HOME  >   LMC認定講師一覧  >   もりた ゆうこ

私は、子どもが大嫌い!でした。
子どもなんて、わがままで勝手で、ギャーギャーうるさいし
都合のいい時だけ泣いて甘えて・・・
好き勝手やって、それなのに可愛がられて・・・
子どもを見るだけでイライラ。

 

そんな私が、子どもが大好きになり、死んでもやらない!と言っていた保育士になっているのだから(笑)。
本当に人生は何が起こるかわからない。だから、おもしろい!

 

私のライフミッションは
『子どものように無邪気に、自分の気持ちに素直に正直に生きる』なんだよ。
と、子どもたちから教えてもらった大きな【3つのきっかけ】があります。

 

 

まず初めに・・・

「子どもが大嫌い!」から「大好き!」に変わった1つ目の大きなきっかけは、大学時代に行ったアメリカでのホームステイで出会った4歳と8歳の子どもたちでした。

 

当時も全盛期で子どもが大嫌いだった私は、子どもが二人いるホストファミリーだと知り「ああ、最悪・・・外国の子どもなんてきっとマセているから、日本人だからってバカにされていじめられるんだろうなぁ~・・・」と、変な偏見と固定観念のかたまりで、歪んだ見方しかできませんでした。

 

ところが、二人の子どもたちはすごく純粋で人懐こくて。偏見どころか何の壁もなく「遊ぼう♪」とすぐになついてくれました。
気がつけば子どもたちと居るのが楽しくて安らいで、毎日子どもたちと遊んでいました。初めてのホームステイで、上手く英語でコミュニケーションをとれない私を子どもたちが救ってくれました。

 

ホストファミリーもやさしくて素敵な人たちでしたが「大人相手だとちゃんとした英語で話さないと」と無意識のうちに思い込んでいて、思っていることを上手く伝えられなかったり。構えてしまって緊張して、もがけばもがくほど英語はでなくなり、しんどくなってきました。

 

でも子どもたちはそんなことお構いなしです!
ドンドン話しかけてくるし、こっちが身構える前からすでに私のテリトリー内にいて。大人相手のようにちゃんとしなくても、英語ができなくても、自分をよく見せようと見栄をはってかっこつけなくても — 私のところに来て、私と一緒に遊んでくれる子どもたち。


純粋に「私」という人間をみてくれている。
なんて愛しいんだろう。
どれだけ私を救ってくれただろう。
子どもってすごい・・・。
私は子どもに対する考えが一変しました。

 

アメリカでのホームステイで子どもたちがすっかり大好きになった私は「なんだ、もっと自由にすればいいんだ。やりたいようにやったらいいんだ。私は今までなんて狭い世界にいたんだろう!」
—○○しなきゃいけない!
—△△してはダメ!
—□□なんてできない!
と、自分が勝手に思い込んで決めつけて、本当に自分がやりたいことを自分で抑えつけて。我慢して諦めて【やらないほうがいい理由】を作って、無理やり自分を納得させていたことに気づきました。

 

本当に大切なのは
”自分の中にいる子どものように
何の偏見も壁も枠もない純粋な気持ち”
 なのだと
子どもたちに教えてもらいました。

 

 

2つ目の大きなきっかけは、娘の誕生です。

 

当時の私には、なぜか
「自分が好きだからと言って、
子どもに自分の好きを押し付けてはいけない!」
そんな強い思い込みがあり、私自身が大好きだった英語と海外を一切閉じ込めてしまいました。

 

子どもと英語が大好きだった私は、娘を出産する半年前まで
インターナショナルプリスクール(英語保育園)で働いていたのですが
「娘には絶対に英語では話しかけないぞ!」と決め込んでいました。「娘には娘の好きなものがある。だから私の「大好き」は、私だけで楽しめばいい。」と思っていました。

 

ところが・・・私の思いとは反して
(私が隠していたから余計興味をひいたのか・笑)
私が隠していた英語の絵本やCDばかりを引っ張り出してきては「読んで!かけて!」と訴えてきて、教えてもいないのにあっという間にアルファベットも全部読めるようになり(ひらがなは全然読めないのに、なぜかアルファベットはすぐに覚えて)

 

「もしかして・・・娘は英語が好き?」「本人が好きなら・・・やってもいいよね? ―いや、やったらええやん!」と、娘との日常生活に、私の大好きな英語を取り入れたことで、子育てがグン!と楽しくなってきました。

 

世界が一気に拡がり
“ 私、ほんとはコレがやりたかった!” 
心がウキウキ喜んだこと。今でも当時の気持ちが鮮明に蘇るくらい嬉しかったのを覚えています。

 

日本語と英語と両方で子育てするうちに、
同じように子育てをしている仲間にもたくさん出会えるようになり、互いに勇気をもらったり励みになったり刺激を与えあったりして仲間の力に支えられ。大好きなことを子どもと一緒に楽しみながら学び合える毎日が親子の絆にもなっていきました。

 

娘とマレーシアとオーストラリアと2回親子留学にも行き、
娘と一緒に新しい体験をいっぱいすることができました。

 

主人は娘との親子留学に、はじめは反対しなかったけれど、応援もできない様子でした。

 

それでも私は行きたい!やりたい!と自分の本当の気持ちを主人に伝え、主人も思うところを話しました。互いに本音を話し合い、考え方や価値観のちがいを認め合いながら、譲れるところとそうじゃないところを何度も何度も話し合ったんです。

 

一度は「主人を悲しませてまで無理やりにはやりたくない」と諦めましたが、でも主人のせいで「私は私のやりたいことができなかった!やらなかった!」というような妻でいたくない。そんな生き方はしたくない。あとで、やればよかった!と後悔して生きたくない。「誰にどう言われようが、私は私の気持ちに素直に正直に生きていきたい!」と再度主人に伝え、半年がかりで主人からも心から応援してもらって、娘との親子留学に行くことができました。

 

娘との親子留学が【主人とのパートナーシップの絆】をさらに深めてくれました。
「私がやりたいことをすると主人が悲しむ・寂しがらせる」という思い込みがあり、子どもを預けて出かけることにも罪悪感があったのですが、自分の気持ちに素直に正直に行動しているうちに、主人への罪悪感もどんどん減っていきました。

 

素直に私は○○がしたい!
助けてほしい。協力してほしい。
と主人に言えるようになりました。
私が主人に素直に自分の気持ちを言えるようになればなるほど、夫婦の絆も育まれてきました。

 

また、海外の学生さんを自宅でホームステイ受け入れし、日本の文化を伝えながら海外の文化を学び合える国際交流も、家族で一緒に楽しんでいます。私の「大好き」を子どもや主人と家族で一緒に分かち合えることに、すごく喜びと感動を感じています。

 

私の「大好き」を私だけのものにしていたら
こんな喜びも感動も家族の絆も味わえていないのだとしたら・・・
ものすごくもったいない!!

 

娘がまるで、抑え込んでいた私に気づいて
「ママの好きなことをやったらいいよ!」と言ってくれていたんだろうなぁと感じています。

 

 

そして3つ目の大きなきっかけは、息子の誕生です。

 

息子は、今までの私の子育ての○○しなきゃ!
を変えてみようと、0歳から保育園に預け出しました。


娘が生まれてから子育てに専念しすぎていて
「子育てでこんなにグッタリだったら、もう私には保育士なんてできない!もう一生保育士はしない!」と決め込んでいました。

 

ですが・・・息子を保育園に毎日預けるうちに
「やっぱり子どもってかわいいなぁ。また保育士したいなぁ。」という気持ちが戻ってきました。またこんな気持ちになるなんて!自分でもびっくりです。でも気づいてしまったからには・・・またやってみたい!自分の気持ちに素直に正直に生きたい!

 

そして「こんな感じで働きたいなぁ」とイメージしたら、
すぐにイメージ通りのところが見つかり、イメージしてから3日で6年ぶりのインターナショナルプリスクール(英語保育園)での保育士のお仕事を再開しました。

 

息子には『新しいことへチャレンジすることで新たな可能性が開けること』『自分の大好きなこと・やりたいことを素直に正直に行動していると、自分の中にある揺るぎない大好きで大切なもの・自分の情熱に再会できること』を教えてもらいました。
そして『自分の気持ちに素直に正直に生きていれば、一度あきらめた願いや夢も最速で叶うということ』も教えてもらいました。

 

 

今までの私の人生を振り返ってみると
子どもの頃からアメリカにホームステイに行くまでは

「怒られないように、嫌われないように」
「目立たないように、はみ出さないように」

自分の本当の気持ちをかくしたり出さないようにして、人に合わせて生きてきました。
そうしないと、家にも学校にも友達にも仕事にも、どこにも自分のまんまでいられる居場所がなかったから。

 

だから、なぜ私は生きているのかもわからなかったし
生きていることに何の希望もなくて

「ここじゃないどこかに行きたい!」
「自分じゃない誰かになりたい!」

自分を取り巻くすべてが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
なにより自分を抑え込んで自分を出せずにいる自分が一番大嫌いでした。

そして毎日、明日が来ることが怖くてたまらなかった。
「また明日が来て、こんな毎日がこれからも続いていく」
それが恐怖でしかありませんでした。
未来に何の希望も夢もなかった。

 

なぜそうなったか?

 

自分が感じている気持ちを
素直に正直に出していなかった。表現していなかったから。
自分の本当の気持ちを無視するから、自分がどうしたいか?
何がしたいか?がわからなくなり
出す前から、どうせ・・・と自分で勝手に決めつけて諦めて、勝手に絶望してしまう。

 

 

なぜ、私のライフミッションである
『子どものように無邪気に、自分の気持ちに素直に正直に生きる』を生きてこなかったのか?

 

安心・安全・ポジティブな環境がどこにもなかったから。


自分を素直に正直に表現すると、変人扱い。
仲間外れ。嫌われる。怒られる。
傷つくのが怖くて、自分を表現する勇気がなかった。

本当は、誰に受け入れてもらえなくても
傷ついてでも自分を素直に正直に表現したかった。

もし今死んでしまったとしたら 一番後悔することは
自分のやりたいことをやらずに、
人からどう思われるかを気にして嫌われないように・・・と
自分を隠して抑えて、自分にうそをついて
自分の気持ちに正直に生きてこなかったことを悔やむと思う。

今のこの私の人生は、泣いても笑ってもたった一度キリ。
だったら私は、思いっきり笑って泣いて生きていきたい。

 

私はもう、過去の自分のように
自分の気持ちを素直に正直に出さずに、
自分の人生を放棄して、人に合わせた人生を生きて
自分を責めて後悔して生きたくない。

親が・先生が・友達が・主人が・子どもが・子育てが
仕事が・恋愛が・年齢が・○○が・・・と
色んなものに隠れて、自分の気持ちを隠して生きていくのではなく

私は
自分の感覚を信頼して
誰が何と言おうが
好きなものを好きと言いたい。

子どものように無邪気に
自分に素直に正直に生きていきたい。

 

そして、私のビジョンは
『一人ひとりが
色んなものに隠れて隠して閉じ込めている本当の気持ちに気づき
素直に正直に出し合い
堂々と自由に自分を生きる人が増え
互いの夢を応援し合い
笑いと豊かさが渦巻く世界を生み出していきたいです。』

そのために
自分の気持ちを素直に正直に出せる
自由に自己表現できる
安心・安全・ポジティブな場を世界中に作っていきたいです。

 

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2018年02月05日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年02月10日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年02月24日
10:00〜17:00
大阪府
受付中
2018年02月26日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月04日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月06日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月10日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月12日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月17日
11:00〜15:00 (4時間)
大阪府
受付中
2018年03月21日
10:00〜17:00
大阪府
受付中