HOME  >   LMC認定講師一覧  >   井瀬 綾子

「理想の妻は毎日家も自分もキレイを保ち、旦那様に愛される」
「理想の母親は毎日美味しい手料理を作り、
笑顔で子どもと接し、愛情たっぷりの子育てをする」
「理想の働くママは、仕事・家事・育児を生き生きと要領よく、こなす」

 

私はこれまでの人生をたくさんの
「理想像」に捉われ生きてきました。

 

そうなることや、そうなるべく努力し、
日々、一生懸命生きることが
人としての「正しい」生き方。
「豊かで幸せ」になるための道だ、と思っていました。

 

でもそれは少し違っていた、と
LMC協会で、人生のライフミッションを見つけていく中で
ようやく気づけたのです。

 

 

私は、3人姉弟の真ん中っこ。
両親からたくさんの愛情を受けて育ち、私は「やれば何でもできる!」「何にでもなれる!!」というチャレンジ精神と自信、自己肯定感にあふれた幼少期を過ごしました。

 

そんな私が一変したのは小5の時に
突然始まった「いじめ」でした。
当時、私の通う小学校でのいじめの主流は
「シカト」と呼ばれる無視。

 

ある日突然、始まった「シカト」。
理由は「でしゃばり」だから・・・。

 

興味があることには、どんどんチャレンジする、
やりたいことに迷いなく立候補し、
思ったことも、すぐに口に出していた私は
今思えば、少し浮いていたのかもしれません。
ヒソヒソとあだ名のように言われる「でしゃばり」という言葉。
話かけても答えてくれない、存在が無い物のように
扱われる、徹底的なシカト。
楽しいことが好きだった私にとって
学校で孤独な時間を過ごすことは辛い・悲しいことでした。
それまでの自分すべてを否定されたように感じる毎日。
私の心のよりどころになったのは、家族だけでした。
何があっても、変わらない温かい家族。
家族と過ごす家は私の「存在」を認めてくれる、
唯一の場所でした。

 

 

約1年間続いた「いじめ」はやがて落ち着き、
少しずつ友達が戻ってきました。
誰かと話せる楽しさ、人と繋がる嬉しさを感じた私は
「もう絶対に1人になりたくない」と思うようになりました。

 

自分のしたいことをしていた結果受けた「いじめ」で、
私は自分の気持ちのままに行動することや、
目立つ行為をすることが極端に怖くなりました。

 

いつも人目を気にし、自分の気持ちより
「これをしたらどう思われるだろう?」が
優先し、この頃から、人前で考えを発表したり、
注目されたりする場面では、
緊張で声や手足が震えるようになりました。

 

常に周りの反応を気にするようになった私は次第に、
誰かと自分を比較ばかりするようになっていきました。
周りに求められる自分でいたくて
元気で、明るく、優しくふるまう一方で、
心の中は劣等感や誰かへの羨望、また1人になるかもしれない、という不安や怖さでいっぱいでした。

 

短大卒業後、第一希望の大手企業に入社しました。
比較しまくっていた思春期の中で
私の中には様々な「理想の女性像」ができていて
みんなが羨むような「理想の女性」になりたい、
という思いにどんどん縛られるようになっていきました。

 

理想に近づこうと必死に努力した成果か、
気づけば「頼れる社員」と評価をうけ、
適齢期に結婚、産休&育休を経て短縮勤務で働きながら、
責任ある業務も任されるようになりました。
仲の良い友人との交流や家族旅行、自分磨き・・・
仕事もプライベートも充実し、
自分の中でようやく理想の自分になれてきた!
なりたかったのはこんな自分!と感じた30代半ば、
2人目を妊娠、再び休職に入りました。

 

 

復帰したのは37歳の春。
育休前と同じ「公私ともに充実し、生き生きと働くママ」である自分像を描き、復職した私に待っていたのは「部署異動」という現実でした。

 

新しい部署は、過去のノウハウが通用しない部署でした。
知らないことばかりなのに「社員」ということで頼られる自分。
入社18年のベテラン社員、という肩書やプライドが邪魔して、分からない、と素直に言えない自分がいました。
自己流でやって失敗し、自分で自分の首を締め、
イライラし、モヤモヤしながら毎日自分を責め続けました。

 

残業続きで疲れ果て、家でも笑顔が出なくなりました。
学校や保育所の行事や提出物を忘れることもしょっちゅう。
趣味を楽しむ余裕もなくなり、「社員」としても「妻」としても「母」としても全て中途半端でうまくこなせず、
「私なんて何もできない」
社員失格、妻失格、母親失格・・・そんな想いで毎日を過ごしていました。

 

数年前の「理想的な自分」から転げ落ちたような感覚。
理想からどんどん遠ざかる自分を感じ、
ますます疲弊していきました。

 

こんな状態が3年続いたある朝
重い足取りで出勤し、タイムカードを押した途端
突然、全身のガタガタという震えと止まらない涙に襲われました。異変に気付いた上司に、自宅に帰るよう促されました。
そのまましばらく会社を休むことになりました。
会社から離れ、休んでいる間もいつもと変わらない主人や子ども達。負担にならないように気遣いながら優しく連絡をくれる部下や仲間・・・

 

最初は社会人の最低限「出勤」すらできなくなった自分を責め、求めていた「理想像」になれなかった自分に絶望して、泣いてばかりだったけれど、たくさんの人の愛情や優しさを感じる出来事が続き「私は1人で必死になって、何をしていたんだろう・・」と理想の自分になることより、ずっと大切なことを見失っていた自分に気づきました。

 

 

これまでの日常から離れ、ひとり自分を見つめ、
たくさんの人の優しさに触れ、自分のこれからを
考えながら過ごす中で湧いてきた、溢れるような思い。

 

それは

「1度きりの人生、このままで終わりたくない」
「人生って楽しいよって自信をもって伝えられるイキイキしたママになりたい」
「もっと自分らしく生きてみたい!」というものでした。

 

ちょうど40歳。人生の折り返し地点です。
私はこれからの人生を幼少期の自分のように「自分らしく生きよう」と決意し、メイクと心理学で変わりたい女性をサポートするメイクセラピストとしての勉強を始め、2年後の42歳の春、22年勤めた会社を退職し、起業しました。

 

 

メイクセラピストという仕事への熱い思いはあったものの、
幼少期の自分と違い、自分への自信や自己肯定感がないままでの起業でした。

 

SNSで集客してサービスを開始し、幸いお申込も続いたものの
「私のサービスで本当に満足してもらえているのだろうか」
「こんな私が、お金をもらってもいいのだろうか …」
という漠然とした不安と、すぐに葛藤するようになりました。
SNSの発信でもついカッコつけてしまうような自分を感じ
ここでも「理想の起業女子」と「自分」のギャップに
迷い始めた時、LMC協会に出逢いました。

 

LMCでは皆が 安心・安全・ポジティブな場で
それぞれのライフミッションを語り、情熱的に活動しています。
先生や仲間達は、そのままの私を包み、私の「可能性」を信じ
「自分の想いを自分の素直なコトバで話していい」ということや、「理想にならなくてもいい、私は【私のまま】を生きていい」ということを伝え・教えてくれました。

 

好きなことを情熱的に語り、ワクワクして盛り上がったり笑いあったりしながら、不安や迷いすら温かく受け入れ励まし合える「安心で安全でポジティブな場」— 伸び伸びと、生き生きとした仲間と、そこにいるだけで力が出て、内側から満たされていくような感覚。

 

そんな貴重な場を体感し、幸せと充実感でいっぱいになった私は、「理想に縛られ疲弊した自分」から「自分の未来に希望を持ち、ワクワクする自分」へと変わっていきました。それは、「今の私」を丸ごと受け入れてくれる場所があったからこそ、できたものでした。

 

世の中には、たくさんの危険・不安・ネガティブな環境や場所があります。家・職場・友人関係、様々なストレスを抱えながら、頑張っている女性のために、私は自分らしくのびのびと生きられる「安心・安全・ポジティブな場」を作り、笑顔で希望を持ち、前向きに進めるキッカケ作りをお手伝いしたい、と思うようになりました。

 

人は誰でも、たくさんの魅力と可能性を持っています。
私はメイクセラピストとしての活動やLMC協会の活動を通じて
あなたにしかない、魅力や可能性を引き出せる場、「温かくポジティブな場」を1つでも多く作っていく、と決めました。

 


「人はいつからでも、いくつからでも変われます」
私のライフミッションは、私自身の活動を通して、安心・安全・ポジティブな場を1つでも多く作ること。

 

活動を通して自分の未来に希望をもち、
幸せに生きる女性を1人でも多く増やしていくことです。
今の自分から変わりたい!
もっと自分を好きになりたい!!
そんなあなたとの出逢いを楽しみにしています。

 

私をおすすめする3つの理由

このようなお悩みはありませんか?

1Day講座を受けるとこうなります

講座開催情報

開催日時 開催地 講座名 講師 状況
2018年01月20日
9:30~10:30
オンライン
全国どこからでも可能!内面ホリホリでモヤモヤを解消!
受付中
2018年01月24日
10:30〜14:30 (4時間)
兵庫県
自分の強みを見つけ、自己肯定感UP♪
受付中
2018年02月08日
10:30〜14:30 (4時間)
大阪府
パートナーに応援される私にな、2018年の行動を加速!
受付中
2018年02月22日
11時~15時
大阪府
自分や自分のお客さまへのサービスにも使える!
受付中