HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

【1Day開講まで㉝】モチベーションの保ち方

Category : リアル日記・1Day開講までの道のり  Date : 2017年10月04日

こんにちは!名古屋2期ライフミッションサポーターの堀部
通称、内面ホリホリの申し子、ホーリーです^^


みなさん、

セミナーなどに行って、
良い話しを聞いて、
モチベーションが上がって、

「よし、やるぞ!」と決意して、
でも結局やれなかったこと。

ありませんか?

 

 

 

私はありますーーーー。めっちゃありますーーーー。(笑)

 

いやね、これ自分責めても仕方ないと思うんです。
だって、セミナーという非日常で上げたモチベーションは、
日常にもどったときの落差がすごい。

そして、そのギャップに耐えられず、
日常に埋没をしていくんです。
よほど強い意志がないとその決意を維持するのは難しい。

 

でもね、このライフミッションコーチ協会で学んだことは、
見つけたライフミッションは、
モチベーションを理由に諦めたくなかったんです。
やめたくなかったんです。

 

そ、こ、で、

私が工夫したのは、「環境に身を置く」ことでした。

 

3月末にライフミッションサポーター養成講座が終わり、
4月末に仕事を辞めることになっていた私は、

どういう環境に身を置くか、これが大事だと思ったんです。
いかに落差を減らし、環境を保ち続けるか。

 

そう考え私がやったのは、、、

ライフミッションコーチ協会が6月に開催した
「ロイド博士3日間セミナー」のプロジェクトリーダーでした。

強制的に、ライフミッションを体現できる
自分にとって一番安心安全ポジティブな場で
挑戦をすることだったんです。

ライフミッションコーチ協会初の大型イベント。

このプロジェクトリーダーをやれば、
強制的に環境に身を置くことができる。
全国で同時期に開催されていた養成講座の参加者たちと繋がれる。

またとないチャンスだと感じたんです。

 

そしてロイド博士プロジェクトの後は、
全国のトゥインクルスターのコミュニティ『トゥインクルサロン』の
リーダーをやってます。

常に、安心安全ポジティブな場で
気持ちを維持する環境に身を置いています。

意思の力ではエネルギーがいります。
半ば強制的に環境に身をおくこと。

モチベーションの保ち方としておススメするのが、この環境の力です。

 

今の状況からは非日常に思えるが、
成し遂げたいことをしている人たちがいる場を日常にすること。

最初は、少しずつで大丈夫。
いきなりだと、あまりの落差に凹むから。

少しずつでいい。
自分に越えられる小さなハードルから

少しずつ変えていくと
いつのまにか非日常に見えてた景色が日常になってくる。

そうすると、モチベーションなんて意識しなくても上がってるし、
むしろモチベーションがどうのなんてどうでもよくなり、
ただ、向かう先に淡々と、
しかし闘志を燃やして進むことができます。

冷静と情熱の間に。って感じですかね。

 

て感じで、
当初予定から大分遅れてしまっているメルマガ発行を目前に、
今日も淡々と仕事をしている堀部でした。

 

【堀部ブログ】
http://blog.livedoor.jp/yukiko/_bb0928

 

【体験セッションお申込みフォーム】
https://ws.formzu.net/fgen/S7126224/

WRITER
堀部 優規子 先生  
Yukiko Horibe

1983年生まれ。てんびん座。
岐阜生まれの横浜育ち、名古屋在住。転勤族の家に生まれたため、どこに行くにも住むにも身軽な性格。
民間・行政と起業支援の業界で約8年、受付・営業・企画・広報・秘書と幅広く活動。「自らの意思で人生を決め、選び、活躍していける世の中を創ること」をライフミッションに、起業家も会社員も関係なく内面からの充実をサポートしたいと独立。
趣味:ほろよいを飲むこと。旅行。ダイビング。
家族:夫。結婚2年目妊活中。