HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

奇跡のパートナーシップ復活!!【パートナーシップBEFORE→AFTER】

Category : 未分類, トゥインクルスターの活動  Date : 2020年02月20日

こんにちは!
三重県を中心に活動している森岡恵美です。

 

パートナーシップBEFORE→AFTER。
やっと完結です。

夫と向き合う決心をする、運動会の出来事。

 

2019年9月の下旬。
小学校の運動会も、
それはそれは気が重かった・・・。

前の年の運動会は
娘がまだ幼稚園で観覧席にいたから
緩和剤になってくれていたけど、
その娘も1年生。

子どものいない観覧席に夫といるなんて
いたたまれない!

「あ~、なるべく口はききたくないな・・・」

でも、私の両親も見に来るし、
さすがに両親の前で夫を邪険に扱えない。

テントの設置もお願いしないといけないし。
写真も撮ってもらいたい。

 

割り切るしかない。

そう心に決めて運動会へ。

 

有り難いことに、私の両親は
早め早めの行動をするので、
開会式前から来てくれて
夫と二人きりになるのは免れた!

競技が始まり、
「どこにおるか見える?」とか
まあ自然に会話をしていると、
なんとなく夫が嬉しそうにしているのが感じ取れる・・・。

そして、私も家では会話するのも嫌だと思っていたけど、
外にいるとそこまで嫌じゃない、ということに気づく。

「ってことは、心底嫌ってるわけではないのか」

という事実を発見。

 

最初は気が重かった運動会も
和やかに過ぎていきました。

その帰り道、夫が
「中学校の先輩から話しかけられたんやけど、
部活違ったし、全然その先輩のこと思い出せやんわー。
その先輩、○○(息子の名前)と同じ登校班の子のお父さんっぽいよ。」
と話していて、それを聞いた息子が
「そういえば○○君、なんか知らんけど
お父さん代わったって言っとったわ」
と話してくれて。

それを聞いて、私は
「なんか知らんけど」っていう一言に
その子の複雑な気持ちみたいなものを感じ取って・・・。

 

「私、このまま自分の感情だけで今後を決めたら
息子と娘にもこんな想いをさせてしまうのか」

 

と、我に返ったのです。

 

ちゃんと夫と向き合おう

 

そう決めてから、まずやったことは

夫の観察!!

外ではそんなに嫌じゃないのに、
どうして家だとこんなに嫌だと思うのか、
その原因をまず見つけよう、と思ったのです。

 

向き合うって、私の中では
お互いの意見を話し合う、みたいな
気持ちを伝えないといけないんじゃ・・・
と思って、怖かった。

今までにも、相談した友達に
「えみちゃんの気持ちを伝えてみたら?」
って言われたことがあったのだけど、
本心をすべて話さないといけない、
という謎の思い込みもあり、
「絶対無理!」と拒絶反応を起こしていました。

それに、今まで散々コミュニケーションを取ることを
拒否してたのに、いきなり自分の気持ちを伝えるのは
ハードルが高すぎる!!

 

というわけで、観察スタート!


ダントツ嫌なことは息子と娘に必要以上に怒ること。
大声を出して、言葉遣いも荒くなるのが
たまらなく嫌で嫌で・・・。

でも、この時、今までの自分とは
明らかに違う反応が!!

それは、

夫自身への嫌悪感を感じていない、ということ。

子どもに大声で怒鳴るのは嫌だけど、
だからといって、夫がダメなわけじゃない

と気づいたのです。

 

今までは、
子どもに怒る夫を見るたび
「なんでそんな怒らんでもいいことですぐ怒るんやろ。
ほんとダメな父親やなー。」
と、【怒鳴る行為=ダメな夫】というように
そのまま夫の価値と結びつけていました。

でも、そうじゃなくて
【怒る行為】と【夫自身の価値】は別物、
つまり、
行為とその人の価値を結びつけない!

 

これは、まさに私自身がモニターセッションなど
認定講師の活動をしている中で、
自分自身が体験していたことでした。

私も思うようにモニターセッションにお申し込みがなかったり、
発信していても、反応がなかったり・・・
という状況でした。

以前は「自分ダメだから反応ないんだ・・・」
と自己価値と結びつけていたけれど、
トゥインクルスター養成講座で

「自己価値と結びつけない」

と学び、実践していました。

 

そして、自己価値と結びつけないことが
当たり前のようにできるようになり、
夫のことも価値と結びつけずに
見ることができたのだと思います。

 

「嫌じゃない」と思えたら、
そこから少しずつ会話ができるように。

子どもたちの様子、
パート先であった出来事。

冗談を言い合えるようになり、
パート先を変えようか相談してみたり。

 

そして、会話が増えてきてから2ヶ月経った
2019年11月のこと。
今まで夫にお金を使わせる話をするなんて
怖くてできなかったのですが、
思い切って誕生日のプレゼントをリクエストしてみました!!

めちゃくちゃ勇気がいった・・・

それは、まだ私の誕生日がくる2ヶ月ほど前。
「あのさ~、私の誕生日に何かプレゼントしようかなって
考えてくれとる?」

と、まずは探りを入れて反応を見る(笑)

それほど嫌そうな反応ではなかったので、

「あのな、財布のファスナーのとこが引っかかるようになって。
ちょっと使いにくくなってきたん。
財布をプレゼントしてくれると嬉しいな~♥」

2ヶ月前まで口もききたくないって言ってたんは誰や!!!

ってくらいの変わりよう(笑)

夫は夫で、
「え~、僕が買わなあかんの-」
って言いながら、めっちゃ笑顔(笑)

ちなみに、今までの私なら
冗談でそう言われたとわかってても
「あっそ。じゃあ自分で買うわ!」
って言い返してた。(←意地っ張り)

その後、子どもをお風呂に入れていたら
その間にネットショップで購入してくれて、
リクエストした3日後に商品到着!

「えっ?もう買ってくれたん??
誕生日2ヶ月後やけど」
と聞くと、

「だって、使いにくいって言ってたから
早い方がいいと思って」
とのこと。

あれれ?
私、愛されてるわ~

 

周りから言わせると、
「前からずっと旦那さんは恵美ちゃんのこと大好きだったんだって!」
ということらしいです(汗)

私が、まったく受け取ってませんでしたね。ハイ・・・(反省)

 

夫の子どもたちへの態度もかなり柔らかくなりました。
怒ることはあっても、以前のように感情のまま怒ることは
かなり少なくなりました。

私も子どもへの接し方で気になったことがあると
「もう少し優しく言ってあげてほしい。
怒ったら、その分子どもたちに愛情を伝えてあげてね」
と、夫に話せるようなりました。

あんなに嫌だと思っていた子どもへの態度も、
コミュニケーションを取ることで解決するんだな。

 

また、もうひとつ別のエピソード。

私は早起きが全然ダメな人なのです。(突然のカミングアウト)
夫は朝6:30には仕事に出かけ、
お弁当も作らないといけないのですが、
どうしても!!
6:30過ぎじゃないと私が起きれなくて。

それをいつも夫から
「朝は絶対起きてこやんよな~」
と言われていました。(そりゃそうだ。)

あ、念のため言っておきますが、
ちゃんと起きてお弁当も作っていた時期もあったんですよ!!

前は夫から言われるたびに、
「責められている」
って思っていました。

それが今ではですね、

「もうどんだけ頑張っても早起きは無理!!
その代わり、仕事から帰ってきたら
熱烈歓迎でお迎えするから、それでチャラにして!!」

って言いました(笑)

夫はちょっと(かなり?)不服そうでしたが、
今のところ許してもらっています(笑)

先日、「熱烈さが足りない」って
クレームがきましたけどね!

 

そして、今月に入って始まった
夫からの大量のLINEスタンプ。

毎日笑い合って、
会話をして、ハグをして。

半年前には想像もできなかった
パートナーシップを築いています。

以前は息子も娘も、
夫のことを怖がっている節がありましたが、
今では休みの日に
「お父さん、一緒に遊ぼ~」
と言って、一緒に縄跳びをしたり、
自転車で近所をぐるりと回ってきたり、
夫にも甘えられるようになりました。

もう、あのパートナーシップ暗黒時代には
戻りたくない・・・。

心からそう思います。

これから、お互いの想いをちゃんと伝えあって、
もしズレがあるのなら、どうしていくのか、
お互いどうしたいと思っているのか。
コミュニケーションを取り合っていきたい。

お互いを大切に、丁寧に想い合える関係を
続けていけたらいいな、と思っています。

では、これで
【パートナーシップBEFORE→AFTER】
完結です♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

☆モニターセッション100人チャレンジ☆
メンタリングカードに加えて
2人で夢叶パートナーシップカードも受付け開始します♪
無料体験セッションのお申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S75340537/

WRITER
森岡 恵美 先生  
Emi Morioka

1979年生まれ。みずがめ座 B型。
何よりも自分を好きでいてほしい、というのが私の強い想い。
「どうせ自分なんて・・・」といった思い込み、自分を縛りつけている価値観を手放し、自分らしく幸せに生きる人を増やしたい!
幸せに生きるオトナの姿を見て、子どもたちが希望を持てる社会になるといいな、と思っています。
「諦めなければ、必ず道は拓ける!」そう信じて日々を過ごしています。

好き:B‘z、子どもと遊ぶ、読書、学ぶこと