HOME  >   LMC認定講師一覧  >   鈴木 さな

幼いころから学級委員。
『なんでもできる強い子』そんな自分を作り上げていました。

看護師であり、看護教員でもある母が、
長女である私を「強い子になりなさい」と育ててくれたから出来上がった
『なんでもできる強い子』の私。

できる・できないを他人と比較することで一喜一憂して、
人と向き合うのではなく、比較するという視点で生きてきました。
母に認めてもらえるよう看護師になろう・・・看護教員になろう。


母の幸せのコップを満たそうと必死でした。


看護師になってからも、感情を揺さぶられない、強い看護師でいなきゃならないと思い、
患者さんは不安を打ち明けてくれているのに、
自分の感情に蓋をして冷静でいることを心がけていました。


また、他人と比較してしまう私は、
同期を支え合う仲間ではなくライバルだと思っていたので、
人間関係も上手くいかなくなってきました。


できない自分をさらけ出すことなんて恥ずかしいし、
それは自分に負けたことに等しいと弱音を吐けなかったからです。


看護教員になってからも他人との比較で生きていた私は、できない自分に出会いました。
できない自分が許せなくて、できる自分を作り上げるのに精いっぱいでした。


お休みも帰宅後も授業準備で、子どもと遊ぶ時間もなく
精一杯やっているのにできない。
できない自分を責めて責めて…追い込んで…
心は悲鳴を上げ、ボロボロになっていきました。


それでも、
もっとやらなきゃ間に合わない。
間に合わせなきゃ迷惑をかけてしまう。
そんな思いでひたすら授業準備をしていました。

今思うと、心の中では、止まりたい。
何もしない・何も考えない時間が欲しい。
そう思っていたのだと思います。
その表れとしてついに、何も考えられなくなり、
何かをしようとすると涙だけがとめどなく流れました。

結局、トイレ以外布団から出られなくなり仕事も行けなくなりました。
心も体も脳も悲鳴を上げて急停止!
私の全細胞は、すごく休みたかったんだな~って思います。


しばらく休養して心が動き出したころから、
「私の幸せってなんだろう?」
自分への問いかけが自然とはじまりました。


他人に振り回され、ずっと蓋をしたままだった自分の気持ちに立ち向かうことを始めたのです。
そして、同じくしてGoogleさんへの問いかけも始まりました。


Googleさんが見つけてくれたのは、NLP(神経言語プログラミング)でした。
「より幸せな考え方・感じ方ができるようになる」この言葉に惹かれ、半年間東京まで通い、
毎回ワークを繰り返しながら、新しい自分に出会っていく日々は温かく、嬉しい時間でした。
一緒に学んだ仲間は、ライバルではなく認め合う仲間でした。


そこから人生が回り出し、他人に振り回され、自己否定の塊だった私が、
自分の気持ちに気づき、自分に正直に、無理をすることなく生きることができ、自己肯定感も芽生えました。


私は自由に、そして笑顔で毎日を生きたい。

 


自分の思いが分かると、自分も相手も認める働き方にシフトチェンジでき、
看護教員として自分らしさを存分に発揮して、
看護とは何か?を伝えることが楽しくなってきた時、
実習での学生の変化から看護師の姿に疑問を持つようになりました。


学内とは異なり、実習になると表情が曇り、いつもビクビク、できない、考えられない・・・
そんな状態に変化してしまう看護学生。
病院という緊張状態に加え、看護師から浴びせられるのは、
『どうしてできないの?何回も言ったよね~』


心が穏やかでないと、自分の感情のままに当たり散らしてしまう看護師さんが多い現状。
看護師は、患者さんの気持ちに寄り添うことが仕事であり、
一生懸命であればあるほど、自分の気持ちには気づかないふりをして業務をこなします。


そんな毎日を送って幸せかな?


過去の私がそうだったように、自分の気持ちが分かる看護師って少ないんじゃないかな?


NLPで自分を認められたからこそ、自分以外にベクトルが向き、疑問が生じてきました。

 

自分を認めて、同じように周りの人も認め合える社会になったら素敵だな。
そんな想いが湧きあがった時、LMC協会メンタリングカード1Day講座に参加しました。
ここで人をジャッジしない考え方や自分の幸せを自分で気づいていくメンタリングカードに出会いました。
そして、幸せの価値観=幸せのコップを見つけて、それを人と分かち合って、
お祭りみたいになったら楽しい世界だなという思いに共感し、トウィンクルスター養成講座に参加しました。
今まで汚点だと思っていた過去と向き合うことで、過去の解釈も変わりました。


今までずっと母の思いに苦しんできましたが、
母は私に願いを込めてくれていたことに気づきました。


自分へのコンプレックスがなくなることで、自然と笑顔で過ごせることが増え、
私は、人と笑顔を分かち合うことで魂が喜び、幸せを感じることに気づきました。


そこで見つかった私のミッションは、
『自分をそして相手を認め合うことで、
笑顔溢れる幸せな人生を、自分の力で切り拓いていく人をサポートすること』
です。


『安心・安全・ポジティブな場』は不完全な部分があっても、ありのままの自分で良い安心感や、
ネガティブになってもそれを応援しあえる場所です。


他人に振り回されながら、他人にそして自分に向き合うことをしなかったコンプレックスだらけの私は、
自分の幸せのコップを見つけ、凹凸を認め合いながら、幸せのコップを分かち合いたいと思っています。
他人の評価が気になったり、自分の弱い部分やコンプレックスに向き合えない、
自分の過去は汚点だ・・・
そういう思いを抱えた人たちに、これからの人生で出会いたいです。


そして、自分の内面に向き合うという幸せな人生の第1歩を踏み出せるよう、
『安心・安全・ポジティブな場』を作って、皆様にお会いできることを心待ちにしています。

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2017年07月30日
11:30〜15:30 (4時間)
茨城県
受付中
2017年08月06日
11:30〜15:30 (4時間)
茨城県
受付中
2017年08月11日
11:00〜15:00 (4時間)
東京都
受付中
2017年08月22日
11:30〜15:30 (4時間)
茨城県
受付中
2017年08月27日
11:30〜15:30 (4時間)
茨城県
受付中