HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

「もっと、もっと、もっと・・・」から解放されたあの日

Category : 未分類  Date : 2021年01月17日

 はじめまして!

 ライフミッションサポーターの竹内義隆です。

 

 

 

 

 

 

自己紹介は、こちらからお願いします。

 (1) 竹内 義隆 プロフィールページ|(Facebook

(2)竹内義隆 ブログページ(アメブロ)

https://ameblo.jp/ox-yui0426/ 

 

不自由なく日常生活を過ごしていると、

ふと「自分の人生このままでいいのか?」

とか、「もっと、もっと、もっと自分にはできることがあるんじゃないか?」

という気持ちになるときがあります。

私もまさにその状態でした。

 

しかも社会人となって20数年間、

何度もその疑問が自分の中に沸き起こっていたのです。

その声は日に日に高まり、

ついに3年半前、大きな決断をして人生初の転職をしました。

 

ところが、新しい職場で自分のやりたいことが出来ると

思っていたのに、現実はそう甘く

ありませんでした。

 

現実を受け入れることができず、

外に答えを求めて1年間で45本のセミナーに出まくりました。

 

そんな時、奇跡的に出会ったのが

「内面ホリホリカフェ」というブログ記事でした。

 

最初は意味がわからなかったのですが、

参加してみると「自分の内面と向き合い、ホリホリするカフェ」には、

たくさんの驚きと気づきの連続だったのです。

 

まず最初に、仕事上での人間関係で悩み、

自分の中でモヤモヤしている気持ちがあることに気づきました。

そのモヤモヤは、言葉になっていなかったため、何を悩んでいるのか?

何を苦しんでいるのかが分からないまま

自分の中に抱え込んでいたことに気づいたのです。

 

それだけでなく、

そのモヤモヤを抑え込むために「もっと、もっと、もっと頑張ろう」と

自分にプレッシャーを与えることで、

更に自分のモヤモヤを増幅させていたことにも気づけたのです。

 

 

新たな気づきを得たことで、自分が大きく変化していきました。

たとえ毎日の仕事がうまくいかなくても、新しい風が吹くと信じ、

リラックスして仕事に取組めるようになったのです。

そのおかげで仕事に対して積極的に動けるようになっていきました。

そのおかげで、結果が出せるようになったのです。

 

 

ひとりで悩んでいると気づけないことも、

モヤモヤした気持ちになることが悪いわけではない。

そのモヤモヤした気持ちをどう扱うか、

どう付き合うかを考えることをこのように

環境の力を借りることにより新たな気づきを得ることができる。

 

自分の内面と見つめる機会を、

男性の視点からの気づきを得ることができるかも知れません。

 

人は、悩んでいることすら気づけないこともあるし、

モヤモヤした気持ちの原因がわからず

どうすればいいかわからないことだってよくあります。

 

そういう時は、安心・安全・ポジティブなこの協会の仲間がいます。

例えば今日は、あったかセールスを名古屋の堀部講師から受講しました!

私が悩んでいるステップメールの構成について皆の前で発表し、

皆から温かいフィールドバックをもらうことができました。

 

どうすればわからないときは、

ここの協会にいれば気軽に聞くことができる。

今日も環境の大切さをしみじみと感じて自然と感謝が溢れてきました。

 

ずっと感謝の気持ちに浸っていないで、

さぁ、あったかセールスの課題を鉄が熱いうちに、手をつけよう(^^)/

 

 

女性の社会進出を福祉の視点で大阪からサポートする竹内でございます。

 

 

これからもよろしくお願いいたします(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

竹内義隆

WRITER
竹内 義隆 先生  
Yoshitaka Takeuchi

1969年生まれ、みずがめ座B型、大阪府豊中市在住。 
ライフミッションコーチ協会Ⓡ(以下、LMC協会)にも男性認定講師はいます!
以前の自分は仕事・プライベートともに少しの躓きですぐに「どうせ自分なんか・・・」と自分責めをしていました。
そのような自分が心理メゾットやキャリアコンサルティングの学びや、ブログを通じて知ったLMC協会の自分と向き合う「内面ホリホリカフェ」や、「1day講座」を受講していく中で少しずつ自分責めの回数が減り、前向きな自分を取り戻していきました。

これからは、人生100年時代と言われる中、何歳であっても、一度立ち止まって自分の人生と向き合い、今後の人生の再デザインを行うことで、望む人生の実現に向けての行動変容に繋がるよう支援をしていきたいと思っています。

好き:社会的課題解決に向けてのアプローチ(福祉介護人材不足、外国人就労、空き家対策など)
キャリア相談(仕事・学習・余暇・愛 4つの視点からの支援)、カフェ巡り(スイーツ好き)