HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

感謝の余白をもって生きる。

Category : 未分類  Date : 2019年08月08日

ご訪問ありがとうございます♡

ライフミッションサポーター®

鈴木ともみですウインク

 

今日は8月8日!

ライオンズゲートの開く日♡

宇宙から注がれるエネルギーが

とっても多くなる日です^^

 
 

(昼間の太陽も力強い~!そしてなんか飛んでるような…雲の形♡)

 

私はお休みだったのですが

朝からとっても眠くて…

午前中はぐっすりと寝ておりました^^;

 

そうしたら、

たくさんのメッセージが降りてきて。

 

こういう時ってたいてい

やりたいことがたくさんある時であせる

融通のきかない体に

 

なんだろう?この眠気…

私やっぱり体力がないな…

 

と、思ったりしていることが多いのですが^^;

 

たくさんのメッセージを受け取ってみて

体は、必要なものをすべて知っている

と、あらためて感じました。

 

 

そして、たくさん休んでみて。

今年はずっと全力で走ってきたから

だいーぶ疲れていたなぁと。

緊張していたなぁと。

 

特に7月は、これまでの全力疾走に

もう空っぽ!!っていうくらい

エネルギーが尽きてきていて

 

今まであふれてきていた【感謝】

その気持ちが、どこか薄れてきている。

感謝したいのに、しきれていない。

そんな体感がずっとありました。

 

自分の気持ちがなんだか

薄っぺらくなっているようにも

感じていて。

 

それがね、私にとっては

とても不快である、ということに

気づいたんです。

 

 

ひっくり返すと

私は【感謝】を心から感じている

エネルギーが一番心地良い。

ということ。

 

忙しくなって朝から晩まで

予定がびっしりの毎日になると

そのエネルギーからはずれて

心地良くなくなってしまう。

 

毎日に追われて

目の前のことをこなしている

そのことには

生きている意味を感じない。

 

だからこそ

【感謝】をもてるだけの【余白】を

いつも持っていたいと心から思ったのです。

 

 

自分を大切にしたい

目の前のひとを大切にしたい

目の前のものごとを味わいたいから

 

自分が【感謝】のエネルギーを

もてているかどうかを基準に生きていく。

 

 

感謝の余白をもって生きる。

 

 

これが今後の私のテーマになりそうです。

 

ちなみに、エイブラハムの

感情の22段階によると・・・

 

【感謝】のエネルギーは

ポジティブエネルギーの1段階目だそう。

 

エイブラハムの感情の22段階 よりお借りしました)

 

上が良くて下が悪い

ポジティブが良くてネガティブがダメ

ということではありません。

 

自分がどこにいると心地良いか

ただ、それだけなのだと思います。

 

魂からの本音を話したい方

心地良い人生へ一歩ふみだしたい方

自分の魅力を知りたいなという方は

 

自分らしさが輝きだす

メンタリングカード体験セッション

(オンライン・90分3000円)

⇒ ご希望日時に開催♪自分らしさが輝きだすカードコーチングセッション

ぜひ受けてみてくださいね!

 

 

★鈴木ともみブログ

~握りしめた想いを手放して自由になる~ 人生を軽やかにする天使の生き方♪

 

★メルマガ

毎週月曜配信♡メールマガジン

心がほっとするメッセージをお届け中♡

↓ぜひ、こちらからご登録ください虹

心羽ばたく毎日になる♪天使のメルマガ

 

本日もありがとうございました♡

鈴木ともみ

WRITER
鈴木 ともみ 先生  
Tomomi Suzuki

1984年生まれ、おひつじ座のO型。
大阪→神奈川→兵庫県高砂市に在住。
  
「やらなくちゃ」の人生から「やりたい」の人生へ。
握りしめてきた過去・色んな想いを手放して
優しいがんばり屋さんが自由に生きることを応援します。
   
ライフミッションは
「自分の中の光を見つけ、たくさんの愛の中で育んでいく人を増やすこと」
   
だれかに言われた外側の使命ではなく
内なる自分が持っている“光”

あなたがたしかに持っている“光”を見つけ
一緒に育むお手伝いをいたします。

周りへの遠慮や思い込み優先ではなく
あなた自身が心で決めた答えで人生を創っていく。
  
私自身も”天使のように軽やかに人生を送ること”を心がけています。
一緒に羽ばたいていきましょう^^
 
特技:音によるヒーリング(ソウルサウンドライアー、音叉)
   モノや思考、人の流れを整えること
趣味: 幸運を呼ぶお片づけ、写真撮影
家族: バドミントンを愛する夫、本好き8歳息子、愛され上手の5歳娘