HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

【受講レポ⑥】トゥインクルスター養成講座・第三回目

Category : 体験レポート  Date : 2018年09月22日

 こんにちは^^

 

 

 

ライフミッションサポーターの早瀬結香です。

 

 

◇◇現在募集中の1day講座一覧◇◇

10月21日(日)@東京 1day講座開催決定!!
自分の「強み」を掘り起こして、可能性を形にする第一歩!

【強み発掘 1day講座 (4時間)】

その他の講座は、こちらからご覧ください! 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

◇◇50名様限定・無料体験モニターセッション(60分)◇◇

ただいま大募集中です^^
私自身、多くの経験を積み、
多くの方のお声・お悩み・ご意見をお伺いしたいと思っています。

自分の可能性を見つけたい方、
今ここから新しい人生を生きるきっかけをつかみたい方は、
こちらまで、お申込下さい。

①今ここから可能性あふれる自分の人生を始める一歩をつかむ、体験セッション★
②最強の自分を見つける!強みカード・ポラリスコーチング体験セッション★

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

 

【ここまでのオハナシ】

【受講レポ①】トゥインクルスター養成講座 =挫折感いっぱいな自分、受講まで①=

【受講レポ②】トゥインクルスター養成講座 =挫折感いっぱいな自分、受講まで②=

【受講レポ③】トゥインクルスター養成講座 =挫折感いっぱいな自分、受講まで③=

【受講レポ④】トゥインクルスター養成講座 第一回目

【受講レポ⑤】トゥインクルスター養成講座 第二回目

 

 

 

ここまで、
叶理恵さんの「トゥインクルスター養成講座」受講レポートを、
全6回の講義のうち、2回まで何とか書くことが出来ました。


(まだ2回なのに、出産したくらいの消耗度・・生みの苦しみ・・)

 


ですが、このようにレポートにすることで、


私自身も、自分で再確認して、
落とし込むこともでき、とても有意義だなーと思います。
だから時間がかかるのか (-“-)



私がトゥインクルスター養成講座を受講したのは、
今年4月~7月のこと。
講座は、LMC協会代表の叶理恵さん以外に、
「ヴィーナス」と呼ばれる、LMC協会の中で、
「ライフミッションを探すお手伝いができるファシリテーター」が開催できるもので、
全国で、叶理恵さん以外の講師の方も開講しています。
どの講座も魅力的。

私は、そのエネルギーに惹かれ、
そのタイミングを掴むことが出来、
理恵さんご本人から、受講することが出来ました。





講座と講座の間には
日報での行動報告や、授業の動画がたっぷりついていて、
視聴して復習と、自分の考えをアウトプットし、提出する、
というものが最初から最後まであり、
そのほか、各回での個別の課題が出たりします。

その合間に、
LMC協会の、カードコーチングを受講して、
メンバー同士でセッション練習したりして、

「内面ホリホリ」と呼んでいるのですが、

自分の心・気持ち・考え・過去やそこから自分が思っていることに、
どんどん向き合って、気が付いて、
それを言葉にして書き出し、口にして、深堀していきます。

夜な夜な、
時にはweb会議システム(zoom)で、
時には集合してご飯を食べながら、

それぞれのライフミッションストーリーの、
「わかちあい」をしていました。





「自分と向き合う」っていう言葉って、最近よく聞きますよね。

自分と向き合うことって、
なんとなく大事だっていうのはみんなわかると思うのですが、


なぜ大事かと言えば、
トゥインクルスター養成講座の大きな目的が、
「自分の幸せのコップに気づく」こと、とあるように、


~~~~~~~
自分は何が好きで、どんな価値観があって、
どんな世界でいきたいのか?
どんな思いの中で過ごしていきたいのか?
~~~~~~~



夢とか、つきたい職業っていうよりも、深い、
生き方っていう言葉よりも、もっと自分事のような、

そんな、↑みたいな、

自分の幸せの基準、
そこに対して、湧き上がる感情だったり、思いが

「情熱の源」に気が付くために必要なんだと思います。




自分の気持ちって、ここまで書いてきたように、


自分の気持ちを見ないようにしたり、
いつの間にか親や世間の価値観に合わせていたり、
自分の本当のサイズじゃないとりつくろったような自分になっていたり、
自分にたくさんダメだしや禁止事項があったりして、


見えなくなっていたり、気づかないようにしていたり、
はたまた、形自体がなくなってしまっていて、
ここから、自分で形を与えてあげなくてはいけなかったり、

そんな状態になっていることが多いんだなって、
私自身も、自分に向き合う中で、感じたりしました。







「自分の中に答えがある、それを引き出すのがコーチング」

というのは、
半分正解で半分間違いじゃないかと私は思うんです。


確かに、その「何かに」、
自分の心がぐっとくるか、ピンとくるかは、
自分にしかわかりません。

でも、そのぐっと来た気持ちの正体が何なのか?は、
特に、ずっと自分の気持ちを抑えたままで来てしまったりすると、
わからないことが多かったりします。


だから、
たくさん、心が動くポイントを見つけて、


なんでそう思うんだっけ?とか、
どうしたら嬉しかったんだっけ?と、

丁寧に掘って行ったり、
自分ひとりでだけじゃなく、それを安心できる場・人に話すことで、
恥ずかしいとか、嬉しいとか、嫌だとか、
そういう気持ちに、「直面」することによって、

なんというか、
どんどん、気持ちに「形を与えてあげることが必要」なんではないかと。



~~~
自分の内面に向き合う
~~~



それは、

ただ、考える、とかじゃなくて、
このような、「スパーリング」みたいなことをしたり、
かきだしたり、話したりして、
どんどんと、明るみに出てくるものだとわかりました。

きっとそのための場所がこの講座であり、一緒にその過程を歩むのが、
コーチだと思っています。



ぱっと浮かんだインスピレーションや、
理想とか、思いも、
日常で実践していると、すぐに結果がでないこともあったりして、
そうすると、「やっぱり無理なんじゃないか?」
と、ポキっと行ってしまうこともあります。

私なんかめちゃくちゃありました。挫折大王。


だから、

そんな浮かんできた気持ちで行動して、
更にその気持ちを上塗りして、強固にしていけるように、
常に感情にフォーカスしたり、報告できる相手を作ることが
実はコーチングの大きな役割だなーと思っていて。

このトゥインクルスター養成講座も、
「ノミの集団を増やす」という心意気で、
みんなで、思いを上塗りして、進んでいくことができる場所になっています。


※「ノミの集団」とは?
瓶の中にノミを入れてふたをすると、
ぴょんぴょん高く飛べたはずのノミも、ふたにぶつかっておとなしくなってしまう。
で、ふたを外しても、「飛べない!」という思い込みで飛ばなくなってしまうけど、
そこに、他の場所から高く飛べるノミを入れると、
諦めてしまっていたノミも、「飛べるんだ!」と気づいて、
また高くジャンプすることが出来る。ということになぞらえて、
みんなの成長が、みんなの勇気になり、
一緒に飛んでいける!というものです^^




なんか、「自分に向きあう」って言葉が氾濫する今にあって、
その「わかったようでわからない本当の意味」みたいなものを、
前髪の先くらいに、つかみどころがないのですが、
それを一生懸命掴もうとすると、私なりにこんな解釈になっています。


こねくりまわして、すみません ><;






さーて、いつも通り、前置きで長くなりましたが、

気を取り直してトゥインクルスター養成講座・第三回目レポートの続きです。


今回は、

◆ミッション・ヴィジョン・バリューについて
◆人を動かすストーリーについて
◆リーダーシップについて


を学びました。






会社とか、いろいろなニュースで、
ビジョン・ミッション・バリューってよく聞くと思います。


私はサラリーマン生活の中で、
経営企画とか新規事業のプロジェクトを担当することが多かったので、
このビジョン・ミッションを考えることもありました。
とはいえ、そこはザ・日本の古ーい会社なので、
何となく、言葉遊びみたいな、
いい加減に作ったわけじゃないですが「適当」になったことも事実で・・・

大手コンサルの人も駐在して、一緒に作るという経験もしたのですが、
会社が、上の人が言ったことを
そのままパワーポイントにできれば優秀と言われるような環境だったので、
会議で、本音や本当に思っているアイディアを伝えても、
「何言ってんの?」みたいに、蹴散らされる環境で、
本当に、そのビジョンを熱い気持ちで創ろう!みたいな流れにならず、
打ち破れた経験があります・・・



だから、
私いまいち、それぞれがどういう意味か、わかってなかったし、
そもそも、それって自分の日常とは、
あまり関係がないものだと自然と思っていました。
上のような経験もあり、
そんな熱い気持ちで訴えても、なんか、
「青臭い人」みたいになることが、日常生活上は、
まだまだ多い気がしていたんです。




でもですね、
自分の人生の「ビジョン・ミッション・バリュー」を持つことは、
とても大事だと、ここで気が付きました。



LMC協会では、
それぞれを以下のように定義しています。
・ビジョン:心から目指したい姿、作っていきたい理想像
・ミッション:ビジョンに向かう途中で何があってもあきらめない理由
・バリュー:ビジョンを実現し、ミッションを遂行する中で使うこれまでに培った能力・資源



この講義を受けるまで、
・ビジョン・ミッション:わからない。だからトゥインクルを受けた
・バリュー:自分に誇れる能力・資源はないと思っていた
という状態でした。



だから、なんか根無し草というか、
「こういう世界に生きたいな」という思いがあっても、
人の言葉とか、うまく行かない現実があると、
なんか心がざわざわしたり、急に不安になったりして、
「自分はダメだー」と動けなくなったりしました。




実は私、
この1年前に、同じようにコーチで起業しかけて、
半年ちょっとで心折れることがあり、
フェードアウトするように挫折してしまっているんです。
その時の心境は、
・やってもやっても自分なんて実績もないしっていう思いが抜けない
・何を伝えたいのか、源泉・動機みたいなものがわからない
・日常会社もあり、嫌なことがあると意識を占有されてしまう

みたいなことがあって、
なんだか、心がジェットコースターだったり、
「自分、イマイチ」みたいな気持ちに襲われました。
一時の、キラキラ起業ブームみたいなものはもう落ち着いていたものの、
ブログ界隈だと、
「自分の気持ちを吐き出すだけであっという間にお客様が来ました」
みたいなものも氾濫していたりして、
なんか自分だけ、ダメなんだっていうループにはまってしまっていたんですね。
はまるとやっぱり一人じゃ抜けられなくて。苦しくなってしまったんです。



思うと、

「自分がどういう世界で生きたくて、何を実現させたいのか」
「それに自分の全身全霊を生かせるものって何か?」
っていう、
木で言うと、「幹」みたいなものがなかった・気づいていなかったから、

吹いてくる向かい風に、
びゅお~っと吹き飛ばされて、
しょんぼりしてしまった、という感じでした。



※右奥が私、なんか目詰まりがありそうな顔してます・・・



だから、
トゥインクルスター養成講座のテーマでもある、
自分のライフミッションを見つけること、
そのために、ビジョン・ミッション・バリューを明確にすることは、
自分の幹をはっきり確立させてあげることで、

「ブレなくなる、しなやかになる」
「立ち直る力(レジリエンス)を身に着ける」


ためにも、
本当に必要だな!と思いました。


かといって、
これまでやりたいことも満足にわからなかった、
会社を惰性で12年間続けてきた自分に、
そんなビジョン・ミッション・バリューが本当に見つかるのか、
この時はまだまだ、
期待と不安が同居していたことも事実。





そんな中、講師の叶理恵さんがおっしゃっていた言葉が、
自分も、「そんな世界に生きていたいな」と思うことと合致する部分があって、
何というか、思い込みが外れたというか、

「そんな青臭い」みたいに言われる理想って理想でしかない、
と言われる意見を採用して、
それこそ自分の可能性を狭めているだけ、
錯覚みたいなものなのかも知れない! と。




理恵さんのメンターでもある、
和仁達也先生が、理恵さんに、
「叶さんは、ビジネスを使って壮大な遊びをしているみたいだね」
とおっしゃったそうです。


これはビジネスを金儲けとか、
なんかちょろく考えている、という意味の言葉ではなく。


自分の熱い熱い思いと、
そこから来るビジョン、ミッション、バリューを体現するように、
ピュアにビジネスをしている。
もしかしたら、ビジネスっていう意味合いより、
その源泉のまま振る舞うことで、ビジネスが結果成立しているというような
そんな感じかも知れませんが・・・
(もちろん、理恵さんは常に学びを重ねていらっしゃいます)


この言葉、うまく伝わるかなあ・・・
そのあとに理恵さんが言っていたのは、
「わらしべ長者」みたいな感じだと・・・。


わらしべ長者って、
自分の持っているものを大事にして、
それがどんどん物々交換されていって、
裕福な暮らしが出来たっていう物語ですが、

この価値の物々交換って、すごくいいなあと思っていて。


自分が出来ること、得意なことを、
それを必要としている人と交換する。
売り込みとか押しつけとかじゃなくて、

それぞれの持っている価値を発揮しあって、
結果、豊かさを交換する、

みたいに感じるんです。



以前、海外で日本人奥様方向けに、
生活をご支援する仕事をしていました。
その時に、たくさんの習い事の先生たちとつながり、
打ち合わせをしていた時に、
「私、これができるよ」って、
みんなが得意分野を持ち寄るように、
どんどん打ち合わせがまとまっていくんです。
ヨガを教えられる、整体のアドバイスが出来る、薬膳を教えられる・・・等

それが、

「自分が出来ること・自分で居ること=”価値”の、物々交換だ」
って、うっすら思っていました。

自分が好きで、楽しくて、
それをやっていきたいと思うことを提供しあう。
とってもいいエネルギーだなと思ったし、

それが6年くらいの時を経て、
理恵さんの話を聞いて、

やっぱり、そういう世界が素敵だなと思ったんです。



でも、オチもあって、
その仕事をしていたときの私は、
私だけサラリーマンで、海外で勤務していると言っても会社に命令であって、
しかも打ち込めるものすらわからず、
何もできないな・・・と思って、それを打ち明けたときに、
こんなことを言われました。

「結香ちゃんが、みんなに活動の場所を提供して、
そのスケジュールを取りまとめてお客様に伝えたり、
講師を取り持ったりするから、私たちは活動できるんだよ。
そういう場を作るっていう才能があるんだよ」と。


私はその時、
「会社の名前があるから、会社の仕事だから出来ていること」
だと思っていて、この言葉を受けれませんでした。
何も才能も、スキルもない自分としか思えなかったですね・・・



今思うと、

「日本人の奥様たちのお声を聞いて、それに寄り添ったり、
そういう皆さんに、海外の生活の不安をシェアしあったり、楽しい生活をしてもらうために、
一助になるような、習い事を紹介したいから、
自分がお勧めしたい先生たちをつないで、
楽しめる空間を作る」

という、自分にできたバリューだったのかも知れない・・・


6年前のがっかりした自分を、
今は、その「場」が必要だと思えた自分をバリューだと
思えるようになった講義でもありました。


だから、
自分にはできないかな?とか、価値はないかも、って
ひょっとしたら思うことないんじゃないか、
もっと、「ハードルを下げて」考えていいんじゃないか?って
次第に、錯覚もなくなっていきました。


例えは悪いですが、
戦後の闇市だって、そうじゃないですか?
いいか悪いかは別ですが、
それはみんな生きるために必死だったわけですが、
自分が持っている、最大限の価値のあるもの(当時は物質だったわけですが)を、
必要な人に届ける(この時は”売る”です)、
それだけだったはずです。

だから、とってもシンプルなことだし、
自分が出来ること、思っていること、経験したことでさえ、
勇気になる人や、必要としている人がいるかも知れない・・・

そんな風に、頭を整理することもできました。





更に、
ビジョン・ミッション・バリューの「重なり」が大きいものを見つけて、
そこを生かすようにしていくと、

満足感も高いし、自分の充実度も違う、
そのままの自分で必要な人に価値を届けられるし、
ありたい世界で価値を発揮できる自分になれる。
ということも学びました。



自分だけの情熱の源泉、
突き動かす熱い思いの源を突き止めていくのが、
このトゥインクルスター養成講座であり、

その思いのまま伝える、
「ライフミッションストーリー」は、
熱い思いそのままなので、

それこそが、人の共感を呼び、人の心を動かすということもわかりました。
でも、人を動かすだけじゃなくて、
自分の「生きたい世界」をはっきりさせたストーリーだから、
まずは自分自身を動かす原動力になる。


綺麗な言葉で取り繕ったり、飾ったりするのではなくて、
不器用でも、そのまんまの自分の思いに気づいて、
それが「自分だ!」と宣言するように語ることで、

自分自身を動かす原動力を明確にすることが出来る。
だから、人もそれに共鳴する。


もし、
私のストーリーがだれかの勇気になって、
それをきっかけに、自分のエネルギーを増幅させて、
更にその人がまたエネルギーを他の人に分けていって、

なんか、
キャンドルサービスみたいに、
聖火リレーみたいに、

自分のそのまんまの思いが、
価値を紡いでいくことが出来たら、

とってもあったかい世界だなあと感じました。







「思いのまま行動して、その自分で価値の物々交換をしたい。
そんな共鳴の世界に居たい」


これまで”理想”だと言われ続けた、
本当に私が望んでいたものは、理想と終わらせる必要はないんだ、

そう静かに感じた、第三回目の講義でした。


今日も長いレポートを、
お読みいただきありがとうございました!
第四回目のレポートに続きます!

 

 

 

 

 

 

========================
◆自分の内面に向き合い、可能性を引き出す◆
 ”自分を突き動かすエネルギー源に、
 気づきたくないですか?”

◇カードコーチング 無料体験モニターセッション

↓↓このような方、ちょっと気軽に話したい方、大大大募集です!↓↓

・自分の熱い思いはどこにあるのか見つけたい
・自分の可能性を知りたい
・夢に向かって一歩踏み出す自分になりたい
・変わりたいけど、なにから始めたらいいかわからない
・挫折感から抜け出したい

1時間、自分の内面を一緒に見つけにいきませんか??

 


========================
◆自分でも気が付かない「強み」に気づくと可能性が広がる◆

◇強みカード・ポラリスコーチング 無料体験モニターセッション

 

↓↓強みに気づくとこんな風になれます↓↓

・自分で強みを生かすことで、行動が楽しくなる
・頭の中でリフレインしていた「自己なんて」が聞こえなくなる
・「こんなことできるかも?」というアイディアが沸いてくる
・起業家の方は自分のコンテンツが生まれる!
 会社員の方は組織で力を発揮するポイントがわかる!

 

 

========================

■■無料体験セッションへの私の思い■■

早瀬自身、
より多くの方にお会いして、お声をたくさんお伺いしたい、
経験をたくさん積ませていただきたい、
そして、本当に何より、
「多くの方の可能性がチラチラ!と見える瞬間にお立会いしたい!!」
という思いでおります。

 

まずは、口に出して、自分の気持ちを知っていくことから!
ぜひ、体験セッションにお越しになりませんか??

 

 

 

 

WRITER
早瀬 結香 先生  
Yuka Hayase

1983年生まれ、やぎ座AB型で、動物占いは自由を好むペガサス。

ライフミッションは、
【誰もが自分の思いを自由に表現し、
情熱の源泉のまま、自由に人生を謳歌できる世界を創る】。

長い間典型的優等生として自分の気持ちを感じないようにしながら、
人の目を気にし、期待に応える日々。
大手企業で海外駐在・管理職になったものの、
長く続く挫折感で10年以上も自分探しの旅にかけたお金は○百万…

そんな中、「安心・安全・ポジティブな場」で、
自分の気持ち・感性を感じ自分を知り発していく作業を通して、
【本来の自分に還れば、人は誰でも自分の力で
情熱の源泉に自然と気が付き、ライフミッションを生きられる】
と知りました。

色々な学びや講座で、
”うまく行ってる側の人から、なんとなくうまくいく方法を聞いたけど、
やっぱりうまくいかない”という日々から、
一緒に軽やかに卒業しましょう。
【自分の力で、可能性にあふれた毎日を送る】ために、全力で、伴走します!

趣味:旅行、地図集め、ドライブ、人の「好きなこと」を聞く
   おいしいモーニングを食べに遠出すること
   歴史の本を読む、物事の起源を調べる
特技:人の思いを引き出す・やる気に火をつける
   会議の板書・議事録作成