HOME  >   LMC認定講師一覧  >   浅羽 由紀

私のライフミッションは

 

 

「子ども時代の傷で自分は愛されない存在だと思いこみ

 

自分の才能や魅力を閉じてしまっている人が

 

自分の心の力を取り戻し、尊厳を取り戻し

 

自分らしく自分のままで愛されていいと許せる人を増やすこと」 

 

 

 

こんにちは♪

ライフミッションコーチ協会認定講師

ピアノ弾き語りで活動している 浅羽由紀 です

 

 

たくさん情報がある中、私の所にたどり着いてくれたあなたへ

 

 

~出逢ってもらえて嬉しいです ありがとう~

 

 

何かご縁あってここであなたと繋がることができていると思っています

 

 

 

 

「過去は自分次第で宝物に変えることができる」

 

「人はいつだって変わることができる」

 

「人は誰もが自分らしく自分のままで 

 

 この世界で自由に表現し輝いて生きていていい」

 

今は毎日このように思いながら

 

楽しく自分の好きなことを仕事にして生きています 

 

 

でもこうなれるまでにずいぶんと時間がかかりました・・・

 

 

 

心の病気だった母との関係で苦しんだ子ども時代

 

そこで身に着けてしまった心の鎧 切り離した弱い自分

 

唯一自分が自由でいれたのはピアノの前にいる時だけ

 

希望と夢を持って出て行った外の世界で出くわしてしまった事件

 

世界にも自分にも絶望し

 

心は閉じ自分の音も言葉も忘れ 

 

無力感と罪悪感でいっぱい

 

人生から引きこもっていた暗黒時代

 

口癖は 「ごめんなさい」 と 「絶対負けない」

 

強くなりたい 強くならなきゃ そう言いながら

 

心はどんどん枯れていった

 

そしていよいよ身体も動かなくなった

 

 

でも私は自分をあきらめたくなかった

 

笑えなくなった自分を

 

あきらめたくなかった

 

もう一度心から笑わせてあげたい

 

あきらめたくなかった

 

愛し愛される経験を

 

 

私は不幸になるために産まれんじゃない

 

そうして始まった自分の力を取り戻す心の旅へ

 

 

 

あれから10年・・・

 

今私は大好きな音楽で全国旅をしながら

 

「心に手をあてられる音楽」をテーマに歌い歩き

 

信頼できる人達に囲まれ

 

毎日心から笑って過ごしています

 

ごはんをおいしいと感じることができて

 

40分おきに目覚めていた不眠症が嘘のように

 

安心して眠れる日々を過ごしています

 

 

 

こんな日々が来るなんて・・・

 

自分を愛し赦し幸せを許せる日々が来るなんて・・・

 

 

夢にも思っていなかった

 

それぐらい昔の私は自分の闇の底に落ちていました

 

うまくいかないことを誰かのせいにしていた

 

 

 

一昨年乳ガンで亡くなった母とは

 

すべての傷みを越えて繋がりを感じ

 

愛を持って天国に贈りだすことができました

 

母との経験からは本当にたくさんのたくさんの宝物をもらいました

 

 

 

~ これから私のライフミッションストーリーをお話します ~

 

 

ここまでお読み頂いて

何か心が反応されているようでしたら

ぜひ、お読み頂けたら嬉しいです(*^^*)

 

 

 

それではどうぞ~

 

 

 

 

 

 

「おまえも母さんのようになるかもしれない」

 

高校生の私に父が言った言葉

 

 

◎小さな時の私は元気ハツラツ!

 

子どもの頃の私は天真爛漫、表現豊かで、

人を笑わせるのが好きな明るい子どもでした

しかし大人になるに連れて、私は母の心の傷と

そして自分自身に起きた出来事で笑えなくなっていきました

 

 

◎母が心の病気発症した思春期

 

私が中学にあがる頃

認知症の祖父の介護を頑張り続け看取ったあたりから

母は統合失調症という病気を発症しました

 

この病気は、周りが自分を陥れると思い込み、常に不安や恐怖を感じ、

被害妄想・ひどいと幻聴・幻覚もある病気でした

職場でもご近所でも常にトラブルを起こし大変でした

周りの大人達の好奇の目 白い目もありました

 

私はそんな母から幼少期より愛情ももらっていましたが

時折圧力を受けていました

 

「あんたなんて産まなきゃよかった!」

 

という言葉は

幼い私が自分を否定し続けるには十分でした

 

 

◎音楽だけが私の自由!夢を持って上京するが・・・

 

心休まる家庭ではありませんでしたが

私が唯一自由を感じられたのがピアノ、音楽!でした

どこにも吐き出せない感情もピアノの前なら自由に出せる

音楽のプロになりたい

こんな家を田舎を離れたい

私は母親のようにはなるものか!

 

両親に無理を言って音大に行き

上京するがさらにそこで事件にあいました

その日は、好きだった人と付き合えた日でした

不運にも強盗にあいました

血まみれの枕 腫れあがった頬 

首にのこった絞め痕

私はそこで一度死にました

自分の魂がボロボロと砕け

自尊心は失い 絶望しました

希望があると思って飛び出した

外の世界にも絶望しました

 

 

でも両親に心配をかけてはいけない

母のストレスになってはいけない

母のケアをしてくれていた父に心配をかけてはいけない

 

強くいるんだ!負けない!と言い聞かせ

弱音も甘えも出さず一生懸命心に鎧をつけて生き続けました

なんとかギリギリ大学も卒業しましたが

自分が夢描いていた生活とは程遠ったです

日々襲われる不安と恐怖 

夜は眠れず 食事もまったくおいしく感じない 

毎晩のように怖い夢ばかり見て 

自分のことをないがしろに扱うクセがついていた私は

一生懸命耐えていました

 

 

「死にたい」

 

この言葉も常に浮かび時折口にしていましたが 

今私が死んでしまったら両親を傷つけてしまう

特に母の心の病気の新たな引き金になってしまうのだけは避けたい

その思いだけでなんとか生き抜かなくてはと自分の心に言い聞かせていました

 

 

◎いよいよ自分が心の病気に・・・

 

大学卒業後は歌の勉強をしながら、

日々の生活のためにOLをしていましたが

そんな状態が続きいよいよストレスから

日常生活を送れないほどの身体に異常が現れました

 

不眠、ひどいめまい、過呼吸、わけもわからず涙が溢れ、

自己否定もひどく、毎日自分に心の中で罵声を浴びせていました

 

当時の彼氏にもひどい当たりようで、パートナーシップはガタガタ

男性不信もあり、自分も母と同じように

子どもに接してしまうのではないかと結婚も避けていました

 

 

「おまえも母さんのようになるかもしれない」 

 

 

 あぁ、私もなってしまったと思いました・・・

 

 

◎身も心もボロボロ 夢も挫折し実家へ・・・

 

もうだめだと頭をさげて、静岡の実家へ戻りました 

音楽の夢もあきらめOLもやめて泣き帰りました 

 

「挫折」 しました

 

もう一人で生きていくことが難しくなったため

休むために戻りましたが

そこに心の平安はありませんでした

心がボロボロなのに、両親に心配をかけてはいけないと

心の叫びを押し殺し毎日ふとんの中で声をひそめて泣く日々を送っていました

安定剤や睡眠薬を飲んでも一向に良くなりませんでした 

それどころか薬による副作用がでてそれを伝えると新たな薬が 

その薬の副作用がでて伝えるとまた薬が増える 

つらいと思いながらも

 

「 薬は根本的な解決にはならないのではないか? 」

 

そう疑問に思い始めました

それと同時に3つの疑問が心の中に常にありました

 

「なぜ母は心の病気になったのか」

 

「なぜあんな犯罪が起きるのか」

 

「なぜ私は今こんなに苦しいのか」

 

 

 

 

◎交流分析士、心の癒しに何が必要か知る

 

日々起きて寝るだけの引きこもりの日々

このままではいけない、何か気晴らしでもなんでもいいからな始めようと

習い事のパンフレットを見ていました 

 

そこで目に止まった資格が・・・

 

「交流分析士」でした

 

コミュニケーションの心理学とあったので

母との一人っ子の私はいずれ母の面倒を見ることになるから

ここで学んでおこうと思い受講したのです

母のために学びはじめたつもりが、自分の心の癒しの学びとなりました

「交流分析」では、幼少期の環境が

自分のコミュニケーションや思考のクセ、

生き方・人生に影響を与えるということを学び

さらにワークでは自分の過去を振り返るということをしていきました

 

自分の生きづらい所は

生まれつきの性格だと思っていたのは

大きな間違いだと気づくのです

 

そして、過去の心の傷はそのままにしてもなくならず

蓋をしてもなくならず

忘れる!切り替える!と言い聞かせてもなくならず

癒していかないかぎり苦しむんだとわかりました

たとえ自分では大丈夫だと思っていても

無意識に傷ついた感情が根っことなり

今の自分の生き方に問題を引き起こしていると知ったのです

 

 

 

■さらにそのタイミングで出逢ったプロデューサーに自身の子育ての経験から心の成長・癒しには愛情が必要だと知っていて、偽らずありのままの自分でも許される場を作ってくれました。彼は時には身体をはってまで、我慢してため込んでいた私の感情の吐き出しをさせてくれた。 否定していた自分と向き合い癒していくことはとても大変だった私は元気になっていった。 ■そして幼少期の母も私と似た環境で育っていたことも知り、私も母もそして事件の犯人もみんな根っこは同じだと気づく。なんらかしらの経験で自分は愛されない存在だと過去の傷みにと囚われ、自分を否定し自分のままで生きることを許せず苦しくなっていただけだと。そんな悪夢から解放されるような癒しはできないだろうか。私は自身の経験を元に歌を作り「心に手をあてられる音楽」をテーマに活動を始め、インディーズながらも音楽で食べていけるまでになった。しかし、音楽でできる癒しは対大勢に向けてのもの、「私に死にたいという言ってくるお客さんもいた」 に具体的に力になれることができないかと模索していた時にLMCに出逢う。

<今後の展望> ■私のライフミッションは、私や母のように幼少期の経験から恐怖や不安を心に押し込め、心に鎧をはめ、自分らしく生きることを我慢しつづけているような女性達の力になりたい!自分の幸せを許せない女性達が、女性としての自尊心や輝きを取り戻し自分らしく幸せに生きていく役に立ちたい!そして自分を愛せない人の力づけをできるようになりたい! 

体験セッション・内面ホリホリカフェ

詳細 開催地 講師 講座名 開催日 料金
詳 細 [オンライン] 浅羽 由紀 先生 <オンライン お家からもOK♪>メンタリングカード無料体験セッション♪~心に手をあてられる時間を~
随時受付 
無料
詳 細 [東京都] 浅羽 由紀 先生 <東京>カードコーチング体験セッション♪~今感じているモヤモヤその答えをあなたの心に聴いてみませんか~
1/26(土)
無料