HOME  >   LMC認定講師一覧  >   アンジェラ ユリー

ハイ、まずこのページを開いたアナタの勇気に拍手します!


「“ユリーアンジェラ”ってなんだ?? いったい何者・・・」

そう感じたあなたの感覚、あながちはずれていません。笑

鍼灸治療家として10代から修行を続け、20代から占い師コーチとして精神性の高い学びを開始。
(このときの占い師ネームが「Angela」、ちなみに「yuRy」は本名から)

24歳からバックパッカーとして海外を10年間 放浪したことと、28歳で離婚を経験し、何度も名前が変わる面倒さを感じた結果

『日本とか世界とかパーソナルとか仕事とか関係なく、私の人生yuRy Angelaで生きよう!』

と腹をくくったのでした。

 

出だしから謎めく正体不明な私のお話に、少しばかり付き合っていただけましたら幸いです(*^^*)

 

 

~私のライフミッションが出来るまで~


ユリーアンジェラのライフミッションは、大別して3つあります。

ココロとカラダの声を聴いて、美しく誇らしい在り方を体現し、生きたいように生きる人を全力で応援すること。

■繊細で信頼性の高い日本鍼灸の魅力を、世界に誇る治療として海外輸出して、世界平和に貢献すること。

■愛したい気持ちを、愛したいだけ、愛せる世界を実現すること。

 

このすべてを語ると
寝ずに1週間はかかってしまうので(笑)、
ここでは『愛したい気持ちを、愛したいだけ、愛せる世界を実現すること。』 にフォーカスを当ててお話します。

(他ふたつについてもご興味を持っていただける場合は、外部ブログをご参照ください
⇒ プロフィールはこちら  https://ameblo.jp/angela8story/entry-12404683942.html

 

 

 

素直になれない高校生の恋


とにかく泣いてばかりだった幼い私は、大人にとって手のかかる子供だったのでしょう。

「この子、素直じゃないわね~」
「もう!ひとりで勝手にしなさいよ!」

大人が投げかける何の気なしの言葉が、私の中にどんどん蓄積されていきました。

高校生当時 片想いしていた男の子は、同じクラスでいつもつるんでいた男友達。
「お前ら仲良いなー!」 と、周囲から冷やかされながら
『あったりまえじゃん、私達ラブラブだからねー!!』と ふたりで茶化しては、その真相に踏み込むことが出来ずにいたある日・・・

試験休み中の体育館でふたりきりになることがあって、そこに通りがかった共通の友達が「お前ら仲良いなー!ひゅー!」 と、声をかけてきたので、
例のごとく 『今日もラブラブよー!ねっ?』 と、男友達にいつものノリで振ったとき、彼が言いました。

「だなー!! ・・・・・・ ほんとに、付き合っちゃうか。」

時が、止まった。

いつもの冗談なの?
まさか本気で言ってるの?わかんない、なんか答えなきゃ。 どうしよう。


実際には数秒の出来事ながら、体感時間はめちゃくちゃ長くて

『・・・今更なぁにー、とっくに付き合ってるじゃんワタシタチ!!』

と、私が返した数日後。
その男友達は部活の女子マネージャーと付き合い始めました。

30代になっても未だに、あの時の言葉が本気だったのか・冗談だったのかわからないけど

あのとき、怖がらずに言葉にしておけば・・・もう遅い。
なんで自分の想いを堂々と信じなかったのか・・・取り返しがつかない。

“素直になれない”ことの大きな後悔が大きくのしかかった高校生の恋は
次に恋愛をするハタチまで、大きく引きずることになります。

 

 

初めての彼氏と大失恋


高校を卒業した私は医療系の専門学校への進学を決め、
国家資格取得を目指す傍らで実践的な手技を学ぶために、治療院でアルバイトをしながら 見習い修行をしていました。

ド素人同然の小娘がデビューして 約1年ほどたった、19歳のある日。
ついに総勢30名ほどいたスタッフの中で、私の患者指名数がトップ5に躍り出る事態が発生。
それは、当時のお師匠さんや役職者の成績をも凌ぐ一大事件でした。

その原動力となったのは、他ならぬ“社内恋愛”。

社内での恋愛というのは、ご法度…とはいかないまでも
周囲には関係性を隠して他のスタッフと同様に接する、というのが一般的ではありますが

あのね…「バレる」んです(^▽^;)
どーーーーやったって「バレる」んです!付き合ってるふたりの空気感なんて!!

私のケースももれなくバレていました。
そして当時の院長が言いました。

『僕個人はね、ふたりが付き合っていようがいまいがどっちでもいいと思っているけど、そこを突っ込んてくる他のスタッフがいることは事実だ。

だから、キミは結果を出せばいいんだよ。 結果で圧倒すればいい。

どれだけ不実だと周囲にささやかれても
貫き通して結果を出せば、それは信実(しんじつ)に変わる日が来るから。』

実はこの院長、不倫ののちに今の奥様と再婚なさった過去を持つ方でした。
囁かれた不実を信実に変えた実績のある人の言葉は、当時の私にはとても大きく響き・・・


私がへこたれれば、
この恋の全てが悪く言われる。
一般的な評価がどうであろうと、私にとって大切なこの恋を汚点にするもんか!
文句を言わせる隙もないくらいに 結果出したる!!

と、ガムシャラに頑張った結果、私は指名数トップ5に躍り出たのです!


しかし、この彼とは
私が彼の成績をも凌ぐ結果を残したことをキッカケにギクシャクし始めて破局、
先の助言をくれた院長をはじめ、院全体の空気をも巻き込む大惨事の大失恋を刻みました・・・。

そんな失恋後のある日、
駅の路肩にある占いのおねーさんに導かれるままに・・・席に座ってみたんですよね。
正直、何をどこまで話したのか・どんなことを言われたのか・何を基準に視られたのか
なーんにもおぼえてません。。。

けど、そこから出たとき、
妙な安心感というか “あ、ワタシなんか大丈夫かも” みたいな、トンネルと抜けたような不思議な感覚が来たのです。

そこから一晩寝て目が覚めるごとに、どんどん体調は良くなり、時の経過とともに大失恋の傷も想い出として語れるようになったとき
私の体調不良と精神低迷は、占い師の言葉がけによって 変化を得たのだと気付いて。

コレ、今まで治療技術習得に躍起になっていた私の突破口になるかも!

それ以降 私は精神性の高い学びの場や、自己対話・個性・宿命を活かすための占術講座に加えて
人間関係(パートナーシップ)の専門家に会いに行くなどして、積極的な価値観の変化を求めて出かけるようになりました。


 

 

結婚と離婚


社内恋愛の恋は、街中を歩くときも手を繋がない・目立った行動は避ける・接触は必要最小限、など自由にならないことが多く、
部屋の中にいるときだけがラブラブな空間でした。

そんなはじめての恋愛を1年以上引きづっている私に猛アプローチをかけてくれた男性が現れたとき
“ただシンプルに、誰の目をはばかることもなく手を繋いでキスをする”
それだけのことがうれしくて、幸せで、

「もう、こんなに好きになってくれる人 私の人生に現れないかも。」

若干22歳の世間知らずな小娘は、こんな後ろ向きな気持ちすら押される形で
付き合って2ヶ月のスピード結婚を果たします(“結婚は勢い”とはよくいったものです)。

関係性はすごく新鮮なので、結婚してからも新しい発見がいくつもある楽しさはありましたが
その反面「金銭感覚の相違」や「義両親との家族に対する価値観」など、すり合わせに苦労する部分が多かったことも事実。


そんな中、私は治療家という仕事の中から得た“バックパッカーになる”というアイデアを捨てきれず
旦那様を伴って、約1年半の世界旅に出かけました。

それまでは、
日本で共に暮らしている中でも
お互いのコミュニティがあって、それぞれの体験や日常の出来事を家に帰ってシェアする・・・という
お互いが存在しない世界があってこそバランスがとれていた関係だったのが
24時間365日ずーーーーーっと行動を共にすることで、衝突が増えて会話も減り
ストレスが積もり積もって一緒にいることが苦痛になったころ

『このままでは私達、いい方向にいけない。
 一旦距離を離して自分の心に問いかけてみよう。』

そう決めた私は、話し合いのうえ
私は単身カナダで1年間生活・旦那様は日本に帰国し就職活動をしながら私が帰るのを待つ。ということに決まりました。

しかし、一度開いてしまった溝を埋めるのは容易ではなく
私がカナダで考えた結論は

『28歳…あと約50年、
 私はあの人と我慢を続ける生き方をするの!?無理無理無理無理!今ならまだ人生やり直せるのでは・・・!』

日本で暮らしている時から、旦那様は理屈で相手の主張を封じ込めるタイプ。
怒り出すと言葉がとても荒くなるので、言い争いを避けるために余計な発言を控えるようになっていきました。

「言いたいことが言えない」環境は、「言っておいた方がいいこと」をも躊躇させ、
 旦那様の前では自由な発言を我慢することがベースとなりました。

「言わなくても支障はない雑談」までも“何言われるかわからないから怖いし、面倒臭い”と常に危険を感じる状態。

 伝えたいことがなくなる事態につながったとき、私達は向き合うこと・認め合うことを諦めたのだ と気づき・・・

約6年間の結婚生活にピリオドを打ち、
ふたりで苦労を重ねて生きていく人生よりも、ひとりで自由を謳歌する人生を、私は選んだのでした。

 

婚外恋愛を繰り返して…LMC協会との出会い


離婚してからの私は、好きになる人がなぜか既婚者であることに悩まされ続けました。

人様のご家庭を壊したいわけではないのに、
自分ではない女のもとへ帰っていく愛しい人を見送る瞬間を実感する寂しさ・哀しさ。

わかっていて始めたこと(相手に騙されたわけではない)だと頭では理解しているのに、週末や長期休暇に連絡が途絶えることや
SNSで目に入ってしまう“家族”を連想させる情報が、胸が張り裂ける不安と重くのしかかる絶望の渦に、私を奥深く巻き込んでいきました。


「この子、素直じゃないわね~」
「もう!ひとりで勝手にしなさいよ!」

 幼いころから繰り返しくらってきたこの言葉通りに自分を当てはめ、

『素直じゃない自分が、ましてやこんな状況で好きだとかどのクチが言うのよ』

『私はひとりでいい、
 ひとりで勝手に好きなことしてればいいんでしょ?』

そんな風に自分の中で折り合いをつけながらも、相手を想う気持ちに簡単に区切りはつかない・・・

 

離婚のとき “関係構築を諦めてしまった”
これが自分の中で大きな傷となっていた自覚があったので、今できることを、最大限、やりきりたかった。
もう二度と、諦めて終わりにしてしまいたくなかったのです。

『それならばいっそ婚外恋愛だろうが、いっそ突き詰めてやろう。既婚彼との関係をトコトン築き上げてやろう。

いくところまで振り切れば、何かしらの答えを得らえるかもしれない。

そう開き直り、持ち前のパワフルな猪突猛進さで パートナーシップ講座について調べまくった結果、LMC協会の胸キュン・夢叶講座を発見したのです。

ふたつの講座を受講しながら、
ちょうど長き旅を終えて日本に完全帰国するタイミングでもあったので、自分の鍼灸・コーチングサロンを開業と並行して、
トゥインクルスター(TWS)講座を受講する流れとなりました。

 

 

トゥインクルスター講座を経て


治療の世界に身を投じたこと
インターナショナルな感覚になじんだこと
世界旅での泥臭い経験を体得したこと

これらは幼い時から常に自分の内面を掘り下げる習慣があった私にとって、意識的に築いてきた道のりでした。

このすべてに情熱の源泉が湧き上がっていたことに間違いはないけれど
その情熱をさらに加速させた要素は、やはり恋愛なのだと実感するのです。


10年の歳月かけて201ヶ国を巡った私は
トークライブなどの講演依頼を受けることがあるのですが、その質疑応答の場でこんな質問を受けたことがあります。

「それだけの経験をしてきて、
 いっっっちばん哀しかったことってなんですか?」

『うーん…失恋かな。
 だいすきだった、愛した人に拒絶されたのはつらかったな~。』

私の答えは即答でした。
のちにこの質問をくれた彼女が、別のトークライブを企画してくれたのですが、そこで話してくれたこと。

「壮大な人生を生きてきた人にとっての “一番哀しかったこと”は、ちっぽけな自分とは違うと思ってた。
なのに、そうじゃないんだと気づかせてくれたことが、もう衝撃で!!

恋愛が女性にとって
どれだけのパワーがあるかって実感もしたし
ユリーは元から特別なんじゃなくて、
ただただ情熱に突っ走る姿が人を魅力的にするんだってことをみんなに知ってほしい!」

愛したい気持ちを、愛したいだけ、愛したらいいじゃないか。

これはヨーロッパで聞いた
ポエムからお借りした言葉ですが
相手が既婚者でも、身分違いでも、LGBTsのような理解に時間のかかる相手でも、好きだという気持ちが湧き上がることこそ人間の神秘であり、生きる原動力。


※私の部屋に高校生のときから貼ってある名言です(笑)

 

恋愛だけでなく、
やりたいことや思い描く未来も

愛したい気持ちを素直に認めて、愛したいだけ、情熱を燃やしたらいい。

親しい女友達が言ってくれました。


—————–
世界一周するって、

世界の珍しいものを見てまわるだけでなく
自分の力で行きたい時に行きたいところにいくスキルを身に付けるってことなんだね。

もっというなら
世界一周するって、自分の好きな人をどこに居ても助けられるスキルを身に付けること。

今のユリーはそれを身につけて、愛した人を助けにいける。
ユリーの願いは、彼がただ幸せであることなのね。
—————–


トゥインクル講座を通して、
そんな風に自分の心をただただ認めてあげたところ、講座開催中に婚外恋愛の彼と疎遠になる出来事が起こり、
講座終了後には奇跡が待っていたかのように、誠実な男性とのご縁がスルッと巡ってまいりました(*^^*)

この誠実な彼は、
何を言っても受け止めてくれるので、自分の主張を攻撃される怖さが微塵もありません。

そこで体感したのです!

「安心・安全・ポジティヴな場」が、いかに自分らしさを最大限発揮するのに重要であるかを!!

渦中にいるときは、とにかくその場を乗り越えることに一生懸命で気が付いていなかったけれど

恋愛も、仕事も、家庭も、
「安心・安全・ポジティヴな場」こそが、その人らしい持ち味を最大限発揮するベースとなる。

 

というわけで、ユリーアンジェラのこれからの可能性はまだまだto be continued…(*^^*)

話の続きを知りたい方は、是非ユリーに会いに来てねっ♡
↓↓↓

●メンタリングカードセッションで「自分の本音に気付く」
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12479651961.html

●夢叶パートナーシップコーチングで「パートナーシップを磨く」
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12481765509.html 

●胸キュンパートナーシップコーチングで「理想のパートナーを見つける」
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12481767736.html

●強み発掘カードで「ズバリ!あなたの強みを発掘」
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12483144188.html

●ポラリスカードコーチングで「自分の強みを才能開花させる」
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12481947392.html

 

 

☆体験セッションの詳細はこちら☆
https://ameblo.jp/angela8story/entry-12479577029.html


私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

この講師の講座を受講した方の声

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2019年09月17日
11:00-15:00
どこでも出張しまっせ^_^ リクエストでの随時開催可能!
受付中
2019年09月18日
10:00-14:00
東京都/オンライン可。リクエストでの随時開催可能!
受付中
2019年09月25日
13:00-17:00
東京都/オンライン可。リクエストでの随時開催可能!
受付中