HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

≪1≫脱☆優等生(いい子)

Category : 未分類, ヴィーナスの活動, ヴィーナスまでの道のり  Date : 2018年09月19日

こんにちは。

 

ライフミッションファシリテーター®
風祭ひろよです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のライフミッション®

新しくなりました。

 

脱☆優等生(いい子)
自分の人生を楽しむ人を増やすこと

 

 

人目が気になる

自分のしたいことが分からない

自由な人を見ると羨ましい

決まったレールを抜け出したいけれど怖い

自分のいいところが分からない

自分には価値がない

手が抜けない

人に任せられない

完璧にしたい

 

 

 

めっちゃ・優等生(いい子)

 

 

そして、それはだった。

優等生(いい子)当時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かをすれば、ある程度まではいける。

ただ、最後の突破力が弱い。

 

 

優等生(いい子)の自分が邪魔をする

 

人に褒められたいし、

人から悪く思われたくないし、

人を悲しませたくないし、

増してや、怒らせたくなんかない。

 

 

だから、そのためだったら、

 

自分が我慢すればいい

 

 

誰かの笑顔のために優等生(いい子)でいた人は

我慢がうまい。得意。自然にできる。

 

強みでもある。
意識せずに発揮しているのから。

 

ただ、そのガマン強さ、

 

自分の心に向き合わない

 

ことにばかり使っていると、ネガティブに捉えたくなるのかな。
他の使いみちを考えてみたら面白いのでは?

 

 

自分の笑顔のために、

一番信頼できる自分でいるために、

自分を大切にできる自分になるために、

自分が幸せになって、周りの応援も心から出来るようになるために、

 

自分と会話ができる自分になる粘り強さ

 

を発揮してみるのは、どんな気分?

 

私は優等生(いい子)をやめるって決めてからは、

出会う人が変わり、

やりたいことができるようになる、

応援してもらえる、

ようになりました。

 

 

この私の、はじめの一歩は、

 

いかに自分がなにも考えてこなかったか

が、自分の前で明らかになったこと。

 

それを見せてくれたのが、

 

 

 

 

 

 

メンタリングカード☆セッション

 

自分の気持ちが何も言葉として出てこなくて、
ワークシートが真っ白

 

この時の私の心の中で考えてたこと・・・

これが学校の宿題だったら、

作文が書けなくて、忘れたのと同じじゃん!

(経験あり。この記憶が蘇りました…)

 

自分の言葉が出てこなかったこと、

全くもってNGじゃないのに、自分にNG出してる、

 

まさに優等生(いい子)

 

そして、この屈辱というか、恐怖というか、不安が、
私を突き動かす原動力になりました。

 

 

脱☆優等生(いい子)

私が動き始めてた一歩を体感できるチャンスは、こちら

 

 

 

 

 

10/13(土)に千葉駅近くにて開催。

脱☆優等生(いい子)を応援します。

お申込と詳細はこちらから

 

千葉は遠い…
10月まで待てない…

そんな方へのチャンスはこちら

 

 

 

 

内面ホリホリカフェ・オンライン

次回は9/26(水)22:00~

お申込と詳細はこちらから

 

自分の持っているいいところ
自分の強みを知りたい

そんな方にはこちら

 

 

 

 

 

ディズニーランドにほど近い場所・新浦安で、
自分の強みを発見できます。

お申込と詳細はこちらから

 

直接、風祭ひろよと話をしたい
話を聞いてもらいたい、
そんな方にはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【50人チャレンジ】無料体験セッション実施中

お申込と詳細はこちらから

 

WRITER
風祭 裕代 先生  
Hiroyo Kazamatsuri

千葉県市川市在住。
しし座のAB型。リフレクソロジスト。フルタイムパートの営業事務でもある。
一生仕事を続けるという決意を出産で断念し、専業主婦になった経験を持つ。
「自分の足で立ち、自分の人生を生き生きワクワク楽しむ大人と子どもを増やす」がミッション。
人の目が気になったり、子どもがいるからと諦めたりしている人をほっておけない。
特技:ここぞの時の決断力と行動力。締切前日の集中力。
好きなこと:早朝ランニング、体を動かすこと、半身浴で読書、人の足を見て触ること、くるみパン。
家族:ハンバーガーLOVEな夫とヒーロー大好き息子2人(小学生と3歳)