HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

自分らしい生き方を叶える3ステップ!人生を変えて生きやすくなる方法

Category : リアル日記・1Day開講までの道のり, ヴィーナスまでの道のり  Date : 2019年08月29日

こんにちは!ライフミッションサポーター®のたしろ さと美です。

「自分らしい生き方」って憧れませんか?つい誰かと比べてしまったり、他人軸で生きてしまい疲れてしまったり。そして、「自分なんて…」と落ち込んでしまう。。こんなことありませんか?

もし、あなたが自分自身の本当の気持ちが分からなかったり、本音が言えない生活をされているなら、きっと「もうそんな生き方を辞めたい。本当の自分になって、自分軸で考えたり行動出来る人生にしたい!」って思うのではないでしょうか?

そんな方へ、ライフミッションコーチ®協会で叶理恵さんから学び、自分でも実践して、会社員を卒業して自分らしく心を削らずにお仕事もできるようになった私が「自分らし生き方を叶える3ステップ」を心を込めてお伝えしようと思います!

「自分らしさ」がそもそも分からない

そもそも「自分らしい生き方」ってどんなものでしょうか?思いついたことを、ちょっと言葉にしてみてください^^

例えば、人の顔色を見ずに言いたいことが言えるようになることが自分らしいき方でしょうか?

それとも、SNSでどんどん自分発信が出来るようになることが自分らしい生き方でしょうか?

うーん。。意外と、言葉にしてみようとしても難しいですよね!

実は、自分らしさって何なのか?がそもそもよくわからない人が多いんです。

私もそうでした。「自分」って何だろう?本当の自分ってどんなだろう?これって言葉にするのすごく難しいですよね!

毎日毎日忙しくて自分を見失ったり、自分を労わる時間も余裕もなかったりなど、そういった生活習慣もあるかもしれませんが、そもそも日本人は昔から「察する」「我慢する」文化なので、言いたいことを言ってこなかったからというのも1つの理由です。

だから、「石の上にも三年」とか、「辛抱する木に金が生る」などのことわざ・名言が多く残っています。

小学校や中学校などの学校教育でも、良いところを伸ばすというよりは、足らないところを埋める教育をします。

私は算数が得意でしたが、社会は大の苦手でした。あと、運動や美術もセンスがありませんでした。

そういう、「足らないところ」にばかり目が行くんです。5段階評価の通信簿で「5 5 3 5」みたいな結果になっていれば、この「3」のところをどうしたら「4」「5」にしていけるんだ?みたいな感じです。

同じ「5」でも、更に磨けば誰にも負けないくらいに光る才能もあるかもしれないのに、最初に目につくのが「3」なんです。「ああ、自分はこれが出来ないんだな」って。

で、自分の強みが何か、自分ってどういう人間なのか、全然わからなくて、就職活動のときのエントリーシートを書くときになって初めて「自分のアピールポイントなんて無いし…」「そもそもやりたいことなんて、分からないし」みたいな壁にぶちあたりました。

会社に入ってもそうですよね。その人の光る才能を特定の部署や部門で磨き続けるというよりは、異動を繰り返してスペシャリストよりもゼネラリストを生み出す組織になっているところも多いです。

もっと個性を光らせる教育を受けることができたら、自分を減点方式で考えるのではなく加点方式で見てあげることができるようになると思います。

「私は、あれもこれも出来ない。」じゃなくて、「私は、あれもこれも出来る!」といった感じです^^

私は、ライフミッションコーチ®協会の代表理事である叶理恵さんから、「角熟」という考え方を教わりました。

元々は、ライフネット生命の出口会長の著書である「任せ方の教科書」にあるリーダーシップ論で、「弱い組織は金太郎飴のように一人一人が丸くなって面積も小さくなってしまうが、強い組織は一人一人がとがっていて、面積も大きい」ということです。

角熟

私はこの考え方がとても勉強になりました。「みんな金太郎あめ」な組織は弱い組織。本当にそうだなって。だからやっぱり「一人一人の個性が尖っていた方が強い」んだと思います。

自分らしい生き方を叶える3ステップ

自分らしさを見失ってしまう理由を何となくご理解頂けたでしょうか?その原因は、その人自身にあるわけではなくて、今まで育ってきた「環境」によってそうなってしまった可能性が高い、ということです。

自分なりの意見や人となりを表現しても、それを受け止めてもらえないと、段々表現しづらくなっちゃいますよね。

ニュースを見ていても、ちょっと失敗しちゃったことを連日取り上げて批判している様子を見たりすると、「目立った発言をするもんじゃないな」と体に擦り込まれている気がします。

これは、昔から言いたいことは全て表現せずに、謙虚に「察する」文化だった日本人ならではかもしれません。

では、どうしたら自分を取り戻して、自分らしさを発揮できるか。ステップで見ていきましょう^^

ステップ1:自分の本音を言語化する

「自分らしさ」がどんなものかを具体的にイメージできなければ、それを形にするのって難しいですよね。イメージするのに一番良い方法は、「言語化」です。

私はこれが好きで、これが嫌い。これが得意でこれが苦手。こうなると幸せで、こうなったら不幸せだなあって思う。こんな強みを持っている。こんな経験をしたときは楽しかったけど、こんなときは辛かった。こう言われたらとっても嬉しいし、こう言われたら一番悲しい。。

自分の本音を言葉にしていってみると、「ああ!そうそう、私ってこんな人だよね」って気づけます。

どんな理想の未来も、自分の本音に気付くところからがスタート。

私も、自分の本音が分からなくなってきたら、ライフミッションコーチ®協会のメンタリングカードを使って、セルフ内面ホリホリ®をしています。

たった5枚のカードに本音で答えていくだけです。これで、「あ!自分はそう思ってたんだ」と分かるので、変な方向へ行かずに軌道修正ができます。

ステップ2:否定もアドバイスもされない相手に受け止めてもらう

自分ひとりで自分らしさを発掘できた簡単ですが、なかなかそうはいかないもの。。。

そこで、次のステップとしては、ステップ1で気づいた自分の本音を実際に口に出してみて、それを誰かに受け止めてもらうことが必要になります。

否定もアドバイスもされない「安心・安全・ポジティブな場」でその本音を受け止めてもらえると、更に深いところまで気づきが進み、自分の内面を掘っていくことができます。

内面ホリホリ®は自分1人で進めていくのにはちょっと限界があるのです。

「本当はこういうことがしたい!」「こんな夢がある」「こんな時に嬉しい気持ちになる」「こうなると悲しい」

自分の本音を受け止めてもらうと、とても気持ち良いですし、嫌な記憶も成仏されていって前を向けるようになっていきます。

そんな環境が、この「ライフミッションコーチ®協会」にはあります。

本当に温かくて、素敵な場ですよ。

ステップ3:自己肯定感を上げながら1歩ずつ前へ進む

ステップ2までで自分の本音に気付いたら、それを少しずつ行動に移していきます。その時に必要になるのが、「自分を信じる力」です。

自分らしい生き方をするには、少し勇気がいるかもしれません。

例えば、行きたくない誘いを断ったり、SNSやブログでキラキラを装うことを辞めたり、「自分にはできるかな?」とドキドキするようなちょっと怖いチャレンジをしていく必要があったりします。

それらすべてを一気に頑張ろうとして無理をしちゃうと、また「私なんて…」と自己肯定感が下がってしまって、結局行動がストップしてしまいます。

だから、「1歩先、半歩先」を目指して1つずつ無理しすぎないように進んでいくことが大切だと思います。

ライフミッションコーチ®協会の代表である叶理恵さんからも、「自己肯定感を上げる方法は2つある」と教えて頂きました。

1つは、「自分との約束を守ること」

もう1つは、「ネガティブな気持ちも言葉にして、誰かに受け止めてもらうこと」

私もそれぞれ実践をしてきましたが、本当にその通りだなって思います。

目標は高ければ高いほど良い、なんてこともありません。だって、達成が難しい目標は、ほとんどの場合それが計画倒れしてしまい、自分を責めるきっかけになり、また自己肯定感をさげてしまうからです。

なので、ちょっと手を伸ばせる目標を達成しながら、自分を信じる力を養ってあげます。

例えば私だったら、毎日の目標は「早起きする」とか「メルマガ1通書く」とかそういうものです。多くても3つくらいまで目標を書き、それが達成出来たらまた新たな目標を付け足します。いきなり10個とか書きません^^

書くと、「ああ、また私ってば半分しかできなかったわ」と自己肯定感を下げてしまうからです。

どんなに高い目標も、そこにいくには日頃のちょっとした目標達成の積み重ねなので、まず考えるのは「1歩先」「半歩先」で良いのではないでしょうか?

何より、その方が楽しいです^^

自分らしい生き方

また、人間は常にずっとプラス思考でプラスな発言しかしないというのもちょっと無理がありますよね。

だから、「感情の吐き出し」も大切です。ネガティブ発言ってダメな気がしちゃうかもしれないですが、ネガティブな気持ちは誰にでも必ず訪れるものなので、無理に抑え込むと心が折れてしまいます。

ライフミッションコーチ®協会の仲間は、そんなネガティブな想いも、批判もアドバイスもせずに受け止めてくれるので、癒されます。癒されて、心が平安な状態になると、また自分の本音に気付いて、前に進んでいくことができます。

自分らしい生き方を叶える方法のまとめ

いかがでしたでしょうか?まずは「自分らしさって何なのか。を自分自身が気づくことが大事なんだ!」と気付いて頂けたらとても嬉しいです。

人はみんな違って良いじゃないですか^^

というより違うのが当たり前で、それぞれ絶対に強みや神様からもらったギフトを持っていて、苦手なことよりも得意なことを伸ばした方が楽しいですよね。強みがどんどん活かされていったら、楽しくて仕方がないはずです。

「自分を知りたい!」「自分の本音をもっと表現したい!」「内面ホリホリ®してみたい!」という方は、ライフミッションコーチ®協会へお越しください^^

私、たしろ さと美も体験セッションをご用意していますので、是非ご活用ください^^

あなたとお話しできる日をとても楽しみにしています!

 

セッション・講座のご案内

・無料体験セッションはこちら

・4時間の1Day講座はこちら

 

たしろ さと美のメルマガ登録はこちらから
↓↓↓

WRITER
たしろ さと美 先生  
Satomi Tashiro

1984年生まれ。魚座B型。埼玉県出身、葛飾区在住。
アフィリエイターとしてWEBサイトを運営したり、コンサル業やカウンセリングなど複数の肩書で活動中。

動物占いでは、頼られると嬉しい「羊」。
働くことが大好きで、新卒入社した通信会社の営業職で男性に負けじと働いていたが、段々と女性としての幸せの形に悩むようになる。
家庭と仕事の両立方法に悩み、出産後、10年勤めた会社を退職し独立。
1つの会社に縛られるのではなく、自分の興味や強み、ニーズに合わせて働き方を変えていくスタイルへ変更。

ライフミッションは「結婚・出産しても自分らしい生き方・働き方が出来る女性を増やすこと」。