 

堀部:

私から個々にメッセージを送って、メンバーに

どんどん仕事の可否を訪ねて行いきましたし、

あとは不安を聞き出して、解消することに注力しました。

 

近藤:

リーダーとして、素晴らしい行動です。

 

堀部:

グループページだけでやりとりをしていると、

片手間でチェックして、後で返信しようと思ってたけど

忘れちゃう、っていうのが、よくあるなって思って。

 

近藤:

これは、僕もよくしてしまいます(汗)。

 

堀部:

個々にメッセージを送ることで、しっかり返事もいただけたし、

不安を個別に聞き出して進めていくなかで、スムーズに

進行していくようになりましたね。

 

近藤:

全体が円滑になったのは、堀部さんのリーダーとしての、

メンバーに対する思いやりがあったからですね。

それでも、プロジェクトから離れていった方もいた、と

お聞きしていました。

 

堀部:

確かに、それぞれの活動が忙しかったりで、参画が難しく

なった方もいましたね。 ただ、個々のタイミングや事情も

あるので、こうしたことはどうしても、よくあるのです。

 

近藤:

そこに対しては、どう感じられていましたか?

 

堀部:

ん~、やめる方がいても、関係ないかなって(笑)。

だって、やめる方がいたからといって、この

プロジェクトが動いていること、そして私がリーダーで

あることには、何も関係ないことじゃないですか。

 

近藤:

ロイド博士がおっしゃられていた、本当の成功と幸福を

手に入れる定義と、通ずるものを感じます。

 

堀部:

それでもやめた方は思ったより少なかったですね。

リードマイセルフでリーダーシップを発揮している方ばかりで

無責任な方は、誰ひとりとしていませんでした。

反対に、それに感動することができましたね。

 


プロジェクトに参加してよかったと

思えた場面や、できごとって?

 

近藤:

このプロジェクトに参加して、個人として、

リーダーとして、よかったなぁと思えた瞬間って

なにかありましたか?

 

堀部:

チーム全体がリードマイセルフで動いてくれて、

各ポジションの改善を毎日提案してくれました。

だから、日に日に空気や内容が良くなっていって、

みんなで作り上げている、を、感じることができましたね。

 

近藤:

全員でひとつのものを作ることに、意味がありますよね。

 

堀部:

今までは、自分は悪くない、わからないからやらないって

主張するひとがまわりに多かったんです。

でも、メンバー全員がどうしたら良くなるか?を日々、

考えてくれることに感動しました。

 

近藤:

全員が主体的に動くチームをつくることって、

非常にむずかしいことだと思っています。

 

堀部:

だから、リーダーが感じやすい孤独感を感じることは、

基本的になかったですね。

チームで作り上げてきたし、チームでフォローするって、

こんなに素敵なことだったんだって、毎日感じていました。

 

近藤:

心が満たされる経験。素敵なチームですね。

 

堀部:

あと、サブリーダーのさなさんにセミナー会場で

「初めまして」って言われたんですが、なんかそれに

すっごく違和感を感じていました(笑)。

ミーティングを重ねるたびに、メンバー同士の距離が

グッと近づいていったからかな、って思っています。

 

近藤:

同じ叶代表から学んだ仲間だからっていう要素も、

大きく影響してそうですね。

 

堀部:

共通言語がある、安心・安全・ポジティブな場を

みんなが意識できている。

これがこんなに素晴らしいことなんだって気づいて、

改めて、LMC協会に関わってよかったって思いましたね。

 


プロジェクト終了後の、

ライフミッションへの

確信度合いの変化について。

 

近藤:

セミナーが終了した今、堀部さんがお持ちの

ライフミッションへの思いや、確信度合いなどに

変化はありましたか?

 

堀部:

大学時代や養成講座中に、ある程度腹を括った部分は

あったんですよね。これをやっていくんだなぁ、って。

でも、このセミナーで、ライフミッションに生きる人たちが

こんなにいるんだって知って、さらに覚悟が強くなりました。

 

近藤:

同じように、ライフミッションに生きる方をみることで、

たくさん感化されたんですね。

 

堀部:

あとは、もっと素直に生きようというか。

いままでは、自分の弱いところや、行動できないところを

責めてばっかりだったんですよね。

でも、そんな自分にダメだって評価をしなくなったし、

そんな自分を受け入れられるようになりました。

 

近藤:

素晴らしい変化ですね。

ヒーリングコードでは、どんな影響が出ましたか?

 

堀部:

実は、ヒーリングコードで癒された感覚って、他の

ひとよりも少なかったと思います(笑)。

でもそれは、私が自己肯定感が強い証拠だし、

癒すことが少ない私が、行動しなくてどうする!?って

お尻を叩くことができましたね。

 

近藤:

まさに、LMCが叶えたい女性像が、堀部さんなんですね(笑)。

 

堀部:

そうだと嬉しいです(笑)。

でも、こんなに心がざわついているひとがいるんだって

知ることができたのは、私のライフミッション

叶えるための、強力な情報収集になりました。

 

近藤:

まさに、堀部さんが救いたい人たち、ですよね。

そんな堀部さんの素敵なライフミッションを叶えるために、

これからやっていきたいことは、どんなことでしょうか?

 

堀部:

まずは1day講座を開講していきながら、市場からみた私への

ニーズのリアルな部分を感じ取っていきたいなって思います。

LMCコンテンツもそうですが、他のコンテンツ展開や、

セミナー、個別セッションも始めていきたいですね。

 

近藤:

やりたいことが、満載!ワクワクしますね。

 

堀部:

あと実は、とある通信制学校の講師をやらないかと

オファーをいただいているんです。

通信制学校って、いろんな世代や事情を持った方が

通われているので、その中のひとたちがイキイキと

生きるために、私から何かできればなって、思っています。

 

近藤:

生きることに憤りを感じているひとが、堀部さんの手で

ひとりでも多く救われることを、願っています。

ありがとうございました!

 

 

========================================

もしロイド博士の
ヒーリングコードセミナーに
ご興味がございましたら、


ぜひ、こちらのページをご覧ください♪

“ ヒーリングコード入門動画 ”


ヒーリングコードセミナーの実施方法や、
ヒーリングコードセミナーに関するご案内を
お送りさせていただいております(^^)

 

 

 

 

 

writer  by  近藤 裕也♪