HOME  >   体験レポート

REPORT
体験レポート

[リーダーのすすめ②]できそうにないからやってみる

Category : リアル日記・1Day開講までの道のり  Date : 2017年12月27日

こんにちは!

トゥインクルスター名古屋2期
会社員の妻で3人の子持ちママの
おぎたよしこです。

 

ライフミッションサポーターの堀部講師から始まった
『リーダーのすすめシリーズ』

バトンを受け取って、私おぎたが書かせていただきます。

 

私は

・ロイド博士プロジェクトのサブリーダー
・トゥインクルサロンサブリーダー
・サロン内初部活動の初めてのメルマガ発行部のリーダー

を勤めてきました。

 

 

幼い頃から、お人形の一人遊びが大好きで
極度の人見知りと目立つことが嫌いな私。

様々な経験を経て
随分と緩和されましたが
進んでリーダーになるということは
今までの人生の中でありませんでした。

そんな私、実は今回も、
自分から手を挙げたわけでは
なかったのです。

 

 

前回の堀部ちゃんの記事
[リーダーのすすめ①]旗を揚げたリーダーに人は集まる
にも書かれていた通り、


私のリーダーへの道は堀部講師による
今となってはありがたい
巻き込まれ事故でした(笑)

 

 

名古屋2期の同期という事で
声をかけてもらった時、
「そんな大役自分にできる気がしない」
と、ひとまず断ろうと思っていました。

しかし、


「今までの選択と同じ選択をしていては
何も変化は起こせない」

 



“同じことを繰り返しながら
違う結果を望むこと、それを狂気という。”

    -アルベルト・アインシュタイン

 

このことを学んだことが頭をよぎり、
30点合格でやってみよう。
とサブリーダーを引き受ける事にしました。

 

私の考えられる範囲の中で
起こせる変化などたかだかしれている。

養成講座中から感じていた、自己肯定感の高そうな
堀部講師と密にコミュニケーションを取る機会を持つことで
全く違う思考回路を学ぶことができるかも知れないし、


叶代表、その他幹部の方々の考える世界を見せてもらい
自分の視点を高く持って行けるのではないかということが
私がサブリーダーを受けようと思った最大の理由でした。

 

 

そうして引き受けたロイド博士プロジェクト
サブリーダー。

 

私は3人の子どもがいるので、
平日を含めた3日間のセミナー全てに参加できるか
わからないこともあり
もう一人サブリーダーがいると良くないだろうか?と
サブリーダーを公募する事にしました。

 

が、公募したものの、手を挙げる人はおらず、
どうしようか。。。と困っていた時に
お声がかかったのが優月さな講師!

 

この続きは優月さな講師!へバトンを渡します〜!

 


さなさ〜ん!

 

 

 

お問い合わせはこちら

メルマガ登録はこちら

LINE登録はこちら

 

WRITER
おぎた よしこ 先生  
Yoshiko Ogita

1975年生まれ。乙女座B型。3人兄弟の末っ子。
「子どもがいてもイキイキと自分に夢中になることをあきらめない」をモットーに子持ちママのココロのあり方をサポート。
「世の中の当たり前が、あなたの当たり前じゃなくてもいいんじゃない?」とセミナーやセッションで伝え続けています。
忙しいママたちの頭の中を整理して、スッキリ明確にすることも得意です。
特技:共感力と安心感・人や物のエネルギーを読み取ること・会った人のターニングポイントを無意識に作り出してしまうこと。
趣味:考えること・自分に夢中になっている人を見つけること・アロマ。
家族:会社員の夫と3人の子どもたち(小学生と中学生)。