HOME  >   ライフミッションコーチ協会®とは?

REPORT
体験レポート

【前編】トゥインクル認定試験〜険しい最終関門の裏話〜

Category : 養成講座  Date : 2017年01月26日

私たちはビジョン実現に向かって日夜活動しています。

新たな認定講師が1DAY講座を開講したり
2期以降のトゥインクルスター養成講座が始まったり
6月にロイド博士を招致する会場が決まったり…

と、近況だけとっても新たな展開が次々と生み出されており
それは全国各地に散らばるチームメンバーや認定講師に支えられています。

できて間もない創業期→成長期にあるLMCにとって、
関わる一人一人の力が全体の成長の要になってくるのです。

まさに「企業は人なり」という言葉通りですね。

つい先日LMCが新しいチームメンバーを迎え入れる
大切な日がありました。

認定講師であるトゥインクルスターの
「認定試験」の日です。

今回のレポートはこの認定試験がテーマです。

トゥインクルスター養成講座が終わると
最後にはドキドキハラハラの認定試験が待ち受けています。

ルナちゃん(生徒さん)を導く認定講師として、
LMCの未来を担うリーダーとして相応しい存在か

候補者目線では、自分がLMCの場で本当に活躍したいか

そんな双方の意志を確認し合う最終関門です。

認定試験の主な構成は以下の5つ!

①事前課題
②適性検査(個人特性のアセスメント)
③筆記試験(フィロソフィー等の正確な把握と実践)
④叶代表・松尾さんとの面接
⑤グループディスカッション

加えて、講座中の受講態度や提出課題などを綜合して
試験の合否が決まります。

(とても険しい難関との噂)

今回のレポートは、
「筆記試験」と「グループディスカッション」パートを担当した
私くわっちが現場の様子や気づきをお届けします⭐︎

(写真中央に立っているのがくわっちです)

・・・と、内容に入る前に
みなさんひとつ疑問に思うことがあるはず。

「認定試験なんだかガチすぎはしませんか?
しかも5つも・・・」

こんな険しい道のりと感じるのも無理ありません。

あなたが今までどこかで見聞きしてきた
その「認定試験」とは明らかに異なるからです。

まるで就活や転職の選考さながらの厳しいフローですが、
まさに企業人事の選考プロセスを踏襲しているものです。

それもそのはず!

なぜならこの認定試験の選考フローは、

人事(採用・定着・育成)のプロフェッショナルであり
企業向けの採用コンサルティングを行っている

チームメンバー:松尾のドン監修だからです!!!

 (松尾さん、すみません笑 悪意はちょっとしかないです。)


試験当日は、ひとりひとりのライフミッションを丹念に受け止め
真剣に向き合ってくださいますのでご安心を!

ここで伝えたいのは、
講座後にエスカレーター式でそのまま資格が付与されたり
試験という体裁で実質は全員素通り合格なんて甘い話
LMCではありえないということです。

なぜなら、数ある難関をくぐり抜けた者しか
認定講師になれない仕組みになっているからです。

そうあるべき理由があるからです。

・協会の顔となる認定講師
・ルナちゃんの見本となり導くリーダー
・フィロソフィーを体現する存在
・協会の未来を創るトゥインクルスター

そんなLMCの中核を担う人物ですから、
中途半端だと自信を持って勧められません。

太鼓判を押せる人物だけをHP等で紹介したいので
認定試験も本気なのです!!

 

だからあなたには認定講師の講座に
安心して足を運んで頂きたいと共に、

あなたの価値観とLMCの方向性にどこか重なりを感じたなら
ぜひ養成講座・認定試験にもいずれは挑戦してほしいです。

何も必要以上にプレッシャーをかけたいのではなく、
この険しさを乗り越えてくる情熱の持ち主である
そんなあなたに出逢いたいがためです。

それほど私たちはこの認定試験を重んじているということです。

(事の重大性が伝わりましたでしょうか?)

認定試験の中身をお伝えする手前の「前提」の話だけでも
ここまででけっこうな文量になってしまいましたね(汗)

今回は「前編」とし一旦ここまでで一区切りとし、
近日中「後編」として認定試験のレポートをさせて頂くことにします。

「家政婦は見た!」的なくわっち独自の視点から、
次回は認定試験の中身や模様をお届けしたいと思っています。

ということで!
気になる中身は「後編」を乞うご期待⭐︎

Written by くわっち