HOME  >   LMC認定講師一覧  >   優月 さな

 

『自分の人生を切り拓く人の笑顔に貢献する』
これが私のライフミッションです。

でも、トゥインクルスター養成講座受講前は、
自分が笑顔でいることすらできなかったのです。

そして、笑顔になれないことに向き合わず、
母のせい、職場のせい、と
自分以外のせいにして、他人に振り回されながら
諦めの人生を生きてきました。

 


幼い頃からの誤った価値観で大人になる

幼いころから学級委員。
できるいい子ちゃんでいるのが当たり前でした。

看護師で、看護教員でもある母は、
長女である私を「強い子になりなさい。」と育ててくれました。

何でもできる、強い子にならなくちゃ!
母に認めてもらえるよう頑張らなきゃ!

そんな価値観が私の中で芽生えていました。

『何でもできる強い子』は
他人と比較することでしか成り立ちません。


できる、できないを、比較することで一喜一憂して、
人と向き合うのではなく比較するという視点で生きてきました。


私も母と同じ、看護師で、看護教員です。


看護師になれば認めてもらえる。
看護教員になれば認めてもらえる。

面接や志望動機では、もっともらしい理由を
つけましたが、母に認めてもらいたいという思いから
職業を選択してきたように思います。


看護師になってからも、
何でもできる強い看護師を目指し、
看護学生時代以上に勉強して、
強い自分であるために感情をみせない
看護師になっていました。

経験を積むごとに、
『感情を揺さぶられない、強い看護師でいなきゃ!』
この思いは強くなっていったように思います。

 

患者さんは不安を打ち明けてくれているのに、
強い自分でありたい私は感情を揺さぶられないように、
自分の感情に蓋をして冷静でいることを心がけていたのです。

そして、自分に向き合うことをしなかったので、
人間関係も上手くいかなくなってきました。

 

『何でもできる強い看護師』でいたい私は、
同期を支えあう仲間ではなくライバルだと思っていたからです。


自分の弱さをさらけ出すことなんて、怖くてできないし、
それは、自分に負けたことに等しいと勝手に思い込んでいました。

 

なので、理想の職場を探し、逃げの転職を繰り返しました。

看護師は全国どこでも働けるので、
どこかにうまくいく人間関係があると思っていたんです。
(今思うと、転職の前に自分に向き合えーーー!ですが。。。)

 


看護教員になってからも同じ現象が起こりました。


教員になってからも、他人との比較で生きていた私は、
できない自分に出会いました。


看護師しか経験のない私は、
パソコンのスキル0(ゼロ)で、
授業資料も何も作れなかったのです。。。

 

誤った価値観の結果、とうとううつに・・・

できない自分が許せなくて、
できる自分を作り上げるのに精いっぱいでした。

できる自分を作り上げるために、
他の先生の意見に同調し、すっかり自分を失くしていました。

だって、自分の意見なんて自信がありませんでしたし、
そもそも意見というような意見が出てこなかったのです。

なので、誰かの考えに乗っかってしまった方が簡単で、
安易に乗っかってしまった結果、
振り回されるということを繰り返してきました。

 

色んな先生に同調するために、八方美人的にフラフラ~な自分の意見。
それを見破られ、責められ・・・
聞きたくないという心の現れか、突発性難聴にもなりました。

それでも授業は待ったなし。

お休みも授業準備で、子どもと遊ぶ時間もなく
帰宅後も授業準備で、家族と話す暇もなく
目の前のことをこなすので精いっぱい。

 

できない自分を責めて責めて…追い込んで…
心は悲鳴を上げ、ボロボロになっていました。

それでも、
もっとやらなきゃ間に合わない。
間に合わせなきゃ迷惑をかけてしまう。
そんな思いで涙を流しながら授業準備していました。

今思うと、心の中では、止まりたい。
何もしないで何も考えない時間が欲しい。
そう思っていたのだと思います。

その現れとしてついに、
何も考えられなくなり、
何かをしようとすると涙だけがとめどなく流れました。
結局、布団から出られなくなり仕事も行けなくなりました。
心も体も脳も悲鳴を上げて急停止。

私の全細胞は、すごくすごく休みたかったんだな~って思います。

今思うと、一番の味方の自分さえも
労わってあげられていなかった私の心と体。
ごめんね、私。


そしてLMC協会と出会うのです

しばらく休養して心が動き出したころから、

「私は何のために生きているんだろう?」
「私の幸せってなんだろう?」
「私のやりたいことって本当はなんなのだろう?」
自分への問いかけが自然と始まりました。

ずっと蓋をしたままだった自分の気持ちに
立ち向かうことを始めたのです。
(今思うと、、本当に鬱になってよかったな〜って思うのです)


そんな時に、ライフミッションコーチ協会に出会いました。
出会いのきっかけは、叶理恵さんのメルマガです。
メルマガの中の、
「人生を諦めたまま、この先何年も生きますか?」

という言葉が胸に突き刺さりました。

 

このまま自分が何をしたいのかさえ分からない人生なんて嫌だ!!!
諦めの人生は、もう嫌だ!!!


そして、
「安心・安全・ポジティブな場」というキーワードに
救いを求めてトゥインクルスター養成講座の受講を決めました。

理恵さんにお会いしてもないのに(笑)、
人生を良くする何かを得られるに違いない!と
直感で決めていました。

今は、この直感に従った自分に拍手です。

養成講座の中で、
今まで自分を否定ばかりしていた私は、
初めて自分を認めていいんだっていう気持ちになれ、
人生をつまらないものにしていたのは自分だった
という気づきも得られました。

自分らしく生きよう!と思う反面、
このころの私は空回りもしていました。

なぜかというと、2年連続の1年生の担任という役割で
行き詰まっていたからです。

初めての担任は、何が何だかわからないうちに
全員が2年生に進級できました。


そして、何が何だかわからないのに、
2回目はそれ以上にクラスをよくしなきゃっていう
プレッシャーを自分でかけていたからです。
できるクラスにしなきゃ!って
思っていたのです。

なので、学生に使う言葉も脅しになっていました。
「これをやらなきゃ、看護師になれないよ」というふうに。

今振り返ると、私の言葉や態度が学生を追いつめていたとわかるんですが、
その時は必死すぎて、
どうして私の気持ちは通じないんだろう。
どうして、どんどん成績が下がってやる気が出ないクラスなんだろう。
と、自分の外側に原因を探していたのです。


とにかくクラスを良くしたい一心の私は、
理恵さんの講座運営を、すぐ自分の授業に取り入れました。

結果は言うまでもありません。
それまでの学生たちの授業中の眉間のシワは消え、
安心して笑顔なのです。
成績も見事に急上昇し、
進級を怖がっていた学生たちは、
「2年生が楽しみになってきた」と言うほどに変化しました。

養成講座での学びと、
安心・安全・ポジティブな場という環境。

私の人生に大きな変化をもたらしてくれました。

つまらない人生、諦めの人生って思っていた私が、
ライフミッションを見つけたら、
毎日ライフミッションを生きるのに忙しくて(笑)
他人の評価なんか気にする時間がなくなりました。


トゥインクルスター養成講座卒業後

でも、トゥインクルスター養成講座を卒業後、
ブラックホールのような心の闇が
見えてきたのです。

シングルマザーとして、一人で子育てをする中で
どうしても自分に許可ができないたった一つのこと。

子供の父親のことを、息子に話せなかったのです。

誤った価値観で生きてきた私に、
感謝の心を教えてくれた大切な人です。
(詳しくは、もう一つのライフミッションストーリーとして
そこで学んだ教訓とともにメルマガでお伝えしています)

なのに、ひとり親で生まれる運命にしてしまった。。。
そんな私は許されない。
我慢して生きなきゃいけない。

そんなブラックホールのような闇に出会ったのです。

でも、私には、
人生の宝物であるLMC協会という
「安心・安全・ポジティブな場」があります。

そこで許されない自分を自己開示しました。
正直なところ、これはとっても怖かったです。

軽蔑されるかもしれない。。。
仲間だなんて思ってもらえないかもしれない。。。

声を震わせながら、涙を流しながら
隠しておきたい胸の内を話しました。

 

すると・・・
「大丈夫だよ。幸せになっていいんだよ。」
「話してくれて嬉しい。さなさんがもっと身近に感じるよ。」

想像していなかった言葉が返ってきたのです。(涙)

安心・安全・ポジティブな仲間は、一緒に涙してくれました。

(代表の理恵さんが一番涙してくれて、感動〜)

 

自分の完全なる思い込みが外れた瞬間でした。
ゆっくりでいいから自分を許していい。
新たな気づきがえられ、どんどん人生生きやすくなってきています。

 

そこで見つかった私のライフミッションは、


「笑顔あふれる人生を、自分自身の力で切り拓く人を増やすこと」

そして、私のヴィジョンは、

「どこをみても心からの笑顔が溢れる社会。
 誰もが癒されて、病気にならない世の中」

私は元看護師・看護教員でもあるので、
内面ホリホリと病気の関係がすごく気になるのです^^

病院で働く人が、
自分で自分を癒し、元気だったら…
患者さんはその癒し効果から
病気も早く治るんじゃないかなって思うのです。

はたまた、病気にもならないんじゃないかなって思うのです。

 

そのためには、
批判否定、ジャッジなしの
「安心・安全・ポジティブな場」を広めていくことが必要です。

私みたいにうつになる人を減らしたい!
自分に幸せになる許可を出してもらいたい!

そんな思いで、私は看護教員をしながら
LMC協会の1Day講座を開催しています。

笑顔あふれる人生を一緒に切り拓いて行きましょう!

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2018年08月26日
9:00〜13:00(4時間)
オンライン
茨城1期の説明会です!
受付中
2018年08月26日
10:30〜14:30 (4時間)
福島県
本当の自分で生きるには?
受付中
2018年09月01日
10:00〜14:00 (4時間)
茨城県
本当の自分で生きるには?
受付中
2018年09月09日
10:00〜14:00 (4時間)
東京都
不足を補うのではなく、自分らしさを尖らせて生きませんか?
受付中
2018年09月17日
10:00~17:00(7時間)ランチ込み♡
東京都
5年後のあなたはどうなっていますか?
受付中
2018年09月23日
10:00〜14:00 (4時間)
福島県
本当の自分で生きるには?
受付中

体験セッション・内面ホリホリカフェ

詳細 開催地 講師 講座名 開催日 料金
詳 細 [オンライン] 優月 さな 先生 内面ホリホリ体験セッション
平日・週末どちらでも可(日程はご相談させてください)
無料
詳 細 [茨城県] 優月 さな 先生 強み発掘体験会
7月23日(月)、8月21日(火)
有料