HOME  >   LMC認定講師一覧  >   小野 はるな


起こることは全て必然でベスト!
今の私は、陰陽両方を受け入れ、
望む人生を創ることを意図して生きれるようになりました。

 

 

しかし、数年前の私は、母のせいにし、自分の陰の部分にダメ出しをして、
変わりたいのに変われない自分に悩みながら生きていました・・・。

 

長女気質の「良い子」の価値観



子供の頃の私は、母のことをお洋服も作ってくれ、誕生会にはケーキも作ってくれる、
ご近所づきあいも良くてママさんバレーもして、
お母さんはすごい!と思っていました。

しかし、寝る時間や宿題で厳しく叱られた思い出もあります。



私は、とても明るく楽しい子供でしたが、
「お母さんの言うことを聞かなくちゃ」「良い子でいなくちゃ」
「わがままを言ってはいけない」と母の顔色を伺う長女でもありました。

そんな長女気質に、小6のときの両親の離婚で拍車がかかり、

「片親だからって絶対にグレない」
「人から後ろ指を指されないようにきちんとしなくちゃ」
「母や人に迷惑をかけてはいけない」
「期待に応えたい」

と、
“母の目”に加え、“社会の目”の目を気にする私が出来上がりました。

(がしかし、当時の本人は全く気付かず)


独身の頃は、「責任感がありちゃんとやる」「人と調和をとれる」
「空気を読み明るくする」「頼みやすい」という部分が、
人間関係や仕事をするのに良い方向へ働きました。


だから、私は自分のことを柔軟性があり、

誰とでもうまく関係をつくれる良い性格だと思っていたのです。

なので、この価値観は正しいと無意識で思い込んでいたのでした。


そんな自分が、まさか自分を責めるようになるなんて思いもよりませんでした・・・。

 

 

人生の岐路における私の選択基準



高校卒業後、国立病院の付属看護学校を選んだのは、

離婚し仕事探しに苦労していた母を見ていたので、
金銭的な負担をかけたくなかったことが大きくありました。



「女も手に職」「人の役に立ち、感謝される仕事がいい」
ということで看護師を選びました。

 

しかし、“願望ではなく条件に合った”ので選んだのでした。



そうは言っても、看護師という職業は私に合っていて、

希望した小児科病棟・NICUで、患児や家族を笑顔にしたい!と言う思いで、
やりがいを感じながら働いていました。



そんな中、結婚し、看護師として働いて7年目に長女が生まれました。

可愛い我が子との生活は、大変ではありましたが幸せなものでした。



育休が明ける頃、生後5ヶ月の娘を抱きながら、
「自分の目でこの子の成長を見ながら育てたい!」と強く思い始めました。



自分の気持ちや条件で悩み考え抜いた私は、

「復帰前提で育休を貰ったのに辞めるなんて勝手すぎると思われはしないか」という

社会人としての目を気にして、復帰することを選んだのです。



自分の望みよりも、
退職を選んだら どう思われるか、という他人や社会の目、
金銭的な不安を避けることを基準に選んでいる私がいました。



心のどこかで後悔している私もいましたが、
そこに蓋をしたのでした・・・。

 

罪悪感を抱えた必死な毎日と自分にダメ出しママ



この時から長女気質の私の側面と、

「母のように、親としてちゃんと育てなくては」と、

自分で自分を苦しめることとなっていきました。



長女が生まれた2年後に次女が生まれ、

1年間の育休をいただいた後フルタイムで復帰しました。



大変でしたが、新しく配置された内科外来で、自分の成長を感じ、患者さんからも感謝されることが増え、嬉しさややりがいもありました。ここでは笑顔の自分でいられました。



でも心のどこかに
いつも子供を二の次にしているような罪悪感がありました。



子供と過ごせる短い時間を楽しみたいのに、

ちゃんと育てなくちゃと時間に追われ焦る私

早く早くと小さな子供たちを急かしてばかりでした。

イライラして八つ当たりして自己嫌悪も多くありました。



時間がないから心のゆとりもないのだ、と、
長女の小学校入学を機に
小児科クリニックのパート看護師になりました。


子供服を手作りするなど母親らしいことを楽しむようになりました。



ところが、宿題の時に「わかんなーい」とやる気を見せなかったり、

「あれ欲しい、これ欲しい」と子供が要求をあらわにすると無性に苛立つのです。



そして「こうした方がいい」と自分の信じた価値観を押し付けてしまうのでした。
そんな自分のダメ出ししながら、変われないもどかしさを感じていました。

 

 

誰にも相談しない私



母親としての自分の在り方に悩みました。

しかし、私は誰にも相談しませんでした。

 

こんな自分は誰にも知られてはいけない、
知られたら軽蔑されて嫌われてしまうと信じ込んでいたのです。


そして、
「ちゃんとしなくちゃ、迷惑かけていはいけない」と
自分の目が自分を見張っていたからです。


だから、1番近くにいた夫にさえ相談できませんでした。



夫は精神的にも大変な仕事をしているので、
家に帰ってきてまで暗い話を聞かせたくない、
心配させたくないと気を使っていたのもありました。


そうして一人で悩みを抱え込んでいきました・・・。

 

 

このままではいけない!!私、変わらなくちゃ!



長女が中3になり、親子にとって初めての受験を迎えたとき、

私は不安で今までより口うるさくなり、
子供たちにウザがられるのが容易に想像できました。




思春期になった子供たちは、
友達もいて部活も頑張り、何の問題も心配もないのに、
母と娘の関係という点で勝手に悩み、思ったのです。



「今の私のままじゃ、親子関係がダメになってしまう!

何かあった時に相談してもらえなくなる!!

まずい!私が変わらなきゃ!!!」



今までとは明らかに違う焦り、強い決意と覚悟が生まれたのです。

紛れもない私の本音でした。


 

初めて悩みを話せた日



そんな時に見つけた清水知佳さんのブログを読んで、

「変われるかも!」という直感を信じ、初めてセッションを受けました。



このとき私は初めて
母親としてダメだと悩んでいる自分のことを人に話したのです。



子育てを楽しみたいのに、

ガミガミ怒る自分には母性や愛がないのではないかと、

長女が生後5ヶ月の時に、自分の本音に蓋をしたあの時から、
本気で思い込んでいたのです。



14年もの間、一人で抱え込んでいたということを、

初めて自分でも自覚したのでした。



静かにうんうんと聴いていた知佳さんは言ってくれました。


「はるなさんは愛がたっぷりの人ですよ。

そうでなければ看護師という職業を選びませんよ。
今のはるなさんに必要なのは、まず自分に愛を注ぐことかもしれませんね。」



その言葉をもらった時、子どもをちゃんと育てなくちゃ!と
口うるさくなったのは「愛」だったんだ。私に愛がなかったわけではなかった。
ただ、愛の伝え方が違ったんだ・・


私はやっと母親としての自分を認めることができたのです。

 

 

無我夢中に学ぶ楽しさと私の変化



このセッションをきっかけに、もっと心の仕組みを知りたい!と思った私は、

心理カウンセリング、チャイルドセラピー、カラーセラピー、アートセラピー、
ヒーリングことだま鑑定など、興味の引かれることを無我夢中で学びました。



自分の「知りたい!」という欲求を満たしていくこと。

それは自分に愛を注ぐことでもありました。



学びの中で、母との関係や両親の離婚が私にインナーチャイルドを作ったこと、

娘たちとの関係の中でインナーチャイルドのはるなちゃんが、
イラつく私を作り出していたことがわかり、癒していきました。



その反面、私は娘たちにインナーチャイルドを作ってしまったのでは、

と不安と後悔が渦巻きました。


でも、


「私の魂は、嬉しいことだけでなく、

辛いこと苦しいことも経験したくて、この人生を歩んでいる。

同じように、娘たちも経験し乗り越えるために、私を選んで生まれてきた。

だからきっと大丈夫!娘の人生は娘のもの。
信じて選ぶ道を応援しよう!」


と信じることができたのです。


そう思えたら、これまでの人生や両親に対しても感謝の気持ちが生まれ、

いつの間にか、口うるさくガミガミと理不尽に怒る母から、
娘たちから「ママ、最近楽しそうだね^^」と言われる母になれたのでした。

 

深まる学びを人に役立てたい!25年の看護師人生にピリオド



小児科の看護師として、患児やお母さんに寄り添う看護をして役に立てている実感はありましたし、仕事も好きでした、向いているとも思いました。
人からは天職だとも言われていました。



私自身は高校の時、看護師になりたかったのではなく「条件で選んだ」ので、

心のどこかで「自分の願望ではない」ように感じていました。



でも、当時 私が挙げた

「手に職を持ち、人の役に立ち、感謝される仕事」という条件、

実は、それこそが自分が望む本音の在り方、働く意義だったのではないか!
今にして気付いたのです。



だから25年も看護師を続けていたんだ。

でも、看護師でなくても良いよね・・・。



自分らしさや学びを活かして喜びながら出来る仕事で人の役に立ちたい!!


私のように自分にダメ出しをして苦しんでいるお母さんを笑顔にしたい!

と思い、夫の理解も得て、

25年間続けてきた看護師を辞めました。



全く後悔はありませんでした。

目の前には可能性が広がっていてワクワクしました!



 

新たな課題



個人事業主となり、カウンセリング、

ことだま鑑定師として仕事を始めた当時の私は、母性丸出しで
「この人の悩みを私がなんとかしてあげなくちゃ」と思っていました。



でも看護師の実績は25年もあるけれど、
個人での仕事の実績がないので自信もない


頭の中では、クライアントさんのための色々な構想が浮かぶのに、

ビジネスとしてやっていく上で必要なことをコツコツやることができないのです。


自分一人の力では無理だと、ブログコンサルを受けても成果は出ませんでした。



途方にくれる思いがしましたが、

不思議なことに全く諦めるつもりはなく、

目の前に来てくださったクライアントさんには全力で持ち得るすべてを出し、
笑顔になって帰られるのが嬉しくて喜びでした。



看護師は病院から給料を受け取り、

患者さんから直接お金を受け取らないためか、
人のお悩みでお金をいただくことに抵抗もありました。
その為、望む収入には至りません。



見守ってくれていた夫との間で、このまま趣味のようなビジネスをしていては、
望む人生を送るのは無理だと気づく凹む出来事がありました。




その時は落ち込みましたが、
そのおかげで私は真剣にビジネスに取り組む!と決めることができたのです。

 

 

LMC協会との出会い



ずっとメルマガを読んでいたLMC協会代表の叶理恵さんの

ビジネスグループコンサルを受ける機会を得ました。
そこで分かった私が動けない理由。それは・・・


私がこれをやらないで誰がやる!というような湧き上がる情熱
つまり「情熱の源泉」を掘り当てていないからだったのです!


私は「自分のミッションはこれだろう」という大枠はありましたが、
確信できずにもどかしく思っていました。



そんな時、私の恩人である清水知佳さんがLMCの講座を受け変化していく姿を目の当たりにしました。私はそこに可能性を感じ、トゥインクルスター養成講座を受けることに決めたのです。



そのカリキュラムの中で、


自分の人生を内面ホリホリしながら過去と向き合っている時、
「不安・危険・ネガティブな環境」が鬱やいじめ、虐待を作り、

職場や学校、家庭でそれらが連鎖している

「心の氷河期を迎えている日本」の現状をデータで知りました。


私は、程度の差こそあれ14年も負の連鎖に中にいたのだと自覚しました。


それに気づいた時、込み上げてくるものがありました。



自分にダメ出しをして悩み苦しむ心の風邪をひいている人が日本中にいる。



私も同じだった。

その気持ちをわかる私だからこそ、
その人たちを笑顔にしたいんだ・・・。

気づいてしまった・・・これが私の情熱の源泉です。


講座中にも関わらず涙がとめどもなく流れました。



私の人生の母や娘との関係、一連の出来事、興味をもって学んだ学びの数々が、
点と点が繋がり線になったような気がしました。

 


私の大きな間違いは、

母の子育てをロールモデルとして“無意識に”取り入れていたことです。
母と比べて、自分はできていないと感じつつ、
母のようにはしたくないと思っていた部分をやっていたのです。




そんな自分にダメ出しするのではなく、
「どうしたいのか」自分に問いかけ、

もう一歩進んで自分の本音と向き合えば良かったのです。ただそれだけ。



ネガティブな自分や出来事は、決して悪いことではない。

陰陽両方とも愛するに値する自分であり、人であるということ。

それに気づけた時、自分を許し、母を許し「心に平安」が訪れました。

 

そんな私が見つけたライフミッションは、

かつての私のように、自分の本音に気付かぬまま選択し、
自分にダメ出しし生きづらさを感じている人が

————————————————————

本心から望む在り方・生き方を見つけ、
陰陽両方の自分を愛し、自分らしく成幸人生を創っていける
笑顔の日本人を増やすこと
————————————————————

です。


「どう生きたいのか」「本当はどうしたいのか」「どんな子育てをしたいのか」

自分の本音に気づくことは、本当に大事です。


その為には、どんな自分を出しても大丈夫な
「安心・安全・ポジティブな場」を
日本に増やしていくことが必須です。



「一人で悩んでいたあの頃の私に、メンタリングカードをしてあげたい。」


そうすれば、母親としての自分にあんなにダメ出しなんてしなかったでしょう。


私は14年も費やしてしまいました(苦笑)


今は、だからこそLMC協会と出会えたと思いますが、
あなたにはさっさと幸せになってほしい♡
だから私はLMCの1Day講座を開催しています。



そして、ライフミッションを見つけつつ、

安心・安全・ポジティブな場を作って行く人を増やす仲間を作るために、
トウィンクルスター養成講座を開講できるようになる為に進みます!


一緒に笑顔あふれる元気な日本にしましょう!

 

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2018年12月17日
10:00〜14:00
東京都
駅から徒歩3分の素敵なサロン・ZOOM受講も可能です
受付中
2018年12月20日
13:00〜17:00(4時間)
東京都
オンライン可・2018年開講の東京2期・3期の講座説明会
受付中
2018年12月20日
10:00〜14:00 (4時間)
オンライン
問題解決・人間関係・強み発揮・自分らしい人生のコーチング
受付中

体験セッション・内面ホリホリカフェ

詳細 開催地 講師 講座名 開催日 料金
詳 細 [東京都] 小野 はるな 先生 【平日残席1名】2018年をやりきった♪にする3カ月連続ホリカフェ@西東京
10月29日、11月30日、12月26日
有料
詳 細 [東京都] 小野 はるな 先生 【土曜日】2018年をやりきった♪にする3カ月連続ホリカフェ@西東京
10月27日、11月24日、12月15日
有料