HOME  >   LMC認定講師一覧  >   しながわ ゆうこ

私は⼩さい頃から、⾃分の本当の気持ちを素直に表現出来ませんでした。

 

無⼝で正論しか⾔わない⽗親。
感情を出すのは家族の⾔葉に対してネガティブな反応をする時だけで、声も⼤きく、威厳はありましたが、家族とあまり関わろうとはしない、ちょっと怖い存在でした。

 

⺟親も役割は果たしてくれていましたが、
⼦供たちの気持ちに向き合ってはくれませんでした。

 

⾃⼰中⼼的な性格から意⾒を押し付け、こちらの状況や気持ちは考えていないため当然ぶつかり、私は涙を流すことを繰り返していました。 そのような環境のもと、私は様⼦をうかがい、こんなこと⾔っちゃいけないな、もっと良い⽅法があるんだろうな、これなら納得してくれるかな、そんな気持ちが先⾛り、素直に⾔葉を発せず、⼼の中の⾃分と会話をする⼦になりました。

 

また、⼤⼈の都合を⼀⽅的に押し付けることに、言いようのないモヤモヤを常に感じていました。
私は緊張をゆるめたい気持ちから、ゆるめられる場所を選ぼう選ぼうとしていました。しかし両親の納得のいく場所ではないため、私の意志は否定され、両親が納得のいく道を歩み続けました。

 

こんな私に寄り添ってくれていたのは、
共働きでいた両親にかわり、⻑い時間⼀緒に 過ごしていた祖⽗⺟でした。
弟と4⼈で過ごす時間は、とても⾃由で安⼼出来る時間でした。

 

 


 

いつしか誰も知らない場所に⾏き、
もっと⾃分を出して、楽しく過ごしたい!と⾔う気持ちが強くなり、
⾼校卒業後は進学で家を出られる喜びでいっぱいでした。
⼼からワクワクした気持ち、⾃分が出せる!解放される!そんな気持ちでした。


しかし、
楽しい⽣活は送れても、本当の⾃分は分からず、何をしたいのか何が向いているのか⾒えては来ませんでした。


そのため就職活動もうまくいくはずはありません。
⾃分を変えたい気持ちは持ち続けていたので、
それまでの⽣活とはかけ離れたモデル事務所のレッスン⽣となりました。

 

両親も初めて私の申し出をすんなりと承諾してくれました。
新しい環境、学びも多く、楽しかったのですが、不安定な気持ちは続きました。就職もせず、フリーターで仕送りをもらいながらレッスンに通う⽇々。負い⽬と、表現が苦⼿な⾃分にモデルは向いていない・・このまま東京に居続けるかどうか迷いが出ていた頃、⽗親から今の⽣活を続けることを許してくれる内容の⼿紙が届きました。しかし私の気持ちは裏腹で、⼿紙をもらった瞬間、地元に帰る決意が出来たのです。

 

 

地元に帰ってからは、結局親の紹介で働きました。
それまで先⽣や⼦供嫌いの私でしたが、⼩学校で働いた 5 年間、⼦供達から⽣命のふれ合いを感じさせてもらったことは、感動的でした。しかし24時間先⽣の顔をしていなければならないことにプライ ベートの縛りを感じ、また臨時職員という中途半端な⽴場でいることに納得がいかず、正規の社会⼈になるため仕事を変えました。

 

その頃主⼈と出会いました。
付き合っている間、原因はささいな事でしたが、私の距離をおいた冷静な態度に彼は度々イライラし、感情的に怒りました。私は感情をさら け出す事も、出される事も苦⼿でしたが、⾃分を真逆に捉えられたような⾔葉は耐え切れず、⼈⽣で初めて感情にのせて⾃分の気持ちをぶつけることをしました。その時から今まで、こんな⾃分になってしまったのは彼のせいだと思っていました。本当は穏やかに冷静に話し合いたいのに・・と。

 


しかし、私は⼦供の時から⾃分の気持ちが伝わらない悲しさを抱えていました。そして、思いをぶつけられずにいました。そのまま⼤⼈になり、彼と出会い、彼を両親に⾒⽴てて、やっと思いを吐き出せていた事に気付かされました。

 

今わかることは、素直で優しい愛情や⾔葉がけ、⾃分とゆっくり向き合ってくれることを、⼩さい頃からずっと望んでいたということです。その証拠に、愛を感じるもの(映画や絵画や本)に触れると、いつも涙が⽌まりませんでした。

 

ケンカを繰り返しても、最終的に彼は私の気持ちを受け止める⾔葉を発してくれました。
その後私は人生のハンドルを握るようになり、結婚を決めました。
⾃分の意志で動けたのです。

 

また、結婚を決めたもう一つの⼤きな理由は、
理想の両親に出会うことが出来たからです。

 

私の話しを⼼から聞いてくれ、気持ちに寄り添い、思いやりのある優しい⾔葉をかけてくれる両親でした。能率効率だけではない⾏動が許され、楽しんでいて、会話がありました。驚きと嬉しさで⼼がゆるんでいきました。私の安⼼、安全の場を⾒つけたのです。

 

 

しかし、彼とは結婚後も⼝ゲンカは絶えませんでした。精神的ストレスもあってか、妊娠中には出⾎をし、傷病休暇を取ることになってしまいました。

 

その時間を使い⼼理カウンセラーの資格を取りました。
⼤学の進路先には反対されたけれど、やはり職場でも⼈の話しを聞くことが多かったし、なぜこんなにも人によって心の状態や発言力が違うのか・・に興味を持ち続けていた為です。

 

出産後仕事復帰はせずに、本当は⼦どもと⼀緒にいたかったのですが、 ⽗の意⾒もあり、辞めるタイミングを失い、またカバーしてくれた会社スタッフに恩返しをしなければ・・という思いから復帰をしました。

 

⼆⼈⽬の妊娠中にも主⼈とのトラブルから出⾎、⼊院することとなり仕事を辞めました。出産までの2ヶ⽉間、2 歳の娘とは離れた⽣活を余儀なくされました。その後、 娘の病気が発覚しました。 ⾃分のこと以上にショックとダメージを受けました。毎⽇ステロイド剤を飲ませることへの抵抗感、⾃分の無⼒さ、そうなってしまった責任感から⾃分を責め続けました。

 

そんな時に⾃然療法と再会しました。思えば子供の時、祖母が色々とやって見せてくれていた経験がありました。
⾃然療法は副作⽤もなく、⾝体に負担をかけ ずに働きかけてくれることが⼤きな魅⼒でした。離れていた時間を取り戻したい、病気を私が治す・・そんな⼀⼼で⾊々と試しながら娘に関わる⽇々が続きました。

 

その⼀つがクレイでした。
簡単に使⽤することが出来、娘も私も楽しく過ごせるアイテムとなりました。病院にもお世話になりながら、⾃宅では出来ることをするというスタイルで現在も落ち着いています。

 

主⼈とのケンカも年々少なくなり、
ケンカをしてもすぐに仲直り出来るようになりました。
今は家族4⼈、愛情のある⽣活を送れていると思います。

 


 


⼦どもに負担を強いることは避けたい、
⼦どもと過ごす時間は奪われたくない、充実した時間を過ごしたい。
そんな気持ちからママ起業に興味を持ちました。

 

カウンセラーが本命でしたが、気軽にカウンセラーに⾏く社会でもありません。
カウンセラーの所に⾏くとなると、少し違った⾒⽅があるように感じます。

 

そんな事が頭にあり、お客様に来ていただくきっかけを探していました。
そんな時、安⼼・安全・ ポジティブな場という⾔葉と出会い、メンタリングカードと出会いました。

 

安⼼、安 全、ポジティブな場・・コレだ!と思いました。
私が提供したかったのは、こういう場だ!と正に⾔語化された⾔葉でした。
そして、メンタリングカードは⾃分の本当の気持ちを引き出し、⾔葉に出来る素晴らしいアイテムだと思いました。

 

誰にも本当の気持ちを話すことが出来ないでいる⼈、
また⾃分の幸せのコップで⽣きられず、
本当の気持ちも分からなくなっている⼈達の⾔葉を、カードを使って引き出しながら、⼼から話しを聞き、⾔葉を受けとめ、相⼿を尊重するカウンセラーになりたいと思いました。

 

また、安⼼、安全、ポジティブな場は
⾃分の家族だけに限らないことも伝えて⾏きたいです。

 

⾃⼰治癒⼒を⾼められるクレイとともに、
⼼⾝ともにストレスless!本来の姿で⽣き⽣きと⽣きる⽇本⼈を増やしていきたいです。
そして、 悩んだ時は誰でも気軽に、カウンセラーや LMC協会メンバーに会いにいくことが普通である⽇本になるのが私のビジョンです。

 

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2019年03月26日
10:30〜14:30 (4時間)
栃木県
栃木県:自分をホリホリして自分を磨こう
受付中

体験セッション・内面ホリホリカフェ

詳細 開催地 講師 講座名 開催日 料金
詳 細 [オンライン] [栃木県] しながわ ゆうこ 先生 メンタリングカード体験セッション(オンラインZOOMも可能です)
6/5(火),8(金),20(水),28(木)
無料
詳 細 [オンライン] [栃木県] しながわ ゆうこ 先生 メンタリングカード体験セッション(オンラインZOOMも可能です)
7/2(月),13(金),17(火)
無料
詳 細 [栃木県] しながわ ゆうこ 先生 内面ホリホリ®︎カフェ@栃木
5/15(水)
有料
詳 細 [栃木県] しながわ ゆうこ 先生 内面ホリホリ®︎カフェ@栃木
4/17(水)
有料