HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

魂の求める生き方に出逢うまで ~幼少期・家庭編~

Category : 未分類, 体験レポート, トゥインクルスターの活動, ヴィーナスの活動  Date : 2020年06月29日

ご訪問ありがとうございます♡

ライフミッションファシリテーター(R)

鈴木ともみです

 

 

先日のブログで書いた

苦しかった経験が、味わいを深めてくれた経験に変わる

あらためて書き直した、わたしの人生の歩み。

 

今日から

わたしがライフミッションを生きる

魂の求める生き方に出逢うまで

どんな道をあゆんできたのか

ひとつずつ綴ってまいります。

 

わたしの感じてきたまま

お伝えしていきますので

偏った見方もあることと思います。

 

それもまた

成長の道すじのひとつとして

一緒に進んでいただけたら

うれしく思います^^

 

*************************

 

 

幼少期~家族がバラバラになるまで 

 

わたしは姉と両親の4人家族にうまれました。

 

姉はとても芸術肌で、マイペースなタイプ。

小さい頃は目を離すとすぐにいなくなったり

母はとても手がかかったそう。

 

一方でわたしは

おてんばで氣も強く

きっちりとしていてしっかりものタイプ。

 

姉が同級生にいじめられているところに

割って入って姉を助けたりしていました。

 

(2歳ごろ)

 

そんなわたしに母は

「ともちゃんは手がかからなくて助かる」

と言っていて、

 

わたしは

 

自分の意見をいうよりも

なるべく波風立てずに

まわりに合わせてうまくやること

 

これが一番平和に暮らせる

喜ばれる方法なのだと思っていました。

 

 

思春期にさしかかるころ、

両親の仲はだんだんと

雲行きが怪しくなってきました。

 

もともと趣味にいそしみ、

子育てや家事などほとんどすることのない父。

 

母が熱を出しても

「ぼくのご飯は?」

と聴くような人だったので、

 

母はストレスがたまると

ヒステリックに怒り出すことが多くなりました。

 

 

わたしが

母の機嫌を損ねるようなことを言ってしまうと

姉を呼び、わたしの愚痴をひたすら言う。

 

また、姉が同じように

機嫌を損ねるようなことしてしまうと、

今度はわたしが愚痴を聴き。

 

母の意見に同調して姉を非難しなければ、

私自身がまたヒステリックに怒られるため

保身から母に同調していました。

 

父に対してなにかあった時も同じ。

 

リビングから聞こえてくる母が姉と話す声

わたしの悪口や不満を言っているのが聞こえ

ひとり、部屋で耳をふさいでいた時もありました。

 

やらなければ、自分がやられる。

 

そんないじめみたいな空氣感が恐ろしく

いつ自分がまた怒られるだろうか

だれかを非難しなければならないのか

と、部屋にこもる時間が長くなりました。

 

 

その一方で、家の空氣が重たい分

せめて外では楽しくしよう!と

 

ギターマンドリン部に入っていたので

中高と部活にあけくれました。

 

自分をさらけ出せる仲間たちと

オーケストラで楽器を弾いている

音楽漬けの日々は本当に楽しくて

 

また、普段あまり怒ったり

激しい感情をあらわにすることのない分

音で様々な感情を表現できることが

なによりの発散

に、なっていました。

 

その後、家庭の空氣はどんどんと悪くなり・・・

 

この時期は

母がお酒をあおって倒れて救急車を呼んだり

父が暴れだして家を飛び出して走って逃げたり

本当にいろんなことがありました。

 

そして

高校2年生の時に母が家を出て

父と姉と3人暮らしに。

 

母は父の愚痴をいつも言っていて

それに同調してきたために

 

父とは中学生ごろから

ほとんど会話がなく

どう接してよいのかわからず

 

わたしは父に対して

とてもぶっきらぼうにあたりました。

 

姉もまた

これまでの積み重ねから父と上手くいかず、

姉もしばらくして家から出ていきました。

 

わたしは大学に入って

ヨット同好会に所属して

また外での活動にあけくれました。

 

父はわたしと仲良くしたかったようですが

うまく接することができないまま、数年。

 

大学の卒業間際になって

衝撃の出来事が起こりました。

 

両親の離婚、そして再婚 

 

ある日突然、

数年間別居を続けていた

両親の離婚が成立したと

父から報告を受けました。

 

その翌月になって

見知らぬ名前あての郵便物が

家に届いたのです。

 

父に問いただすと

「再婚した。来月には子どもがうまれる」

と言われました。

 

わたしはあまりの驚きに、

「信じられない!」と、父を責め、なじりました。

 

その結果、父から言われたのは

「ともちゃんが外ばっかり見て

さみしかったんや」

という言葉でした。

 

「わたしのせい」なのか・・・

 

絶望して

そのままわたしは

1か月後に家を出ることにしました。

 

▶▶▶魂の求める生き方に出逢うまで~人生のどん底期~へ続きます

 

 

.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

ライフミッションを見つける
トゥインクルスター養成講座

8月~開講予定

説明会開催中です!
オンラインで参加できます★

こちらから日程をお選びください

 

.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

★もうそろそろ自分らしく生きたい

★やりたいことにチャレンジしたい

★モヤモヤした気持ちを言葉にしたい

 

氣持ちと思考の整理をして

新しいステージへのヒントを

見つけてみたい方は

 

一緒にあなたの内側をホリホリ♪

 

本当の望みに氣づく

メンタリングカード体験セッション

(オンライン・90分5000円)

 

ぜひ受けてみてくださいね^^

 

モヤモヤからすっきり晴れて

次へ一歩を踏み出していきましょう!

 

本当の望みに氣づく!

メンタリングカード体験セッション

(オンライン・90分5000円)

 

★お申し込みはコチラから

⇒ ご希望日時に開催♪本当の望みに氣づく!カードコーチングセッション

 

.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

★鈴木ともみブログ

~握りしめた想いを手放して自由になる~ 人生をかろやかにする天使の生き方

 

★メルマガ

何をしても満たされなかったわたしが見つけた幸せが循環する7の氣づき

\7日間、毎日1通ずつメッセージが届きます/

 

心羽ばたく毎日になる♪天使のメルマガ

\心がほっとするメッセージを氣まぐれ配信中♡/

 

 

本日もありがとうございました♡

鈴木ともみ

WRITER
鈴木 ともみ 先生  
Tomomi Suzuki

1984年生まれ、おひつじ座のO型。
大阪→神奈川→兵庫県高砂市在住。2児の母。
  
「価値のない自分に生きている意味なんてない」
「消えてしまいたい」
 
自己肯定感ゼロの苦しい生き方、イライラする子育てから抜け出したい一心で、自分の心と向き合ってきました。
 
「やらなくちゃ」の人生から「やりたい」の人生へ。
握りしめてきた過去・色んな想いを手放して、優しいがんばり屋さんが自由に生きることを応援します。
   

ライフミッションは
「自分の魂とつながり、内側からわき上がる愛のエネルギーを放って生きる人をふやすこと」

ヴィジョンは
「人と人が上下なく、お互いを思いやり​手をつなぎあえる。
だれもが魂の喜びから人生を​つくりだしていける世の中にする​」
   

だれかに言われた外側の使命ではなく、内なる自分が持っている情熱の源泉をみつけ
本来の輝きをはなち生きる人生へのシフトをお手伝いします。
 
 
仕事:音叉ヒーリング講師、ライアー奏者、たまにカメラマン
特技:モノや思考、人の流れを整えること、幸運を呼ぶお片づけ
家族: バドミントンを愛する夫、本好き9歳息子、愛され上手の6歳娘