HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

ひとりで頑張ってしまう夫婦関係からの脱却

Category : 未分類, 体験レポート, ヴィーナスの活動, ヴィーナスまでの道のり  Date : 2020年05月07日

ご訪問ありがとうございます♡

ライフミッションファシリテーター(R)

鈴木ともみです

 

GWが明けましたね!

なんだかお正月みたいな感覚です。

みなさん、このGWどのように

過ごされたでしょうか。

 

お休みの方、ゆっくりできたでしょうか。

お仕事の方、本当にお疲れ様です。

家にいても氣が休まらない方も

いらっしゃったかもしれません。

 

みんなそれぞれ、な状況のなか

みなさんが今日も新しい1日を

迎えられたことが

素晴らしいことだなと感じています。

 

 

わたしはGWはおこもり生活でしたので

家族とゆっくり過ごしていました。

 

普段、家にいてもマイペースなわたし。

もともと個人的なお仕事はオンラインでしているので

あまり変わりないといえばそうなのですが

 

 

それでも、家族に目を向ける時間が増えて

バランスが変わってきたなと感じています。

 

 

そんな我が家、実は

ここ2年ほどちょくちょく離婚話がでていまして

昨年末には離婚届を出して話をするほど

パートナーシップはかなり冷え冷え!

時期をすごしていたんです。

 

 

会話もない

あっても事務的なやりとりのみ

 

話しかけても

「そうですか。」しか言われない

目も合わない

 

 

一時的になんとなく会話があったり

波もあるけれど

そんな時期が結構長くて

 

感謝を伝えたりしても

どこかうわすべりな感じで

【奥の奥でつながっている】

という感覚がなくって。

 

なにか思いつめる状況になるたびに

離婚だ!って話が出るたびに

「愛ってなんなの!?」

って思っていたんですよね。

 

 

ただ一緒に家にいることが愛なのか?

親として二人そろっていることが愛なのか?

 

紙きれ1枚でつながって

一緒の空間にいることに

なんの意味も感じない。

 

かたちだけの夫婦関係って

結婚ってなんなのだろうか、と。

 

なにかあるたびに

「さあ離婚だ!」ってつきつけられるって

脅しじゃない?って思ったのですよね。

 

 

そんな夫婦関係続けていることが

お互いの人生にとって良いとも思えないし

時間がもったいないなーと思って

 

別れましょ!

 

って届け用紙をだして

スッキリさっぱりお伝えしたのですよね。

 

 

ハンコ押すだけ!

すぐできる!

(あとはいーろいろあるけど)

 

そんなにしたいなら、すぐできるよー

と、いう状況。

 

でももし。

しないって決めるなら・・・

 

わたしたちに必要なのは

なにかあったらすぐ「別れる」という結論に

直結させるのではなくて

 

「話し合う」

「協力して解決する」

 

ってことじゃないかなと思う。

と、お伝えしたのです。

 

もちろん向こうが一方的に悪いって

わけじゃなくって

 

わたしにもお子ちゃまなところが

たくさんあって

自分勝手なところがたくさんあって。

 

でももう

「1人でじたばたする」のも

「離婚だ」って言われて振り回されるのも

やだなーと思ったので

 

そうやってわたしも

自分だけでなんとかしようって

背負っていた部分を相手をわかちあって

 

相手にだけ背負わせていたところも

わかち合って

 

「これが、ツライ」

「これ、苦手でやるのがしんどい」

「協力してほしい」

「ここ、手伝ってもらえない?」

 

本音を素直に伝えあって

一緒にやっていくことが必要と思って。

 

(夫は言葉にするのが苦手という意識が強くて

自分に我慢を強いることをしやすい人です。

そして男性だけに、弱音を吐いたりするのが苦手)

 

だって、長い目で見て

この状況がずっと続くと思ったら

しんどすぎるもの!!

 

そして相手ありきのこと。

「わたし一人で」改善できるものでもない。

 

一緒にやろう、と伝えることはできても

やるかどうかは相手次第。

 

他人はコントロールできないから。

 

というわけで

わたしはどんな結果になろうとも

自分の人生を幸せに生きます!!

と覚悟をきめて

 

夫にボールをゆだねたわけです。

 

そして夫が決めたのは

 

もういちど、一緒にやってみる、ということでした。

 

そう決めたからといって

すぐに全部ぜんぶが変わるかって

そうでもない

です。

 

お互い持っている性質や

これまでのやり方のクセとか

いろいろあります。

 

学んでいることも違うからね。

 

でも、すれ違いがあるたびに

主張しあうのではなくて

話し合う、ということを繰り返して

 

確実に家庭の中にひびく

周波数が変わってきているのを

肌で感じています。

 

 

このGWの5月5日

実は結婚10周年の日でした。

 

昨年の話合いのとき

それなら別れましょう!と

スッパリ手続きを進めていたら

 

3月には離婚しているはずでした。

 

 

あれよあれよと

世の中の情勢が変わり

 

家にいよう!ステイホーム!

内側を見直そう!

という流れがあらわれて

 

今、とても穏やかに

この5月5日が迎えられて

 

「10周年だね」

「いろいろあったね」

 

と、話しながら

笑顔で過ごせていることに

とても感慨深く感じます。

 

 

去年の状況のまま

ステイホーム!になっていたとしたら…

ピリピリイライラが充満していたかもしれず

 

その苦痛は計り知れないだろうし

想像するとおそろしい。

 

 

ここに至るまでのすれ違い期間は

とてもとても苦しくて大変だったけれど

やっぱり自分がどう決めるか。

 

どうなろうとも「幸せに生きる!!」と

まず自分自身の人生を

自らの手で幸せにすることを決める。

 

 

リードマイセルフ。

 

 

そして、その上で

誰かと手をつなぎ協力する。

 

このあり方が本当に大切なのだと

身をもって感じています。

 

それは

どんな状況になろうとも

自分が自分を幸せにする!!って

なかなか決めているようで

決めきれていなかったのだと思うし

 

パートナーシップ(相手ありき)と

頭では理解していたし

一部分ではできていたけど

 

やっぱり「ここはわたしが!」とか

「一人で!やらなくちゃ!」とか

自分一人で、という部分を握りしめていたし

 

バランスが悪くなっていたところを

手放して楽になるように

状況が後押ししてくれたのだなぁ

と、今は、思う。

(当時はツラすぎた!)

 

 

きっとこの流れにあるメッセージは

 

ひとりでがんばらなくていいよ

 

ってことなんだと思う。

 

今まで受け入れられなかった部分

どうしても自分でやろうとしちゃう部分

 

そんなところにも

あたたかな愛(天意・神意)が

流れていくように。

 

 

どんな状況も

よくなるために起きる。

 

とはいえ

渦中にいるときはいつも苦しい。

 

けれど、

これだけ短期間の間に

世界がガラッと変わってしまうように

世界の歴史がうつりかわってきたように

 

同じ状況が続くことは決してないから。

 

辛かったら、だれかの手を借りてみよう。

だれかと協力してみよう。

 

 

その先にある

変化と心地よさを信じながら

 

希望をもって

毎日新しい朝を楽しんで

生きていけたらいいね。

 

今日も素敵な1日を。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★もうそろそろ自分らしく生きたい

★やりたいことにチャレンジしたい

★モヤモヤした気持ちを言葉にしたい

 

氣持ちと思考の整理をして

新しいステージへのヒントを

見つけてみたい方は

 

一緒にあなたの内側をホリホリ♪

 

本当の望みに氣づく

メンタリングカード体験セッション

(オンライン・90分5000円)

 

ぜひ受けてみてくださいね^^

 

モヤモヤからすっきり晴れて

次へ一歩を踏み出していきましょう!

 

本当の望みに氣づく!

メンタリングカード体験セッション

(オンライン・90分5000円)

 

★お申し込みはコチラから

⇒ ご希望日時に開催♪本当の望みに氣づく!カードコーチングセッション

 

⇒ 日時限定のお得な限定セッションもあります!

 
★5/11【おひとり限定】本当の望みに気づける メンタリングカード体験セッション

https://lmc-japan.com/taiken/tomomi_suzuki-taiken-2-3

————————-

★鈴木ともみブログ

~握りしめた想いを手放して自由になる~ 人生をかろやかにする天使の生き方

 

★メルマガ

何をしても満たされなかったわたしが見つけた幸せが循環する7の氣づき

\7日間、毎日1通ずつメッセージが届きます/

 

心羽ばたく毎日になる♪天使のメルマガ

\心がほっとするメッセージを氣まぐれ配信中♡/

 

 

本日もありがとうございました♡

鈴木ともみ

WRITER
鈴木 ともみ 先生  
Tomomi Suzuki

1984年生まれ、おひつじ座のO型。
大阪→神奈川→兵庫県高砂市在住。2児の母。
  
「価値のない自分に生きている意味なんてない」
「消えてしまいたい」
 
自己肯定感ゼロの苦しい生き方、イライラする子育てから抜け出したい一心で、自分の心と向き合ってきました。
 
「やらなくちゃ」の人生から「やりたい」の人生へ。
握りしめてきた過去・色んな想いを手放して、優しいがんばり屋さんが自由に生きることを応援します。
   
ライフミッションは
「自分の中の光を見つけ、たくさんの愛の中で育んでいく人を増やすこと」
   
だれかに言われた外側の使命ではなく、内なる自分が持っている“光”。
あなたがたしかに持っている“光”を見つけ、一緒に育むお手伝いをいたします。
 
 
仕事:音叉ヒーリング講師、ライアー奏者、たまにカメラマン
特技:モノや思考、人の流れを整えること、幸運を呼ぶお片づけ
家族: バドミントンを愛する夫、本好き9歳息子、愛され上手の6歳娘