HOME  >   LMC認定講師一覧  >   いいむれ まさみ

私のライフミッションは「自ら学ぶ力を身につける子どもを増やす」こと。

 

こんにちは!いいむれ まさみ です。
大阪で、ジュニア専門のテニスコーチをしながら、ライフミッションサポーター®として、活動しています。

 

私のライフミッションは 『子どもたちが、周りの人たちと、本質的でクリアなコミュニケーションをすることで、自ら学ぶ力、生きていく力を身につけている子どもたちを増やすこと』です。

なぜ、このライフミッションをかかげるに至ったのか?私のライフミッション・ストーリーをお読みください。

 

 

 

テニス中心の生活

 

私は5歳の時、マルチナ・ナブラチロワというプロテニスプレイヤーの試合をテレビで見ました。
かっこいいと思い、私もこうなりたいと思いました。

小学5年生でテニスを始め、夢中になり、テニス中心の生活 が始まります。

私は、素敵なコーチや先生がたのおかげで、小学校、中学校、高校、そして専門学校でテニスを続け、その後、大きなテニススクールに就職することができました。
好きなテニスで仕事をし、そして働くうちに、子どもたちを教えることにやりがいを感じ、ジュニアだけを教えたいと思うようになります。

 

 

 

 

悲しみの別れ

 

そして、テニスコーチとして働き出した20歳の頃、私の父はガンになり、47歳で亡くなりました。
私は父に対して、一生懸命働いてテニスをさせてくれた事を感謝したのと同時に、私のせいで病気になったと思いました。

父は亡くなる前に、私に言いました。

仕事について
「趣味では、食べていけない。」
「女だから、どうせ結婚するから、テニスをさせている。」と言いました。

私は、本気でテニスコーチになる為に頑張ってきたので、辛かったです。
父の収入を超えていた私は、罪悪感でいっぱいでした。

 

ある時、上司から感情的に「テニスコーチに向いてない」と言われて、半年以上、熱が下がらず入院しました。
退院し、幸せな家庭を築きたいと、学生時代から長く付き合っていた方と1回目の結婚をしました。

そして、仕事を休んでいた私は、テニスコーチとしてメーカーとの契約をもらい、コーチができるようにスクールに再び迎え入れていただきました。
テニスコーチの仕事は順調だったものの、結婚生活では、私は、彼の浮気に気づいてしまい、離婚しました。
その時、彼はテニススクールでの収入や待遇面を、私と比較していたようです。とてもショックでした。

 

私はテニスの仕事がなかったら、父の事も、離婚の事も立ち直れませんでした。

 

 

 

「もう、テニスコーチは、しない。」

 

「私は、テニスの仕事で、人を苦しめる!」
「女は目立つな!」
「敵ばっかり!」
「旦那さんの収入を超えたら、痛い目にあう!」

と思うようになります。

 

その後、テニス業界の男性と2回目の結婚しますが、うまくいきませんでした。
なぜ私は比べられるのか、応援されないのか、悩みました。

そして独りになった私は、違うテニススクールで働くことになりました。
指導力を発揮し、ふたたび、天職だと思える毎日を過ごしていました。

ですが突然、ささいな事でクビになりました。
お客さまが増えて、収入も増えていくと、テニスをする場を失いました。

 

「私はもう、テニスコーチはしない。」と決めました。

 

 

 

 

自分の努力が成果に

 

一生、独りで生きていくと決めて、フィットネスクラブにアルバイトで入り、一生懸命トレーナーとして働きました。

この会社は、男女問わず、自分の努力が成果につながりました。

安心して働ける喜びを知りました。

 

 

 

「ラブ&ピース」

 

アルバイトとして入ったフィットネスクラブで、入社半年後に社員となり、独りで生きていく場所を手に入れ、もう手放さないと決めました。

人で傷ついたけれど、人に支えられ
人に応援され、良好なパートナーシップの方々に助けられて、ここまで来たことに気づきました。

何もかも失った私が手放さなかったのものは「『ラブ&ピース』という自由な場所を作ること」です。

自由で平和な場所を創り、人と人をつなげていくフィットネストレーナーになりました。

そこで、その世界観に共感してくれた、今の主人と出会い、三度目の結婚をします。
主人は、結婚生活が10年を超えた今も、私の帰る場所を、守ってくれています。

 

 

 

「子どもたちと関わる仕事が、したい!」

 

そしてフィットネスクラブを退職し、
結婚・出産をした私は、子育てが過酷でテニスができなくなり、疲労でやる気の出ない辛い毎日を過ごします。

「またテニスコーチをしたい!」
と思いながら、手に入れるのも、失うのも怖くて、テニスをプレイすることさえも、できませんでした。

このままではダメだと思い、高級フィットネスクラブでトレーナーとして働きました。
そこで、ある奥様に言われます。

「子どもがいるなら、ここで働いている場合じゃないわよ。一人の人間を育てることは、すごく価値があり、立派なことよ。


その言葉が胸に刺さりました。
その後、1ヵ月研修で行った、ベビースイミングでアシスタントで働くことになったのですが、赤ちゃんのキラキラした成長がまぶしく、


子どもたちと関わる仕事 が、やっぱりしたい!」と思い、息子を普通の保育園から、スポーツ幼稚園に転園させることにしました。

 

 

 

ジュニア専門のテニスコーチとして復帰

 

そして毎日
息子をスポーツ幼稚園に送り迎えしながら

スポーツをする子どもたちを見て、私の心は楽しく、自分の子どもではない、他の子どもの成長までもうれしく、喜びでいっぱいでした。

やりたい事を考える日々の中で、
私は頻繁にシンクロニシティが起こりました。

会いたい人に会えたり、新しいことに挑戦するときは、交通事故を見るようになり、怖くて前に進めなくなります。

それが何度も繰り返し起きると、何か意味があるように思い「やっぱり、ジュニアのテニスコーチがしたいんだ!」と再確認できました。

そして、近所のテニスクラブから依頼があり、ジュニア専門のテニスコーチとして復帰 することができました。

 

 

 

ライフミッションコーチ協会との出会い

 

叶さんから、夫婦でパートナーシップ1Day講座を受けました。

すると、叶さんを知れば知るほど
安心・安全・ポジティブな場やフィロソフィーが、私の守ってきた「ラブ&ピース」と似ていることがわかり、すごくうれしく、自信になりました。

ひとりじゃない、と思えました。

叶さんが、私の目指すリーダー像になり、ここで学びたいと思いました。

 

 

 

ライフミッション=何があってもあきらめない理由

 

私は、  心の平安と安心・安全・ポジティブな場づくり を、テニスコート以外でもつくりたいです。

また、「LMC子ども用キッズメンタリングカード」で、子どもたちが様々な家庭環境でも、自分のやりたいことに気づき、自分の力で可能性を開いていけるコミュニケーションが取れるようサポートがしたいと思いました。

そして、「2人で夢叶♪LMCパートナーシップカード」で、安心・安全・ポジティブな家庭を作る人を増やしていきたいです。

 

人と人をつなげている、
コミュニケーションにおける
心のパイプの詰まりを取り、

クリアなやりとりができること、
魂の交換のようなコミュニケーションができることを、私は知っています。

それがある場所が「ラブ&ピース」「安心・安全・ポジティブな場」です。

それは、1番幸福度の高い、
心の平安があるコミュニケーションのある場所。

愛のある場所を作り、
クリアなコミュニケーションが取れるように、解決していきたい!
感情を丁寧に扱える貴重な人間になりたい!

と思いました。

 

私のライフミッションは、

『 子どもたちが、周りの人たちと
 本質的でクリアなコミュニケーションをすることで、自ら学ぶ力、生きていく力を身につけている子どもたちを増やすこと』
です。

 

自分の怖さの中に
自分の大事にしている気持ちが隠れていることを知ったので、怖さという感情を丁寧に取り扱っています。

これが、私がライフミッションサポーターである理由です。

ぜひ私の1Day講座を受け、
コーチングカードを手にして、

あなたのお子さんが自ら可能性を開き、
パートナーと「ラブ&ピース」な関係を創って2人で夢を叶えていってくださると、とてもうれしいです。

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2018年12月18日
10:00〜14:00 (4時間)
大阪府
受付中

体験セッション・内面ホリホリカフェ

詳細 開催地 講師 講座名 開催日 料金
詳 細 [大阪府] いいむれ まさみ 先生 【5名様限定10/12迄】自分の気持ちに気づいて自ら行動してしまうコーチングセッション
平日、土日(ご希望日時を教えてください)
無料
詳 細 [大阪府] いいむれ まさみ 先生 【10名様限定11/23迄】自分の気持ちに気づいて自ら行動してしまうコーチングセッション
平日、土日(ご希望日時を教えてください)
無料
詳 細 [大阪府] いいむれ まさみ 先生 【8名様限定12/15迄】自分の気持ちに気づいて自ら行動してしまうコーチングセッション
平日、土日(ご希望日時を教えてください)
無料