HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

「影響の輪」の話し。自分の力ではどうにもならないことに意識をむけてませんか?

Category : 未分類  Date : 2020年10月20日

いつもご覧いただきありがとうございます。

 
塚田さと子です。
 
 
 
ちょっと最近モヤッとすることがあり、
あったかセールス養成講座の講師の堀部ちゃんに、個別コンサルの時に相談しました。
 
 
余談ですが、
LMC協会理事の叶理恵さんは、
何か質問したら、
 
 
なぜ、その質問をするんですか?
 
 
と、必ず聞かれます。
 
 
だから怖くてうっかり聞けない小心者の私ですが、その質問の意図がわからなければ、
当たり前ですけど答えられないですよね。
 
 
 
私たちってどうでもいいことは聞けるんですけど、肝心なことは怖くて聞けない。
 
 
 
そこを攻められるとしどろもどろで、
アワアワするけど、本心はそこにあったりします。
 
 
トゥインクルスター養成講座を受けた
星乃まなさんも、堀部ちゃんも、
同じことを言われます。
 
 
なんで?
 
 
さとちんはどうしたいの?
 
 
これを何回言われたかわかりません😅
 
 
 
 
そして話しを元に戻しますと
今回も堀部ちゃんから、
どうしたいの?って聞かれました🤣
 
 
グダグタの私に、以前講座にでてきた
 
影響の輪
 
の話しをしてくださいました。
 
 


 
 
私たちは、自分の力でどうにもならないことに意識を向けがちです。
 
 
 
自分でコントロールできることって
 
 
自分のあり方
 
自分の考え方
 
自分の行動
 
 
なんですよね。
 
 
そしてコントロールはできないけど、
影響を与えることができるのは、
それによってうまれる、
 
 
 
成果であったり、
 
未来であったり、
 
評価であったりします。
 
 
 
なのに、私たちはすぐ、
 
他人であったり、
 
社会や、世間や、過去や、天気など
 
とりあえず自分の力ではどうしようもない
コントロールできないものばかりを
気にしてしまいます。
 
 
その問題が直接解決できるようなものでなければ、
 
 
まずは自分ができることを考えて行動をする。
 
 
それしかないんです。
 
 
 
なのに、
 
 
あれがないから…
 
あの人がやってくれないから…
 
〇〇だから、
 
 
と、外側ばかりに意識をむけて、
 
 
どうしよう
 
どうしよう
 
 
とグルグルするのです。
(あ、以前の私です😂)
 
 
この影響の輪の話しを改めて聞いて、
 
考えること、やることが明確になりました❣️
 
 
 
これって子育てにもあてはまりますよ。
 
 
子どもをどうにかしようと思ってるお母さん。
(習い事ばかりさせるお母さんの記事はこちら。
 
 
 
 
 
 
子どもはどうにもなりません。
 
 
 
子どもをどうにかしたければ、
 
 
自分のあり方、考え方、行動で、
影響を与えていくしかありませんね🤗
 
 
どんな子育てがしたいが、一度考えてみてくださいね☺️
WRITER
塚田 智子 先生  
Satoko Tsukada

愛知県豊田市在住。1972年生まれ。みずがめ座O型。

普段は学研教室の先生をやっております。
学習を通して、子どもたちの自己肯定感を育む指導をこころがけております。
多くのお母さん達のお話しを聞き、寄り添いサポートしてきた経験を生かし、女性が元気になるような丁寧なコーチング、講座、サポートをしております。

ライフミッションは
「自分を満たして、ありのままの自分を好きになり、自分のやりたいことが言える人を増やす」
ビジョンは
「全ての人が自分の強みを発揮し、わかちあい、喜びや幸せを共有しあえる社会を創る」

趣味: 食べ歩き、旅行、読者
特技: 傾聴(安心して話せるとよく言われます)