HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

なぜ子どもを叱る?…その想い、伝えていますか?

Category : 体験レポート, 養成講座, リアル日記・1Day開講までの道のり, トゥインクルスターの活動, ヴィーナスまでの道のり  Date : 2021年11月10日

こんにちは😃

 

 

あなたの【潜在意識に眠った心からの笑顔を引き出します】

LMC協会認定講師 井上なおみです。

 

 

2人の子育て&

非常勤看護師をしながら、活動をしています。

 

 

初めましての方は、コチラ
生きる意味がわからなかった自分から、自信が持てる自分に変化した自己紹介です音譜

 

 

 

昨晩、我が家にとって…大事件がありました。

 

それは…

主人がキレて、子ども達に怒号を浴びせたこと。

 

よくある話かもしれない。
でも、その想いには「子どもを想う気持ち」が隠れている。

どの親もあることだと思う。
過去の私もそうだった。

 

でもね…
私は「クソ!」と…親を怨む気持ちしか生まれなかった。
子どもにその想いを伝えたとしても、伝わらない理由。
わかりますか?

 

それは…普段、どれだけ会話があったか?

そして…どれだけ、子どもを受け入れた?

 

私はどちらも全くなかった。

 

怒鳴られ、殴られたことしかない。
いくら頑張っても、一切褒めてもくれない。
話を信じてくれない。
一切、聴いてくれなかった。

 

お姉ちゃんだから、我慢が当たり前。
やりたいこと探しちゃいけないんだ、と…
自然と自分を後回しにする癖がつきました。

 

 

これって、全て親が作り上げた環境です。

 

 

だから私は、今自分の子どもたちへ…
自分がしてほしかったことをしています。

 

 

なので、
保育園の頃から、私の想いを伝え、
子どもの想いをしっかり受け止めています。
ありのままの私を見せてます。

 

悔しければ、子どもの前でも
(たま~に)泣きます。

 

 

そんな訳で…今朝も、伝えました。
主人の想いも代弁しました。

 

 

なぜ、子どもを叱るのか…?

 

 

周りを気にして?
子どもの将来を考えて?
何かイライラするから?
想いが伝わらないから?

 

 

私が子どもの頃の両親…
特に父は、これ…全てだったように感じます。

 

 

それが…どれだけ辛いか、
どれだけ将来へ響くのか、わかってるから
私はしない。
(人間なので、怒りまくってた時もあったけど…)

 

 

 

今朝、小学低学年&高学年の子どもたちへ…
こう伝えました。

 

 

「いつまでもお父さんもお母さんもいないんだよ。
いつ、お父さんorお母さんと3人になるか、
もしくは、子ども2人だけになるか、
あるいは、自分1人になるか、わからないんだよ。

 

 

そうなった時、どうする?
だから、あなたたちがそうなった時、
ちゃんと自分で考えて行動できるよう
先を見越して…

今、出来ることを一生懸命伝えてるの」

 

そして…私は、こう続けました。

 


「文句を言う前に、普段自分らがしてる行動考えてみて?
1回しなかっただけで、キレられたことある?」

 

「ない」と即答の子ども達。


「でも、あんたらは、お母さんが同じことすれば、
たった1回で怒ってるやん。

 


それを、お母さんたちは何百回も我慢してるんだよ。
お母さんが言っても聞かないから、ああやって言われるんだよ」

 

 

 

「文句を言う前に、自分らがしてる行動をよく自分で考えて。
自分さえよければ、人がどうなってもそれでいいの?
それがわからないなら、体で覚えなさい」

 

 

こんな話が出来るのは、
小学生までかな、と思ってます。

 

中学生になると、一切私は聞く気もなくなってたから。
反抗期…相当、キレまくり反抗しまくってた。
親の言うこと全てに拒否反応。
(今思えば、親に存在を認めてもらえなくて、寂しかったから。)

 

 

今は…言っても全ては伝わらないけど、
いつか伝わります。

 

 

子どもたちの脳に刻んでおくことはできます。
それが、いつか…わかってくれればいい。

 

 

道に迷った時、
1つの選択肢として出てくればいい。
(普通に自分の人生を生きていってほしいから。)

 

 

今、起業の学びをしていますが…
やっぱり、仕事でも何でも1回じゃ覚えられない。

 

何十回も聞いて、何回か聞いて、
やっと腑に落ちる。

 

経験したから、
今こうして私は子どもたちに伝えられる。

 

全て起業だけじゃなく、
全てにおいて同じなんだと実感しています。

 

物を動かすのはすぐ出来る。
でも、人の心を動かすことは難しい。
それが壊れたら、相当な努力をしないと元に戻れない。

 

時には必要なこともあるけど、
怒鳴ったり、叱ってばかりでは、
気持ちは離れるだけ。

 

 

「子どものくせに」
「大人だから」
「お母さんだから」

 

 

意味がわからない。
(子どもの頃、ず~っとそう思っていました)


何かのせいにしたって、
子どもも大人も受け入れられない。

 

 

心は満たされない。
心の平安は一生来ない。

 

あなたの本当にやりたいことは何ですか?
本当に今のままでいいの?


 

私がそうだったように…

 

誰かのせいにしても、心はモヤモヤするばかり。
行動していかなきゃ…
何も変わらないんです。

 

だから「自分を知ること」大事なんです。

私が変化したのは「体験セッション」
そして、「1day講座」
お待ちしています✨

 

今日も熱くなってしまいました💦
今日も、最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

 

***

◆体験セッション募集中!◆

11月~受付中。

<100記事challenge達成ありがとう記念✨>
通常5,500円→3,300円。(10/16~11/15:期間限定価格)

お申込み、お問合せはこちらをクリック✨

*****

💛1day講座も開講しています!💛
LMCメンタリングカード1day講座
 
LMC強みカード・強み発掘1day講座

・LMC強みカード、ポラリス1day講座

・2人で夢叶!パートナーシップカード1day講座

・胸キュン!パートナーシップカード1day講座

・ヴィジョナリー特別1day講座

(日程ご相談下さい。全て開講しています)

 

〈ビジネス女子の虎 ミッション 継続challenge中!!〉

なおみ

※「ビジネス女子の虎」は、協会集客支援の一環として、協会の許可を得ています。

 

 

WRITER
井上 なおみ 先生  
Naomi Inoue

1976年生まれ。鹿児島市在住。

高校卒業後、一般職を転々とし、30歳で看護師になりました。

幼少期から自然と我慢癖がつき、怒鳴られてばかりの日常から、生きることを諦め、「笑うこと」ができなくなりました。44歳でLMC協会と出会い、心の底からの笑顔を取り戻したことで、心の底からずっとやりたいこと(=幸せ)が見つかりました。

他人の人生を生きていた私が、今は自分の人生を生きることができるようになったことで、子ども達と笑って過ごす時間も増えました。

私の幸せは、自分の人生を自分らしく「笑顔」で生きることができる人を増やすことです!

特技:場を和ませる自然な笑顔、傾聴力、自然とスッキリ話せる場づくり、素直、自然体
家族:夫、子ども2人