HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

【後編】個性満開のグループディスカッション⭐︎

Category : 体験レポート  Date : 2017年02月09日

みなさま、こんにちは^^
 
 
桑原(通称くわっち)です。
 
 
前回に引き続き、
トゥインクルスター認定試験レポートの後編です。
 
 
▶︎前編はこちら!
→【前編】トゥインクル認定試験〜険しい最終関門の裏話〜 
 
 
▶︎受験生側のでぐっちゃんのレポートと併せて読むと面白いかも⭐︎
→トゥインクル認定試験ってどんな感じ??~試験を受けた人にしか分からない裏話し~
 
 
 
前回は、認定試験を課している目的・前提や
その重大性だけで一記事分書き上げてしまったので(笑)
 
いよいよ中身には入ります!
 
 
 
 
トゥインクルスター養成講座が終わると
最後にはドキドキハラハラの認定試験が待ち受けています。
 
ルナちゃん(生徒さん)を導く認定講師として、
LMCの未来を担うリーダーとして相応しい存在か
 
候補者目線では、自分がLMCの場で本当に活躍したいか
 
そんな双方の意志を確認し合う最終関門です。
 
認定試験の主な構成は以下の5つ!
 
①事前課題
②事前適性検査(個人特性のアセスメント)
 
③筆記試験(フィロソフィー等の正確な把握と実践)
④叶代表・松尾さんとの面接
⑤グループディスカッション
 
加えて、講座中の受講態度や提出課題などを綜合して
試験の合否が決まります。
 
(とても難関との噂)
 
 
 
試験前日の受験生のブログには、
試験対策の仕上げ中のような投稿が見られ
みんな真剣な面持ち。
 
 
今回のレポートは、
筆記試験とグループディスカッションパートを担当した
私くわっちが現場の様子や気づきをお届けします⭐︎
 
 
試験当日は上記の内、
①筆記試験、②面接、③グループディスカッションの3つが実施されました。
 
 
この内桑原が担当した①と③についてレポーティングしますね。
 
 
 
①筆記試験
 
 
筆記試験は、60分間で暗記物と記述物の2段構成。
 
 
内容は単に暗記するだけの物もありますが
8割以上は価値観や考え方に関する設問であり、
 
 
チームや講座の現場で自分がどう思考し行動・言動をするか
「あり方」がまさに問われる内容でした!
 
 
 
 
桑原は、写真中央のように試験監督!
 
 
4、5年前の学生時代に、
就活をしていたときを思い出しました(笑)
 
 
みんながんばれ〜!!と心の内で念じていましたが、
採用活動の人事もそんな気持ちだったのかなぁ
 
 
そう思うとなんだか感慨深い物があったと共に
まさか自分がその立場を担う側になるとは
微塵も思いもしませんでしたよ。
 
 
人生って不思議ですね⭐︎
 
 
 
 
試験の様子はというと、
受験者のみなさんは終始フルスピード!
 
 
A4が5枚分ほどの量を書きあげるために
全員時間ギリギリまでガリガリとペンを走らせていました。
 
 
もしあなたが今後採用試験の受験予定ならば
これは相当な覚悟をする必要が有りますね。
 
 
抜かりない準備でも、かなりハード、且つ、真剣なので
生半可な気持ちでは時間的にも内容的にもかけないでしょう。
 
 
60分のタイムアップを告げた途端、
「ぷは〜〜!!!」という解放感が思わず漏れ出ていました(笑)
 
 
 
ところが、その5分後には
すぐさま面接とグループディスカッションが始まるのでしたー!!
 
 
 
 
(②の面接の模様は、上記のでぐっちゃんの記事にて)
 
 
 
 
③グループディスカッション
 
 
 
 
トゥインクルスター含めLMCは全体的に
個人では抱え切れない大小様々な案件が同時進行で展開するので
必然的にチームプレイが求められます。
 
 
またサラリーマンや起業家、コンサルタントなど
経験もスキルも動物園のように多様な場なので、
 
 
 
・個が尖っていることと
・チームで協力してシナジーを生むこと
 
 
この両方のエンジンを用いることになります!
 
 
それを率いる存在としての適性を見るために、
グループディスカッションを試験として課しています。
 
 
近頃の就活生が、
グルディスとか、GDとか略すアレです。
 
 
 
まず状況設定としては、
 
・3つの設問に対して(面接じゃない)4人のメンバーで取り組む
 
・1つの設問に対して制限時間は25分間
 
・役割分担は、毎回入れ替えて被らないようにする
(例:司会、リーダー、書記、タイムキーパー等)
 
・設問に対する回答を桑原に報告してもらうプレゼンが成果物
 
 
 
テーマはここでは明かせませんが、
LMCで活動していく上で重大な問いかけがなされました。
 
いずれも予め決まった正解がない質問なので、
制限時間内にチームで納得解を出す必要があります。
 
緊張のグループ面接が終わると休む間もほぼなく
即GDが始まるハードスケジュールでしたが、
みんな笑顔で盛んにやりとりができていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その最中で桑原が感じたのは、
 
 
⭐︎安心・安全・ポジティブな場をつくる各々らしい振る舞い
 
 
⭐︎絶えず顧客視点に立つ思いやりあふれる言動が際立つ人
 
 
⭐︎全体を俯瞰視した広い視野の持ち主
 
 
⭐︎行き詰まった時に時間をかけてでも目的に立ち返る発問
 
 
⭐︎ホワイトボードに丹念に議事録を取る
 
 
⭐︎これからLMCに関わる人に対する愛
 
 
⭐︎ビジネス数字を用いた戦略を練るのが得意な人
 
 
⭐︎聞き手に徹しながらも、必要なタイミングでは意見を述べる
 
 
 
・・・と挙げきれないほど、
一人一人の個性とそれが織り成されたチームプレイが発揮できた
ナイスプレイあふれる充実の時間となりました。
 
 
 
そんな半日間に及んだ採用試験。
 
 
険しい関門をくぐり抜けて、
6人のトゥインクルスター・ステラが誕生したのでした〜
 
 
LMCらしさを身にまとった素敵なメンバーです🎵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月に入ってからは
それぞれの思い想いの活動や講座がすでに始まっております。
 
 
ぜひトゥインクルスター・ステラの講座に足を運んでみてください!
 
 
 
Written by 桑原