HOME  >   LMC認定講師一覧  >   吉田 真美

私たち夫婦に危機が訪れたのは、結婚して5年が経つ頃でした。


夫の独立をきっかけに経済状態が不安定になり、
それが原因で夫婦関係にも溝ができていきました。


私は夫との関係を良くするための努力をすることよりも、
自分の仕事に打ち込むことを選びました。


セミナーやカウンセリングで目の前に来る人の心に寄り添い、
共感することで人が元気になること、
本当の自分を思い出すことに関わるのは私の喜びでした。

 



しかし、仕事が楽しく充実していくのと反対に、
ふたりの溝はどんどん深くなり、
経済的にも苦しくなっていきました。


支払が滞り、家には督促状が届くこともありました。
その度に夫を責め、ケンカをして夜があける回数が増えていったのです。
ふたりの結婚生活に希望が見えなくなり、
離婚の二文字が頭をよぎることもありました。


そんななか、私たち夫婦を結婚当初から知っているビジョン心理学の創始者チャック・スペザーノ博士だけは、
夫の素晴らしさ可能性を信じ続け、
結婚生活を続けることを勧めてくれました。


チャック博士のサポートがなければ、
私は夫への愛情を取りもどすことができず、
結婚生活も破たんしていたでしょう。


私は自分の心に向き合い、本当に望むことを探りました。
時間をかけて自分を癒し、夫に対する見方も変わっていきました。


彼が今まで私にしてくれたサポートや優しさを思い出すことができたのです。
そして、もう一度二人で心をあわせてやっていくことを決めました。

 


二人の関係が以前のように信頼にあふれたものになると、
不思議なことにうまく行く流れが生まれました。


夫の仕事も増え売上げも伸びていきました。
私もビジョン心理学のトレーナーとして認定され、
日本各地でセミナーを行なうだけでなく、
台湾、香港、中国本土など海外にもよばれるようになりました。


夫の収入は10倍以上になり、
愛も仕事も豊かさも欲しいものはすべて手にいれることができたのです。

ビジョン心理学の学びを極め、
私自身が夫との関係で学んだ経験から、
女性をサポートして幸せなカップルを増やしたいという願いが強くなりました。


「男女関係・夫婦関係では、女性がリーダーである」
ということを多くの人に伝えたい。
自分の影響値をもっと広げたいとブログを始めました。


しかし、Facebookは見るだけ、ブログも始めたばかりの私にとって、
SNSの世界はまったく未知のものでした。


世の中にはコーチ、コンサルタントを名乗る人たちであふれ、
3ヶ月か半年くらいスクールに通っただけで開業している人が多いことにもびっくりしました。


売上げや成果の数字が飛び交う投稿、
男性性ばかりを使ったやり方にも正直、違和感を感じていました。


また、ブログのコンサルを受けたときには
「カウンセラーはクライアントの強い悩みを解決しなければならない」と言われ、
離婚、浮気、不倫、セックスレスという単語を並べることにも抵抗を感じました。


私は時代の流れに完全に乗り遅れた浦島太郎のような気分なり、途方に暮れてしまいました。
そこで一念発起して、インターネットマーケティングを学ぶことを決めました。


叶理恵さんの幸せ女性起業塾に参加し、
理恵さんの言語化能力の高さ
学び続ける姿勢
ビジョン、ミッションを熱く語る姿に刺激を受け、
私ももっと成長したいと願うようになりました。


そして、一般社団法人ライフミッションコーチ協会の話しを聞き、
私が大切にしてきた価値観、ビジョンと共通する点が多かったので、
認定講師になることを決めました。

LMCのビジョン、フィロソフィーはビジョン心理学で言うと、
自立の先にある「相互依存」の生き方です。


まず、自立することは大切ですが、
自立したままで突っ走るとやがて燃え尽き、
パートナーシップも死んだような関係になります。


私は自立の先にある相互依存の生き方を目指す人を増やしたいと思っています。


そして、子どもが生まれても、起業しても、
パートナーとお互いに応援しあい
愛しあう夫婦関係を築くためのパートナーシップのあり方を、
セミナーやカウンセリングで伝えています。

夫婦関係・男女関係は女性がリーダーです。


二人の関係は女性が望む方向へ進んで行きます。
だからこそ、女性が自分自身を癒し良く知りビジョンを語ることが大切です。


そのためにも、まずはLMCメンタリングカードを使って自分の内面を探り(ホリホリして)
自分の気持ちに気づくこと、自分の想いを言語化するところから始めましょう。

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2017年2月3日
10:00〜14:00 (4時間)
東京都
受付中