HOME  >   LMC認定講師一覧  >   清水 知佳

触れ合いながら、生きて生かされている喜びを分かち合う「ボディワーク(マッサージ)」
大自然の恩恵を受け取っていく「アロマセラピー」
「梵我一如(悟り)」の境地を目的とする実践生命科学である「ヨガ」
そして、ライフミッションコーチ®協会のメンタリングカードをはじめとした「コーチング」

 

自然豊かな場所で、これらを総合的に学べるリトリートセンターをつくる


私は今、そんな大きなビジョンに向かって、
大好きな生徒さんやお客様に囲まれながら、日々、活動しております。


プライベートでは、理解ある優しい旦那様と、6歳と3歳の男の子たちのママでもあります。


・・・こんな感じに自己紹介すると、何だか色んなことが上手くいっている人のように聞こえるかもしれませんね(笑)


でも、ほんの数年前までの私は、今と全然違いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


実家の父は、私が小さい頃から定職に就かず、家にお金も入れないような状態だったので、
私と妹は、看護師である母に育てて貰ったようなものでした。


なので、18歳で九州の佐賀県から声優を目指し単身上京した際も、
2年間の専門学校は、新聞奨学生として毎日の新聞配達をしながら学費と生活費を稼ぎ、自分の力で通いました。


卒業後は、アルバイトをしながらオーディションを受ける生活を4年程続けましたが、中々日の目を見ることもなく・・・


心身共に行き詰まりを感じはじめた頃、ヨガインストラクターをしながら、
自宅でエサレン・ボディワークを行っている女性に出会いました。


初めて受けたボディワークは、赤ちゃんの頃にお母さんに抱っこして貰った時のような、
深い慈しみと安心感に包まれ、とても感動しました。


ただ・・・体の感覚が素直になり、連動して心もオープンになったからでしょうか。


一度目のセッションから次のセッションまでの1ヶ月、
私の中で、ずっと見ないように押さえ込んでいた、寂しさや悲しみの記憶が次々と甦ってきたのです。


そうして迎えた2回目のセッション。
自分が今、とても混乱している事を素直に話しました。 すると、


「もし、今ここに魔法の杖があって何でも願いが叶うとしたら、知佳さんはどんな願い事をしますか?」


と、質問され、その答えを私は考える間もなく


「私は・・私は、お母さんやあなたのように人を癒す仕事をしたい、

そしてお家に帰ったらお父さんもお母さんも妹も、みんな笑ってて、
ただ一緒に美味しくご飯が食べたい」


と、もう最後の方は泣き声で、顔をくしゃくしゃにして答えていたのです。


それは自分でも思ってもみなかった答えでしたし、何よりも


「家族みんなで笑顔で美味しくご飯を食べること」

そんなシンプルな願いを、私はずっとずっと切望していたのだと気付き、熱い涙が溢れてきたのでした。


有名になることでも、すごい人になることでもない、
長い時間が掛かったけれど、やっと、本当の等身大の自分自身と再会できたような気がしました。


そしてひとしきり泣いて私が落ち着いた頃、


「ご両親の為、家族の為にと思って必死でやってきた気持ちはとても良く分かります。


でも、本当の「愛」と言うのは、その人自身の生きる力を信じて、

ただ暖かく見守ってあげる事だと思いますよ。


そして、知佳さんに出来ることは、知佳さんが本当にやりたい事をして、
キラキラ輝いている姿をみせてあげる事だと思いますよ。」


と、伝えて頂き、長い間背負っていた重い荷物がスーッと肩から下りたように感じました。
そして、


「私も、この方のように、私のこの両手で、人の心と体に寄り添ってあげられる人になりたい」


と心から思い、セラピストの道に進むことを決意しました。


その後は、のべ5000人近い人々の体と心に触れながら自分自身の内面の癒しも続け、
いつの日からか、父に対する想いもどんどん癒されていき、
私にとって父は「ただただ、愛しい人」に変容していきました。


そして結婚後は自宅サロンで起業し、2人の子供にも恵まれました。


また起業して3年後には、次男が0歳で保育園に入所したのを機に事業を拡大し、
新たに立川駅前にサロンを構えることになりました。


でも・・・仕事が多忙を極め、子供たちとの時間が思うように取れないジレンマと、
夫とのパートナーシップの危機を感じながらも、向き合う余裕も勇気も持てず仕事に明け暮れる日々が続き・・・


まさにその真っ只中に、父が癌で亡くりました。


魂は永遠だけれど、この体で過ごす時間には必ずリミットがあること

そして、その日は、いつ訪れるかもしれないということ、だからこそ、


【人生と言う限られた時間の中で、本当に大切な人たちとの時間を大切にしなさい】


そして、


【自分自身の気持ちに素直に、魂から求める生き方をしなさい】


と、言うことを、最愛の父が最後のメッセージとして、命を掛けて私に贈ってくれたのだと、今は思います。


そうして、父の死をきっかけに、
「二度と戻ってこない、小さい子供たちとのかけがえのない時間を、今は何よりも大切にしよう」と決心。


仕事も縮小して活動の拠点を地元中心に戻し、念願だったヨガ指導者の養成講座にも通いました。


その後は、個人セッションとヨガレッスンを中心に活動をしておりました。
2016年秋からは、八ヶ岳の大自然に抱かれながら「ヨガリトリート」も開催しております。



ただ、この道を志して12年、かつて夢にまで見た「なりたかった自分」にはなれたのですが・・・
それでもまだ、自分の中にクスぶっている言語化できていない想いがあることに気づきました。


また、生徒さんやお客様の「なりたい自分、在りたい未来」の実現に向けて、
より具体的にサポートできることはないか・・・


そんな模索をしていた頃に、「ライフミッションコーチ®協会」のことを知り、
藁をも掴む思いで門をたたきました。


カリキュラムの中では、心の氷河期を迎えながら超高齢化社会にも突入している
日本の現状を顧みる時間もありました。


そして心の氷河期を迎えている今の日本は、
自分自身の体や心に、安心して向き合える時間と機会も圧倒的に不足しています。


だからこそ「生きている、活かされている」と言う感覚も薄れてしまい、
自分や人の命、心や体を無為に扱ってしまう人が増えてしまっているのではないでしょうか。


そんな日本の未来や、子供たちの将来のために、
「心と体に寄り添う活動」をしているからこそ出来るサポートとは一体何だろう?


その答えを求め、LMC協会で学び続けていく中で、クスぶっていた想いが少しずつ言語化されていきました。
そしてついに!


【心も体も健やかに「自己実現」をしながら、生きて活かされている実感と喜びあふれる生き方
=コンシャス・リビングを、
日本に文化として根付かせていく】

 

と言う、私自身の「ライフミッション」にたどり着くことができました。
 

超高齢化社会に突入している今の日本では、心と体の健康はもちろん、
いかに「自己実現」していくか?は、幸せで充実した人生を過ごすための大きな鍵となります。


「いくつになっても心も体も健康で、充実した人生を過ごしていきたい!」

これは多くの方に共通する心からの願いです。


そして、この願いを叶えるサポーターの需要は、今後ますます高まっていくことでしょう。




心や体に寄り添う何らかの技術や才能をすでに持っているけれど、
それらを活かしきれていない・・・


そんな方々は、


何よりもまず自分自身の情熱の源泉を掘り当て、ライフミッションを見つけて、
その活動を行う明確な理由=「BIG WHY」を、熱量を持って発信し続けることが必要です。


なぜなら、その想いに共鳴・共振した方々がお客様として来てくださるからです!


現に私はライフミッションが見つかり、明確な「BIG WHY」を発信するようになってから、
ますます多くのお客様に足を運んで頂けるようになりました!


あなたの技術や才能を必要としている方々がたくさん待っています!
あなたの情熱と熱量が込められた発信を届けて欲しい方々がたくさん待っています!


まずは、LMCメンタリングカード1Day講座で内面ホリホリしながら
あなたの中に眠る情熱の源泉、熱量を掘り起こしていくことからはじめて参りましょう!


もちろん!


「自己実現」をしながら充実した人生を送っていきたい!


そう願う全ての方々に向けて、私も情熱を込めて講座をお届けしております。
世界にたった一人の大切なあなたのご参加を、心よりお待ちしておりますね!

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2017年07月01日
10:00〜14:00 (4時間)
東京都
受付中
2017年07月02日
10:00〜14:00 (4時間)
東京都
受付中
2017年07月15日(土)
10:00〜14:00 (4時間)
東京都
受付中