HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

気持ちが落ちて体調不良なのに上手くいっている証拠!?

Category : 体験レポート, 養成講座  Date : 2018年10月11日

こんにちは。

ライフミッションサポーターの林英理子です。

 

この前の3連休には、加守田和佳子先生のトウィンクルスター養成講座

第3回が開催されましたー!!!パチパチー!👏

自分の情熱の源泉=ライフミッションを掘り起こす一大イベントがあるこの講座、

第3回と中盤に入り、みんな学びの量と内容に少し疲れも見えはじめる頃・・・

 

私も今回、サポートとして一緒に受講させていただいていて、

自分のライフミッションストーリーもブラッシュアップさせようともがいているのですが、

やっぱりこの掘り起こし、負荷高ーい!((+_+))

一度経験済みの私なんて、それはわかっちゃいるんだけど、、、どうにもならない(苦笑)

落ちるときは落ちるんですよね。。(^^;)

 

だけど、LMCの良いところだな~って思うのは、

その、落ちたことを認め合えること。

 

普通、何か講座を受けるとかしているときって、

気持ちが落ちちゃって立ち止まってることとか、

体調も崩しちゃったりでしんどいこととか、

なんだか言いにくいな・・・もっと頑張ってる報告しなきゃいけないかな・・・

とか思ったりしませんか?

私は、以前はそうだったんですよね。

 

でも、LMC協会では、内面ホリホリしたり、ライフミッションを掘り起こしたり、

自分の内側に焦点を当ててしっかり向き合っている時には、

気持ちが落ちたり、体調が悪くなったり、家族の調子が悪くなったり、

そういうネガティブな反応は、当たり前に起こることとしてとらえます。

だから、そういう一見ネガティブに思えることも、

お互いに吐きだすこと、そして、認めた上で応援の風を送りあうことをします。

何なら、調子悪いと「お、上手く掘れてるね~!^^」って褒められます(笑)

 

初め褒められた時は「え、何言ってるんだろう・・・?(・・?」と思いますが(笑)

一回経験すると「なるほどそういうことか(゜o゜)」と納得なのですね。

そして次に同じような人に出会うと、同じように褒めたくなるのです(笑)

 

そして、こういう環境があるということはとっても強みだなとも思うのです。

ネガティブなことを吐きだせるということは、等身大の自分でいることができます。

取り繕って背伸びして格好良い自分を演出するエネルギーがいらないので、

ネガティブな反応をきちんと昇華させ、前に進むことができるのです。

 

立ち直り力が強い人は、吐きだせる場所(人)が5つ以上あるそうです。

これも、LMC協会で学んだことです。

速く進んでいく人も、決して、落ちないわけではないんですね。

 

あなたには、吐きだせる、受け止めてくれる場所は5つ以上ありますか??

そんなにないわ!。゚(゚´Д`゚)゚。というあなた!

LMC協会はとってもオススメですよ(*^_^*)

WRITER
林 英理子 先生  
Eriko Hayashi

1983年生まれ。かに座のAB型。
ライフミッションは「自分を大切にして幸せな選択が出来る人を増やすこと」。
誰かの価値観やものさしでなく、自分の幸せを基準に人生の選択を出来る人が増えれば、
自分も周りも丸ごと認めて受け入れることができるはず。みんな違ってみんないい。
そんな世界を創っていきたい。
 
特技:人前で話すこと。気になったことは考え続ける。
趣味:のんびりすること。本を読むこと。学びの場に出かけること。カラオケ。