HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

諦めなければ叶う♡ 内的変化ー母ver.

Category : 体験レポート, ヴィーナスの活動  Date : 2020年07月09日

こんにちは^^

 

名古屋を中心に活動をしている、

ライフミッションファシリテーター(R)の

かわいのぞみです。

 

 

TW養成講座を開講していると、

もう一度、また、内面ホリホリして、

もっともっと自分と向き合いたいな~と

思う瞬間が出てきました。

 

 

また、私自身が受けたいな☆

そう思う素敵な講座を開講させて頂けることにも

ジーンと感動しつつ、

実家に帰る用事が出来たので

少し、緊張感をもって実家に帰る用意をしていました。

 

かわいの過去はライフミッションストーリーや

これまでのブログにも何度も出ている

恐妻、怖い母、コントローラーな毒親のようだった母。

(今では、こうやって書くのも申し訳ないくらい大好きなのですが…)

その母とのやり取りが

同じ場所にいることが、

むしろ同じ家の中にいることが

1階、2階と別々の部屋にいても怖くて仕方なかったのですが

今回は、とてもウキウキして、その日を迎えてました^^♡

 

でも、

必ず一回は母との会話をする場面で

ずーんと思い空気になることが

あったのです。

 

理由は、

「母が私を心配して、必ず

こうしなさい、あーしなさい、

これはしちゃだめ。

これはこういうようにしないと!」

感情や、言葉遣い、在り方、ふるまい

などなど細かく伝えてくるからでした。

 

その言葉を聞くたびに、

・私って駄目なんだ

・どこまで行っても信用されていないんだ

・どうせ、弟の方がかわいいよね

・そりゃ、まだまだ改善するとこはありますよ…

って、かなりかなり落ち込んだり、

ふがーーーー!!!と

言葉にならない思いをぶつけたくなる瞬間がありました。

 

 

でも、今回、

母と二人で話す時間があっても、

そんなふうに感情が暴走しそうになることは0(ゼロ)。

 

むしろ、

・可愛いな~

・ありがたいな~

と感謝や一人の女性として母を見る時間が多くて、

 

とても大好きだな~と思う時間が多く、

母の得意な手料理の作り方を教えてもらったり、

作り置きで日持ちするおかずをいつももらうのですが、

その作り方を教えてもらったり、

LINEの使い方を母に教えたり

などなど

とても、心が穏やかな時間を過ごしていました。

 

 

そして、

次はいつ帰ろうかな~

って、次回の帰省の日も考えるほど・・・

 

 

何を母に伝えるか、

びくびくおびえていた私はどこにもいなくて、

ただただ思ったことを素直に伝えられる時間でした。

 

でも、こんな風に

母との関係性が変わるまでには、

ちょっぴり時間もかかりました。

30年以上、母との間で

積もってきた感情、思い、習慣やパターンがあったので、

最初は本音を母に伝えるなんて、

怖くて怖くてできませんでした。

 

だって、

これまで、

私の本当にしたい事、

本音を伝えて

受け入れてもらえたことなんて

一度もなかったから・・・

 

 

でも、一つ一つ

伝えていき、

私自身も何を感じているか

自分でわかるようになる中で、

母が解釈している私の感情と

私が私で感じている感情には

違いがあり、

その隔たりをどう埋めていけばいいのか

など対策が立てられるようになりました。

 

それを繰り返し、

根気強く伝え、

練習したからでしょうか?

 

TW養成講座の受講の際、

こっそり心の中で、

「母と穏やかな時間を過ごしたい。

ドラマで見る様な

友達の家で見る様な

あんな穏やかな母とのやり取りを

実の母としてみたい」

それが叶いました☆

 

読む人によっては、

「そんなこと?」と

思うかもしれないし、

別に母との関係性なんて、、、

と思われるかもしれません。

 

でも、ビジネスをしていく上でも、

パートナーシップを築いていく上でも

両親、家族とのコミュニケーションは

とても大切!!

と学んだ時から、

「必ず変えてみせる!!」と

心に私は決めていたのです。

 

なので、今回の帰省で、

それが想像以上の形で叶い、

とってもとっても嬉しいです^^

 

両親との関係性が

激変していった過程は、

またどこかでブログ、もしくはメルマガで

配信しようと思っています。

 

ご興味ある方は、

コメントを頂けると嬉しいです。

そして、近日には公開致しますので、

もうしばらくお待ちください(*- -)(*_ _)

 

それでは、また☆

 

WRITER
かわい のぞみ 先生  
Nozomi Kawai

名古屋在住。亥年。射手座。数秘術「9」の第一子長女。
幼少期より母親との関係性に長年悩まされ続ける。TW養成講座を受講を機に、
コントローラーだった母親が一番のサポーターに変化を遂げる。
学生時代は、モデルに憧れつつ、総合病院を中心にリハビリの仕事に15年従事。
約4,000人以上の方とのリハビリ経験だけでなく、後輩育成も現場および養成校にて実施。
心と身体が元気になっていき、自分らしい人生を送れるようになるサポートを医療機関で長年し続けてきた中で、「自分の人生において、選択&決断は自分でしないと本当の意味で幸せを感じることが出来ない」ことを実感。
医療現場だけでなく、身体が元気な状態の時からその選択ができるサポートを行っています。
ライフミッション:自己価値を高め、自分の人生を諦めない人を増やすこと。
好きなこと:青空。Paris。パスタ。ラルク。三浦春馬。Dori sakurada。(アミュ好き)
嫌いなこと:寝不足の日々。有給休暇が使えない環境。寒いところ。