HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

ネガティブな感情から動けなくなったその本当の理由とは③

Category : トゥインクルスターの活動, 未分類, リアル日記・1Day開講までの道のり  Date : 2022年08月10日

———————————————————–

夢のない人をゼロにする!

安心・安全・ポジティブな場で、

自分の好きと嫌いとやりたい!をきちんと
言葉にできたら

日本中が変わると本気で信じて、活動しています♡

———————————————————–

 

ライフミッションサポーター®️  森 憂子です

 

前回、インナーチャイルドを癒やし自己肯定感を高める
3か月講座を受講して、

人は人、自分は自分!という考えが強い私は、
両親との関係も
希薄なものであったのかもしれない・・・

前々回の記事はこちら↓↓
ネガティブな感情から動けなくなったその本当の理由とは①

 

その落ち込みの沼から這い上がるきっかけとなったのが、
継続セッションだった!!

前回の記事はこちら↓↓
ネガティブな感情から動けなくなったその本当の理由とは②

 

3部作に引っ張るほど、言いにくかった
私の落ち込んだ本当の理由とは!!

恥ずかしい、認めたくないことが原因で

落ち込み倒してましたw

 

 

継続セッションで、落ち込みの原因を話しました・・・

ICCで両親のこと何も知らないなと気付き、
大好きな両親とも希薄な関係だったのかもと思い
不安になったことを。

 


自分で吐いた言葉なのか、思い出せないのですが、
キーワードは『希薄』

 

多分、数週間もの間、
「私は希薄な人間」とぐるぐる思考していました。

 

背中にはA4用紙に
「私は希薄な人間」と貼られているかのように

 

実際、そう感じ
どんどん自己肯定感を下げていました。

その気持ちの裏で、
実は自信があったことが一つ。

「両親との関係は弱くはない。
互いが想い合い、強い絆があるということを」

 

辻褄が合わないのです。
だから、余計混乱していたんです。

『両親とも希薄』vs『絆があるはず』

そんな中で、
いつの間にか、メンターに
「あなたは希薄だよね」と言われたわけではないのに

変換され、
『メンターに希薄だと言われた』と話すように
なっていたのです。

 

 

継続セッションで
「それは辛かったね」と承認してもらい、
私の本音を引き出す質問を重ねて下さったことで、

あれ?私がメンターのせいにしてるようだけど
そうじゃない!

私はただ、
「ゆうちゃんは、希薄な人間じゃないよ!」と
メンターに言って欲しかったんだ・・・

 

おそらく、
メンターは否定も肯定もしてなかったんです。
私が、両親との関わりを改めて見返し
『希薄』なのかな、そう感じただけ。

否定されなかったから、
メンターから『希薄認定』されたと
感じてしまっていたのでした。


メンターから『希薄と言われた』
かわいそうな受講生を
演じることで逃げていたのかもしれません。



個別コンサルで『自分の気持ちを伝える』
と継続セッションで約束し、

実際にzoom越しではありますが、告白しました!

 

 

「私、ナミッキーに
こっちを向いて欲しかったんです!」と!!

※メンターのコミュニティが成長し大きくなる過程で
メンターは○ッキーマウスのように
会うだけで夢と希望を与える象徴になりたいと話しています。

 

 

初めてお会いした、ヤキニクマフィア池袋店では
沢山の受講生さんがナミッキーを囲い、


私はまるで○ッキーを見ているかの様でしたが、
でも、○ッキーのように手を振るだけでは
満足できなかったのです。

 

もっとこっちを見て!!!
ここにICCで落ち込んだ私がいるよ。

ブログ書けなくなってるよ、もっとお尻叩いてよ!

そんな風に思っていたんだと思います。

 

 

興奮なのか、安堵感なのか、滅多に泣かない私が
泣けてくる・・・と告白したことに

メンターは大笑いw

 

そうだったんだね〜〜〜〜!
ちゃんと見てるよ〜!大好きだよ〜!と♡

メンターの大サービス!!!
もう、何のブログを書いてるのかさえ
わからなくなってきましたがw

 

 

この「私を見て!」なんて恥ずかしい気持ち
認められませんでした、本当に。

でも認めて告白したら、あぁスッキリ!

沼から抜けられましたとさっ!笑

 

 

『事実と解釈』

至る所でこのような
コミュニケーションのすれ違いが
起きている、と感じることが他にもありました。

 

いくつかの小さな出来事の中で、
小さな解釈のズレで、勝手に一喜一憂していること
私にも、友人にも子供たちにもありますよね。

 

私は、こんなにも落ち込み倒すことで
気付くことができた沢山のことがあります。

 

・結局、なかなか俯瞰して見ることは難しいので
 ベテランコーチな人も自分のことは分かりにくい!
 だから、定期的にコーチも吐き出すことが必要

・事実を確認するために、
 解釈のズレをなくすためにも
 殻に閉じこもらず、人と話をすること
 吐き出していくことが大切。

・あとね、これをブログの記事にすること。
 これは、落ち込むという状況にはならずとも
 実は多くの人が感じていることかもしれなくて、
 誰かの勇気になると、私が勇気を出して書いたことに
 意味があると思っています。

 

無価値観とか疎外感、嫉妬にも似ているような
一見、マイナスな感情

これを発見できたことは、
成長の一歩なんだよ〜〜〜!と
メンターは教えてくれましたよ♪

 

一緒に成長していきましょうね!
人間は一生成長していきたい生き物なんだもの。
成長することをやめたら、生きていけない。
だから、幾つになっても人は変われる!

子供っぽい自分も仕方ない自分だもの。
認めていきたいと思いました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

 

 

気になる!でも、少しコワイ… わかります。
安心・安全・ポジティブな場を体験して欲しいから
まずはもりゆうこに会いにきてくださいね♪
些細だと思われることも、共感できる器の小ささを持ってます(笑)

LMCメンタリングカード無料体験セッション


通常価格3,000円のところ
【ご新規100名様キャンペーン】初回体験無料で受付いたします。
マンツーマンで行います
所要時間:60
☆zoomでのオンライン開催
日程:お申込みいただいた後に調整いたします。
簡単なアンケートへのご協力をお願いいたします。

 

お申し込みはこちら下矢印下矢印

LMCメンタリングカード無料体験セッション

WRITER
森 憂子 先生  
Yuko Mori

1980年千葉県生まれ。しし座A型。
フラワーコーディネーター歴15年。
10歳7歳のサッカー少年を育てるシングルマザー。

離婚し大好きな花の仕事を手放して営業職に。出来ない自分を責め続け無気力になっていた時、LMCと出会う。
「休みたい」という気持ちを言葉に出来たことで、一人で走り続け休む事を許可できなかった自分に気付く。
さらにTW養成講座を受講し、今まで閉じ込めていたやりたかったことが溢れて、誰にだって「やりたい」気持ちがあるのにそれを夢だと言えないだけなんだ!と気付く。
子供の頃から自分の気持ちに素直に気付ける環境を当たり前の世界にしたい。

◆ライフミッション:夢を持たない人をゼロにする!
◆好きなこと:花束ね、デザイン、温泉、お昼寝
◆嫌いなこと:グチ文句を聞くこと、家事、メロン